1. >
  2. >
  3. >
  4. 旦那が妊娠中におなかの赤ちゃんに興味を示さないワケ4つ

旦那が妊娠中におなかの赤ちゃんに興味を示さないワケ4つ

旦那が妊娠中におなかの赤ちゃんに興味を示さないワケ4つのタイトル画像

幸せを分かち合いたい妊娠中なのに、赤ちゃんについて旦那さんとの温度差に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。でもそれは、旦那さんが急に冷めてしまったというわけではないかもしれません。

妊娠中は父親になる実感が持ちにくい

女性は妊娠した瞬間に母親になり、日が経つにつれてさまざまな変化が現れます。つわり、おなかの膨らみ、胎動。これらを通して徐々に母性が芽生え、母親であることを実感していきます。しかし、男性はどうでしょうか。男性の体に変化はありません。男性は赤ちゃんを初めて見た瞬間やその手に抱いた瞬間に、ようやく父親になったと感じます。つまり赤ちゃんができたと頭では理解していても、なかなか実感が持ちにくいものなのです。

赤ちゃんの話ばかりをしていると逆効果

赤ちゃんの成長をいっしょに喜びたい、もっと関心を持ってほしい、という思いは、母になる多くの女性に共通する願いです。しかし、赤ちゃんの存在を感じられない男性は、いきなり「パパ」になることを求められても、困惑してしまうだけかもしれません。目の前にいない赤ちゃんの話をたくさん聞かされても、ストレスに感じてしまう可能性もあります。ですから焦らずに、赤ちゃんが生まれるまでに少しずつ実感を持ってもらえばいいのです。

胎動を通して父性を目覚めさせる

男性の多くは、初めて赤ちゃんの姿を見た時や抱いた時など、五感を通して赤ちゃんと触れた時に父親としての自覚を持ちます。そのため、赤ちゃんの姿が見えない妊娠中でも、胎動に触れることで父親の実感を得ることができるかもしれません。実際、「おなかに触れて胎動を感じた時、感動した」という男性も少なくないようです。「パパの声がすると動く」「パパが触ると喜ぶ」など、パパを意識させてみると効果的かもしれません。

赤ちゃんに嫉妬する男性も少なくありません

女性は妊娠することで世界が大きく変わります。それは男性にも大きな影響を与えます。女性は妊娠すると、体調管理や出産準備など、どうしても赤ちゃん中心の生活になり、今まで二人で過ごしてきた時間も、女性が中心になってしまいがちです。さらには、あなたに対する気遣いが増え、夜の夫婦生活も減ってしまうことで、旦那さんはフラストレーションを感じているかもしれません。旦那さんの複雑な心境を理解してあげることも大切です。

二人で過ごす時間を大切にすること忘れずに

大切なのは夫婦のコミュニケーションです。旦那さんを思いやり、二人で過ごす時間を増やすことは、これからの夫婦関係や家族のあり方を考えるよいきっかけになります。実際に赤ちゃんが生まれると、二人でゆっくり過ごしたいと思ってもなかなか難しくなってしまうことがあります。二人でゆっくりと映画を見たり、おしゃれなレストランで食事をしたりするなど、今しかできない二人の時間を大切に過ごしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 旦那が妊娠中におなかの赤ちゃんに興味を示さないワケ4つ