1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理と腰痛の相関性~生理前の辛い腰痛の原因、対策、治療法のまとめ!

生理と腰痛の相関性~生理前の辛い腰痛の原因、対策、治療法のまとめ!

生理と腰痛の相関性~生理前の辛い腰痛の原因、対策、治療法のまとめ!のタイトル画像

生理前になると、ずっしり重い腰痛に悩まされた経験はありませんか?
多くの女性が生理前の腰痛に悩まされています。この項では、原因を知るとともに、腰痛を軽減するためにできることを一緒に考えていきましょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030021477
目次 生理前腰痛の症状
生理前腰痛の原因
生理前の腰痛の治療法①日常生活
生理前の腰痛の治療法②治療を受ける
痛みがひどい場合は病院へ
生理前に体に異変が起きる理由
できるだけ上手に付き合う

生理前腰痛の症状

生理前になると、腰がドーンと重くなり、動くのも辛い腰痛の症状を発症する女性が多くいらっしゃいます。腰痛だけではなく、むくみや吐き気、めまいや倦怠感などの症状を伴う場合もあり、日常生活に支障をきたす場合も珍しくありません。

月経前困難症という器質的な病変のない腰痛やむくみなどを発症するものや、月経前緊張症といい、腰痛や食欲不振、めまいや倦怠感などを症状とするものもあり、女性にとっては毎月繰り返されるので心身ともに負担がかかります。これらの症状は月経前に発症することからホルモンのバランスの急激な変化によるものではないかと考えられていますが現在はまだ、はっきりした原因が分かっていません。

どの女性も生理が来るシステムは同じなのですが、生理前の辛い症状がなく通常通りにすごせる人も、もちろんいらっしゃいます。その反面、何かほかの病気なのでは・・と感じるくらい辛い症状の場合もあり、そのように感じる場合は器質的な病気のための症状である場合も考えられますので、一度産婦人科に行かれることをおすすめします。

少しでも痛みや不快な症状が減るように次の章からは、腰痛の原因、そして対策について詳しくお話していきましょう。

生理前腰痛の原因

先の章でも少し触れましたが、現在は生理前の腰痛の原因は、ホルモンバランスの崩れと考えられています。

もともと、生理前から生理中はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンのバランスが入れ替わり、生理前はプロゲステロンの分泌量が多くなり、体に変調を起こしやすい体内状況になっています。

そこへ、いくつかの条件が加わり、腰痛や吐き気やめまいなどその他の症状へとつながっていると考えられます。では、そのほかの腰痛に関係している可能性のあるホルモンを挙げてみましょう。

リラキシン

生理前に分泌量が増える女性ホルモンの一つで、体中の関節をゆるめる働きがあり、特に体を支えるのに重要な関節の靭帯(じんたい)もゆるめてしまうので、筋肉や関節に普段以上の負担がかかり筋肉がこわばって、腰痛を引き起こしてしまうと考えられています。

プロスタグランジン

このホルモンには、月経時に子宮を収縮し、はがれおちた子宮内膜、経血を押し出す作用があります。しかしこのホルモンが過剰に分泌されてしまうと、子宮の収縮時に感じるような腹痛や腰痛があり、頭痛にもつながってしまいます。

このように、ホルモンの働きに伴い、生理前は腰痛になりやすい状態になっています。また、そのほかの原因として、冷えや、ストレスもホルモンのバランスを乱すことにつながり、腰痛になりやすい状態をつくります。

生理前の腰痛の治療法①日常生活

日常生活を送る中で、少しだけ気を付けることで、腰痛を改善できる場合があります。
まずは自分で取り組める改善法を挙げていきましょう。

身体を冷やさないようにしよう!

身体が冷えると、血液の循環が悪くなります。血液の循環が悪くなると、骨盤内の血行も悪くなることによりプロスタグランジンが骨盤内に滞り、痛みが増してしまいます。体を冷やさないように、最近はおしゃれなものがたくさん増えてきた腹巻を使用したり、カイロでお腹を温めることも有効です。

他にも食べ物を気を付けることによって、体内から温めることも有効です。根菜類は、体の中から温めてくれるので、意識的に摂るようにしましょう。例えば、大根、カブ、玉ねぎ、ねぎ、ごぼうなどがあります。もちろん、皆さんもよく知っている、ニンニクやショウガも体を温めてくれる食材です。飲み物では、ココアやしょうが湯などがおすすめです。

ホルモンに働きかける食材を摂ろう!

先ほどは、体を冷やさない、血行を良くする食材を紹介しましたが、ホルモンに作用する食材を摂取することも、有効な方法です。プロスタグランジンの働きを抑える、カルシウム、DHA、EPAが含まれた食材を摂ると、効果があります。

例えば、カルシウムで考えると、干しエビやシラス、ひじきなどが挙げられ、DHA、EPAが含まれる食材では、さば、かつお、イワシ、マグロ、などがおすすめです。青魚が苦手な人は、リノレン酸を、多く含むえごまやくるみ、チアシードなどもおすすめです。

リラックスタイムを持とう!

