1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 葉酸サプリは妊婦の味方!葉酸を安全に摂取できるサプリ5選と選び方まとめ

葉酸サプリは妊婦の味方!葉酸を安全に摂取できるサプリ5選と選び方まとめ

葉酸サプリは妊婦の味方!葉酸を安全に摂取できるサプリ5選と選び方まとめのタイトル画像

赤ちゃんがほしいと望む女性にとって、葉酸は妊娠前から積極的に取り入れていきたい栄養素です。葉酸は食品にも含まれていますが、熱に弱く水にも溶けやすいため、食事だけで摂取するは大変です。そこで、葉酸サプリを活用することがおすすめです。サプリを選ぶ際の注意点も合わせてご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28057000894
目次 葉酸とは?効果と摂取方法と量
妊婦さんに嬉しい、葉酸の効果
葉酸の摂取はいつからいつまで?
葉酸を多く含む食材
妊婦さんに葉酸サプリが必要な理由
葉酸サプリの選び方
毎日安心して葉酸を摂取できる、おすすめのサプリ5選
まとめ

葉酸とは?効果と摂取方法と量

妊娠を望んでいる方は「葉酸」という名前を一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。葉酸とはどのような栄養素なのでしょうか。

■葉酸とは
葉酸は、ビタミンB群の仲間で、細胞やたんぱく質を作るのに欠かせない栄養素です。

■葉酸の効果
・ビタミンB12 との組み合わせで悪性貧血や心臓病、肺がんを予防をする
・DNAの成分である「核酸」をつくり、細胞の再生を助ける
・ビタミンB6、12と協力して動脈硬化の予防をする
・ホルモンバランスを整え月経前症候群を緩和する

■摂取方法と量
葉酸の摂取量は妊娠期以外では240μg、妊娠中は480μgが目安といわれており、体内に蓄積することができないため、毎日摂取することが必要です。
・食事から摂取
毎日の食事で使う食材にも、葉酸が含まれています。食事からとれる葉酸は「ポリグルタミン酸型」と呼ばれ、さまざまな酵素やタンパク質と結合した複雑な栄養素であるため、吸収効率がよくありません。
・サプリから摂取
葉酸が含まれたサプリも販売されています。サプリから摂取できる葉酸は「モノグルタミン酸型」と呼ばれ、吸収率が高く効率よく摂取することができます。

妊婦さんに嬉しい、葉酸の効果

妊娠中は通常の2倍(480μg)ほどの葉酸を摂取することが勧められており、特に妊娠初期に摂取することが重要といわれています。では、葉酸は胎児やママにとって、どのような効果があるのでしょうか。

■胎児への嬉しい効果
・細胞分裂の促進や赤血球の形成により、胎児の成長をサポートする
・核酸をつくり神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減する
・二分脊椎になるのを防ぎ、流産・死産のリスクを軽減する

■ママへの嬉しい効果
・赤血球を生成し、悪性貧血を防ぐ
・免疫機能や消化管機能を正常に保つ
・腸内環境を正常に整え、便秘解消
・抜け毛を予防する
・妊娠高血圧症候群を予防する
・母乳の質や母乳の出をよくする

葉酸の摂取はいつからいつまで?

胎児・ママにとって大切な栄養素である葉酸ですが、実は妊娠前から摂取することが推奨されています。具体的には以下の時期に摂取するとよいといわれています。

■葉酸の摂取が最も必要なのは妊娠初期から妊娠3ヶ月(8~11週)
妊娠してから3ヶ月間は、胎児の脳や脊髄が成長する時期です。この期間に葉酸サプリを積極的に摂取することで脳や脊髄の奇形のリスクを軽減することができます。しかし、妊娠にしばらく気付かない時もあるので、妊娠直後から胎児に葉酸を送れるようにするために妊娠を望んだ時期から積極的に葉酸を摂取する習慣をつけておくことが大切です。しかし、この時期に葉酸を摂取していないと必ず子どもが障害を持ってしまうわけではないので、あまり神経質にならず、気付いた時から意識して葉酸を取るようにしましょう。

妊娠前から授乳期が過ぎるまでは積極的に葉酸を取り入れましょう
妊娠4~12週目は胎児の細胞が発達する時期で、この期間にしっかり葉酸を摂取することで、二分脊髄脊髄になるリスクを軽減することができます。また、出産後も葉酸を摂取することで、良質な母乳になり出が良くなったり、子宮の回復が早まったりとうれしい効果が期待できます。授乳期が過ぎるころまでは、食事のほかにサプリなどを活用して毎日葉酸を取るようにしましょう。

葉酸を多く含む食材

葉酸を多く含む食材を知り、普段の食事から上手に摂取しましょう。ただし、葉酸は熱に弱く水に溶けやすいため、調理法には注意が必要です。また、食材から摂取した葉酸の吸収率は50%以下であるため、気をつけましょう。

■葉酸を多く含む食材(100gに含まれる葉酸の量)
・鶏レバー(1300μg)
・うなぎの肝(380μg)
・ウニ(360μg)
・枝豆(260μg)
・モロヘイヤ(250μg)
・パセリ(220μg)
・ホウレンソウ(110μg)
・納豆(110μg)
・ライチ(100μg)

妊婦さんに葉酸サプリが必要な理由

「葉酸が妊婦中に大切な栄養素であるということはわかったけど、食べ物から摂取すればいいのでは?」「妊娠中にサプリを飲むのは胎児に悪影響を及ばすのでは?」と思われる方も多いと思われます。そこで、妊婦が食事のほかにサプリで葉酸を摂取すべき理由をご紹介します。

