1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【乳腺炎にいい食べ物】授乳中の食事におすすめのレシピ4選!

【乳腺炎にいい食べ物】授乳中の食事におすすめのレシピ4選!

【乳腺炎にいい食べ物】授乳中の食事におすすめのレシピ4選!のタイトル画像

乳腺炎は授乳期のママの4分の1の人がかかる症状です。痛くてつらい乳腺炎は授乳期の食事で防げるということはご存知でしょうか。ここでは乳腺炎を防ぎ、症状を改善する食事をご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015188656
目次 乳腺炎とは?
乳腺炎の原因
授乳中に避けた方が良い食材・栄養素
授乳中におすすめの食材・栄養素
乳腺炎にいいレシピ①
乳腺炎にいいレシピ②
乳腺炎にいいレシピ③
乳腺炎にいいレシピ④
正しい食生活を心掛けよう

乳腺炎とは?

【乳腺炎にいい食べ物】授乳中の食事におすすめのレシピ4選!の画像1

出産経験のある女性は一度は聞いたことがあると乳腺炎という症状。実は出産経験のある女性の4分の1がかかったことがあるという産婦には身近な症状です。乳腺炎には「急性うっ滞性乳腺炎」と「急性化膿性乳腺炎」の二種類があります。

急性うっ滞性乳腺炎

・乳房全体が赤く腫れて硬くなる
・痛みを伴うしこりができる
・微熱が出る

急性化膿性乳腺炎

・高熱が出る
・乳房に激しい痛みと腫れが出る
・全身に震えと寒気が出る
・炎症が治まった後、外に膿がでることがある

進行が早いのが特徴で、痛みを感じるようになり数時間で急性化膿性乳腺炎に進行することがあります。

乳腺炎の原因

乳腺炎の原因は、高カロリー・高脂肪な食事、ストレス・疲労、赤ちゃんが母乳を飲み切れていない、母乳の分泌過剰で、乳腺がつまることにあります。

急性うっ滞性乳腺炎は、出産後間もない時期に起こることが多いです。乳管がまだしっかりと開いておらず、母乳が渋滞を起こして、しこりができて硬くなります。また、高カロリー・高脂肪な食事によって母乳がドロドロしたり、乳腺が詰まってしこりができます。

急性化膿性乳腺炎は、急性うっ滞性乳腺炎の状態から、乳首や赤ちゃんの口の中の細菌が入り、炎症が起こります。人肌の温度で栄養満点の母乳は、細菌の温床になります。そのため、あっという間に乳房全体に広がります。

急性化膿性乳腺炎は高熱と激しい痛みを伴うので、できれば急性うっ滞性乳腺炎の早い段階で対処していきたいですね。ここでは、乳腺炎を予防するために気を付けたい食生活についてまとめたいと思います。

授乳中に避けた方が良い食材・栄養素

乳腺炎を予防するために授乳期に避けた方がいい食材は、「もち米」「油脂」「乳製品」「カフェイン」「アルコール」になります。これらの、具体例と、その原因を記載します。

もち米

もち米で作られたものは餅、おこわ、赤飯、もち米で作られた和菓子等になります。もち米は、乳腺を詰まらせる原因になります。

油脂類

油脂の多い食べものは、菓子パン、ハンバーガー、ラーメン、カレーライス等のファストフード類、脂身の多い肉やウナギ、マヨネーズやてんぷら、フライ類に当たります。油脂の多い食べ物は血液をドロドロにします。血液=母乳なので、ドロドロの詰まりやすい母乳になります。

乳製品

乳製品の例は、チーズ、バター、生クリーム、マーガリン、洋菓子になります。牛乳やヨーグルトは脂肪分の少ないものを気を付けて摂取してください。これらは、脂肪分が多いため乳腺炎の原因になります。

カフェイン

カフェインの例は、コーヒー、コーラ、紅茶、緑茶、ココア等になります。カフェインは、摂取しすぎなければ問題ありませんが、母乳を通してカフェインを摂取した赤ちゃんの消化器に負担をかけます。最近ではノンカフェインのコーヒーや紅茶も数多く販売されています。

アルコール飲料

アルコール飲料は、母乳を通してアルコールを赤ちゃんが摂取してしまうため、絶対に避けてください。赤ちゃんの命に関わります。以前、飲酒したママが赤ちゃんに授乳して、赤ちゃんがアルコール中毒で死亡するという事件がありました。少量の場合、完全に酔いがさめてからの授乳は大丈夫と言われていますが、万が一を考えると避けた方がいいでしょう。

授乳中におすすめの食材・栄養素

授乳中にぜひとりたい食材は「白米」「野菜」「低脂肪の肉・魚・豆類」「ノンカフェインの飲み物」になります。「水分を取ること」と「体を温めること」を基本にしてヘルシーな和食を心がけてください。これらの具体例と、その理由を記載します。

白米

授乳中は白米をお勧めします。体を温める点と栄養素が多いという点では玄米もよいのですが、未精製のため、赤ちゃんの消化器に負担をかけます。ママがしっかり咀嚼して食べるのでしたら問題ありません。また、パンは小麦アレルギーの危険性もあるため、米粉パンをお勧めします。

低脂肪の肉・魚・豆類

低脂肪の肉・魚の例は、ささ身、鶏胸肉、豚の赤身などの脂身の少ない部位の肉、白身魚、小魚、納豆、豆腐、味噌等です。これらは産後に必要な「タンパク質」を含み、乳腺炎の原因になる「脂肪」が少ない、「高たんぱく低脂肪」の食材となります。