身体と心は繋がっているので、リラックスタイムを作り、心のイライラを少しでも和らげる時間を作りましょう。好きな音楽をゆっくり聞く、好きな映画を観る、きれいな景色を観に行く、などなど、どんなことでも良いのです。

心がリラックスすると、ホルモンのバランスも安定します。お風呂にゆっくりつかるのは、リラックス効果に加え、体を温めることにもなり、一石二鳥です。

生理前の腰痛の治療法②治療を受ける

日常生活の中で少し気を付けることによって、症状が改善される場合もありますが、少し症状が緩和されるだけで、辛い痛みが続くときは迷わず受診しましょう。生理前の症状なのでまずは婦人科にかかることをおすすめします。

ホルモンバランスの乱れ以外にも原因は考えられるので、自己判断で市販の鎮痛薬を使い続けるよりも、原因がわかったうえで薬を取り入れる方が安心ですね。診察結果により、ホルモンバランスが原因の場合は、バランスを整えるピルや、腰痛に対する鎮痛剤を処方される場合もあります。

お薬の説明をしっかり聞き、納得してから服用しましょう。他にも鉄欠乏性貧血が原因で、生理前に血液の循環がうまくできず腰痛を引き起こしている場合や、子宮後屈が原因の場合もあり、診断により、処方されるお薬も違ってきますので、自己判断での服用は避け、きちんと受診しましょう。

ほかにも原因としては、子宮内膜症や子宮筋腫が考えられます。診断してもらい、原因がわかることにより気持ちも安定してくるので、辛い状態が続く場合は、病院へ足を向けてみましょう。

痛みがひどい場合は病院へ

痛みが治まらない場合は病院へ行くことをおすすめしましたが、どこの病院へ行けばよいか迷われる場合もあるかと思います。このような場合は、痛いのが腰であっても症状が生理前に出るので、まずは婦人科での受診をおすすめします。

準備としては、前回の生理期間、生理前、生理中の状態、生理日の周期など答えられるようにしておきましょう。基礎体温を付けていらっしゃる人は、基礎体温表を持参すると、診断の際、参考になるのでよいそうです。

診察時、内診も行われますが、生理中であっても、痛みが辛い場合は遠慮せずに受診して、大丈夫です。

辛い痛みの原因を知ることで、病院の先生から受ける治療はもちろん、自分自身で気を付けることも明確になります。診断の結果により、特別な治療が必要な場合もあるので、痛みがひどい場合、また、我慢できる場合でも辛い症状が持続している場合は、一度受診してみることをおすすめします。

生理前に体に異変が起きる理由

それでは最後に、体に異変が起きる仕組みについてまとめてみましょう。

●生理前にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が入れ替わり、急激なホルモンバランスの変化に伴い体内環境も変化します。

●プロゲステロンは排卵後から妊娠に向けて栄養や水分を蓄え、代謝を抑える働きがあり骨盤内の血流を悪くしてしまいます。

●妊娠しなかった場合にはプロスタグランジンというホルモンが働き、生理中の経血を排出しようと子宮をを収縮させます。このホルモンの分泌が過剰になると、腰痛や腹痛、頭痛など痛みを伴う症状を引き起こします。

●ホルモンバランスの変化により、身体が不調を感じるとともに、心のバランスも不安定になりがちです。心が不安定になるとホルモンバランスにも影響するので、お互いに悪い影響を与え合ってしまいます。

このように生理前、体に異変が起きるのは女性の体のしくみに深く関係しているのです。しくみと関係を理解すると対応策も見えてきます。また、自己対応できない症状も自覚することができ、早期治療にもつながります。

できるだけ上手に付き合う

生理は女性にとってなくてはならないもの、そして、とても大切な働きを担っています。辛い症状に悩まされることもありますが大切なパートナーとうまく付き合っていけるよう、対応と対策、治療などを上手に利用していきましょう。

辛い状態を一人で耐える必要はないのです。同じ悩みを持っている人にアドバイスをしてもらってもよいですし、婦人科の先生に相談してもよいのです。このサイトもあなたと生理がうまく付き合っていけるよう、少しでもお役にたてることができたら幸いです。

あなたの辛い症状が少しでもよくなりますように!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

生理 妊活・不妊 病気・怪我・健康

この記事を書いた人

みなみ

子供の背中にキュンっとなります。
寝てる時のひよこ口にププッとなります。
朝日より夕日がすきです。

子育ての引き出し・・ちょっぴり、もっています。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理と腰痛の相関性~生理前の辛い腰痛の原因、対策、治療法のまとめ!