1. >
  2. >
  3. 妊娠の発表をした釈由美子さんが「でき婚ですよね?」と言われて感じた違和感とは

妊娠の発表をした釈由美子さんが「でき婚ですよね?」と言われて感じた違和感とは

妊娠の発表をした釈由美子さんが「でき婚ですよね?」と言われて感じた違和感とはのタイトル画像

1月に妊娠を発表した釈由美子さん。そんな釈さんが取材でリポーターから「いま妊娠何ヶ月ですか?」という質問を受けたそう。これに釈さんが「5ヶ月です。」と返したところ「微妙な空気と失笑が起こった」と言います。その理由はどこにあるのでしょうか。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044012347

妊娠発表後の取材。リポーターからの一言に…

昨年10月に一般男性の方と入籍し、今年1月に妊娠を発表した釈由美子さん。

妊娠発表後、初めて取材陣の前に現れた釈さんにはリポーターから様々な質問がなげかけられました。そんな中、あるひとりのリポーターからこんな質問があったそうです。

「釈さん、いま妊娠何ヶ月ですか?」

というご質問に

「5ヶ月です。」と返したところ、、


微妙な空気と失笑が起こりました

妊娠週数を告げたその瞬間、会場に生じた笑い。

その空気に違和感を感じた釈さんでしたが、リポーターからはその後も質問が続きます。

そして、また同じリポーターさんからニヤニヤして

「あれ?いつ入籍されましたっけ?」と聞かれ

釈「10月です。」と答えたところ…

「じゃあ、逆算して結婚した時には、もう妊娠はわかってたということですね?」

と、確信犯的に突っ込まれました

リポーターの質問は、言外に「でき婚である」ということを確認しようとするものであり、会場の笑いはそれを揶揄したものだったのでした。

釈さんの反応は…

こうしたリポーターの質問に対して釈さんは「笑ってごまかすのが精一杯でした」とその心情を書いています。

そもそも、釈さんの妊娠が分かったのは1月のこと。妊娠週数から考えれば入籍後に妊娠したと考えるのが自然であり、入籍前に子どもを授かったとするリポーターの解釈には間違いがあります。

こうした間違いは、リポーターが妊娠週数の数え方(最終月経の開始日から0週目と数える)や、妊娠が分かったときにはすでに5~6週目に入っているという事実を知らなかったために起こったものだと言えます。

しかし、大切なのは「釈さんの妊娠が入籍前か後か」という事実ではありません。釈さんがこの記事を通して訴えかけたかったのは「でき婚を揶揄する雰囲気への疑問」なのだと思います。

釈さんは、卵胞が発育するのに時間がかかりなかなか排卵しない「多嚢胞性卵巣症候群」という疾患を持っており、妊娠に不安を抱えていました。そんななかでも食事などの生活習慣に気をつけ、婦人科で薬の処方を受けるなどの妊活に取り組んでいたと言います。こうした努力が実っての妊娠。

「妊娠は難しいかも」と考えていたからこそ、おなかに赤ちゃんがいるということが分かったときの喜びはひとしおで、驚きとともに嬉しさがあふれたといいます。

そんな釈さんと旦那さんの幸せな出来事を、どこか後ろめたいことのように感じさせてしまう「でき婚を揶揄する雰囲気」は、本当に悲しいものだと感じました。

同じように傷ついた経験を持つ方々から共感の声

このエピソードをつづった釈さんのブログには同じような経験をした方からも多くのコメントが集まっています。

関連する記事

この記事に関するキーワード

個性と自己肯定感

この記事を書いた人

じゅんこ

子育てのさまざまな情報を紹介することで、みなさんの毎日がハッピーなものになるように、頑張りたいと思います!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. 妊娠の発表をした釈由美子さんが「でき婚ですよね?」と言われて感じた違和感とは