野菜

野菜の例は海藻類、根菜類になります。海藻類は「カルシウム」「鉄分」等のミネラルが豊富です。鉄分は、産後のママは積極的に摂りたい栄養素です。

根菜類は、食物繊維が豊富で、体を温める効果があります。根菜類が入った具だくさん味噌汁や、けんちんうどん等もおすすめします。

ノンカフェインの飲み物

ノンカフェインの飲み物は麦茶、タンポポコーヒー、ルイボスティー、ハーブティー等になります。最近では、ノンカフェインのドリップコーヒーもあり、本格コーヒー派のママもストレスなく過ごせると思います。ハーブティーは、母乳がよく出る効果のあるものもあり、専門店で相談しながら試してみてください。

体を温めるという点からも、冷たい飲み物よりもあたたかいものをおすすめします。

乳腺炎にいいレシピ①

具だくさん味噌汁

根菜のたっぷり入った味噌汁です。毎日の食卓の汁物を具だくさんにすると、意外と野菜をしっかり取ることができます。

■材料(4~6人分)
大根      2cm
にんじん    1/3本
しめじ     1/2パック
なめこ     100g
豆腐      100g
※カツオだし汁 4カップ
味噌      80g程度

①大根をいちょう切り、にんじんを半月切りに切ります。しめじをほぐします。なめこは洗っておきます。豆腐は賽の目切りに切ります。
②鍋に出汁と①の材料を入れ、15分ほど煮込みます。この時、根菜は水から、しめじ、なめこ、豆腐は沸騰してから入れるといいです。
③灰汁を摂り、味噌を溶かしいれます。
④沸騰しないように15分ほど煮込んで出来上がりです。
※野菜は他のものでも大丈夫です。

お野菜たっぷり汁:楽天レシピ

乳腺炎にいいレシピ②

鶏肉のいんげん巻き

ご飯のメインにもお弁当のおかずにもできます。
ノンオイルで作るので、とってもヘルシーです。

■材料(4人分)
鶏ささみ肉   2枚
人参      3~4cm
いんげん    6本
めんつゆ、水  各40ml

①ささ身を筋取りをして、たたいてよく伸ばします。
②ニンジンをささ身の幅に合わせて拍子切りして、いんげんもささ身の幅に合わせた長さに切ります。これらを下ゆでします。
③①のささ身に②のニンジンといんげんを並べて巻いて、楊枝で止めます。
④フライパンにめんつゆと水を入れ、③を継ぎ目を下にして並べます。中火にかけます。
⑤煮汁が3分の1の量になったら、火を止めてそのまま冷まします。
⑥1cm幅で輪切りにして、お皿に盛ります。

鶏肉のいんげん巻き:楽天レシピ

乳腺炎にいいレシピ③

白身魚の甘酢あんかけ

■材料(2人分)
真鱈(タラ)   2枚
タマネギ     1/2個
しめじ      1/2個
ピーマン     1個
★甘酢あんかけ★
水        1カップ
醤油       小さじ1/2
酢        小さじ1
みりん      小さじ1
砂糖       小さじ1
鶏がらスープ顆粒 小さじ1
■とろみ用■
片栗粉      大さじ1
水        大さじ1

①タマネギ・ピーマンを千切りにします。しめじも分けておきます。甘酢あんかけの調味料を混ぜ合わせておきます。
②油で熱したフライパンで、タマネギ・ピーマン・しめじをすべて炒めます。
③タマネギがしんなりしてきたら、甘酢あんかけを入れて煮立たせます。
④鱈には、両面に軽く塩・コショウをして、小麦粉をまんべんなくまぶします。
⑤④の鱈を、油で熱したフライパンで両面焼きます。
⑥③に水溶き片栗粉を投入しとろみをつけます。皿に盛りつけた鱈に美味しくかけて完成です。

白身魚と野菜を摂るレシピです。野菜は、ブロッコリーの茎、ニンジン等なんでもいいです。

白身魚のとろとろ甘酢あん:楽天レシピ

乳腺炎にいいレシピ④

牛蒡子

牛蒡の種の「牛蒡子」は乳腺炎に効果のある漢方薬です。薬局で販売しています。

■材料
牛蒡子のたね  10g
水       600cc

①牛蒡子のたねをお茶のパックに入れて、600ccの水に入れて弱火で30~40分煮出します。
②600ccの水が半分くらいの量になったら完成です。お茶のパックは苦くなるのですぐ取り出します。
③食前に100ccずつ飲みます。作ったお茶はその日のうちに飲みきります。

牛蒡子の煮出し方:楽天レシピ

正しい食生活を心掛けよう

乳腺炎のなりやすさは人それぞれで、食生活に気を遣わなくても乳腺炎になりにくい人もいれば、ちょっと油っぽいものを食べただけでも詰まりやすい人もいます。

乳腺炎になりやすい人にはとてもつらい時期ですが、今回ご紹介した食生活による予防は、産後ダイエットにもなります。ぜひ、一石二鳥と思ってヘルシーな和食生活で乳腺炎を予防しましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 授乳・ミルク 乳腺炎

この記事を書いた人

かよ

初めまして!
年長さん・年中さんの年子姉妹の母をしています。
姉はしっかり者のおしゃまさん、妹はマイペースな癒し系とタイプの正反対な姉妹に振り回されながら、...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【乳腺炎にいい食べ物】授乳中の食事におすすめのレシピ4選!