■食べ物から摂取した葉酸では、神経管閉鎖障害のリスクを軽減できない
先ほどご紹介したように葉酸には2種類ありますが、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを軽減するのは、サプリから摂取できる「モノグルタミン酸型」の葉酸であると確認されています。そのため、食べ物のほかにサプリから葉酸を摂取することが推奨されているのです。

■サプリは食事よりも効率よく葉酸を吸収できる
葉酸は体内の蓄積性が低いので、毎日摂取することが必要な栄養素ですが、水溶性で熱にも弱く、食べ物からの摂取では摂取量の50%以下しか吸収できません。妊娠中は、つわりなどで食欲が落ちることも考えられるため、食べ物だけで必要量を摂取するのは非常に大変です。一方、サプリから摂取された葉酸は85%ほど吸収することができるため、とても効率的です。

このように、厚生労働省が推奨する「食事で240μg+サプリで400μg」という葉酸の摂取量を満たすためには、食事だけではなくサプリも活用することが大切です。信頼できるブランドのものを選べば、葉酸をサプリで摂取することによる胎児への悪影響はありませんので、安心してください。

葉酸サプリの選び方

妊婦さん向けの葉酸サプリには様々な種類のものがありますが、選ぶ際には以下のポイントに気をつけるとよいでしょう。

■葉酸の含有量は適切か
厚生労働省は、「妊娠中の葉酸摂取量の目安は480μg、そのうち400μgは食事以外のサプリなどで摂取すること」「摂取上限量の1000μg」の2点を推奨しています。この範囲内で摂取できるものを選びましょう。

■添加物や保存料が使われていないか
母親が摂取したものは、血液などを通して赤ちゃんの身体にも入っていきます。まだ未熟な胎児が添加物や保存料の影響を受ける可能性を考え、無添加のものを選ぶようにしましょう。

■葉酸以外の栄養素が入っているか
もちろん葉酸だけでも良いのですが、カルシウムや鉄など他の栄養素も一緒に摂取することができるものもおすすめです。

■「天然葉酸」か「合成葉酸」か
葉酸のサプリに使われる「モノグルタミン酸型」には、①食品から抽出したポリグルタミン酸型を特殊加工によってモノグルタミン酸型に変化させた「天然葉酸」、②化学薬品などから作られた「合成葉酸」、の2種類があります。どちらのタイプか確認してから選ぶようにしましょう。

その他にも、海外からの輸入品か国産品か、放射能チェックがされているかどうかなどの点も考慮に入れて選ぶようにしましょう。

毎日安心して葉酸を摂取できる、おすすめのサプリ5選

ピジョン 葉酸プラス

ベビーメーカーであるピジョンが開発した葉酸サプリです。一日一粒で必要な葉酸の量を摂取でき、さらに鉄分やビタミンなど妊娠中に摂取したい栄養素も含んでいます。小粒の錠剤なので、つわりのときも飲みやすいく、香料・保存料不使用で天然由来成分を使用しているため、毎日安心して飲み続けられます。

値段:1,091円
内容:60粒

小林製薬 栄養補助食品 葉酸 鉄 カルシウム

製薬会社が厳しい製造管理基準を設けて開発したサプリです。含有されている成分に関して、主成分だけでなく全ての成分を厳しく管理しているため、妊娠中でも安心して服用することができます。妊娠中から授乳中まで積極的に摂取したい、鉄やカルシウムもしっかり含まれています。

値段:898円
内容:90粒

ビーンスタークマム 毎日葉酸+鉄これ1粒

つわりで食べることが辛いという方でも、気軽に摂取しやすいように設計されているサプリです。噛んでも舐めても良いタイプで、スッキリとしたレモン味なので食べやすいのも嬉しいポイントです。おやつ感覚で食べることができて良いというクチコミも多いです。1日1粒で、葉酸や鉄分、六種類のビタミンといった妊娠中に摂取したい成分を取り入れることが可能です。

値段:1,059円
内容量:60粒

AFC 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

商品名の通り、女性の声を反映させて作られたサプリで、雑誌などでも多く取り上げられています。医薬品会社と同じような厳しい管理基準で製造されており、安心して摂取することができます。

開けやすいボトルの形状や、飲みやすい形状、味や匂いを抑えた構造など、細かな部分にまでこだわられているのが嬉しいポイントです。

値段:1,944円
内容:120粒

井藤漢方製薬 葉酸400 Ca・Feプラス

妊娠中に摂取したい葉酸とカルシウム、ビタミン7種類がバランス良く配合されています。妊娠初期で1日4粒が摂取目安であるとされていますが、その後妊娠中期や後期、授乳中など状態に合わせて摂取量を調整することができるのが嬉しいポイントです。

香料、着色料、保存料は不使用となっており、お腹の中の大切な赤ちゃんのために、安心して飲み続けることができるサプリです。

値段:541円
内容量:120粒

まとめ

葉酸は、妊娠中から授乳中にかけて特に摂取していきたい栄養素です。普段の食事の中ではなかなか目安量の摂取ができないことも多いので、サプリを上手に活用してみてください。

前述したサプリ選びの基準に加えて、自分のライフスタイルや好みに合わせた、続けやすいものを見つけ、自分に合った葉酸サプリを上手に活用していきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠中のサプリ・薬 妊娠中の生活 妊娠

この記事を書いた人

サラダパン

1歳児の女の子の母です。
毎日賑やかな家庭でせかせか主婦をやっています。
その傍らたまに記事も書かせてもらっています♪
みなさんのお役に立てるようなことを...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 葉酸サプリは妊婦の味方!葉酸を安全に摂取できるサプリ5選と選び方まとめ