1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理前の腹痛の対処法。妊娠初期との違いは?現れる時期は?

生理前の腹痛の対処法。妊娠初期との違いは?現れる時期は?

生理前の腹痛の対処法。妊娠初期との違いは?現れる時期は?のタイトル画像

生理が近くなると、腹痛を感じる女性は多いようです。一方で、妊娠している場合にも同じような腹痛を訴える人もいます。生理前の腹痛と妊娠初期の腹痛は何が違うのでしょうか。現れやすい時期や対処法についてまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=30701000318
目次 生理前の腹痛とは
生理前の腹痛が現れる原因はなに?
生理前の腹痛はいつから現れる?
もしかして妊娠!?妊娠初期の腹痛の痛みとは?
妊娠初期の腹痛と生理前の腹痛の違いは?
生理前の腹痛をやわらげる方法
生理前の腹痛は薬で解消できる?服薬するときの注意点は?
まとめ

生理前の腹痛とは

生理前になると女性の体にはさまざまな不快症状が現れてきます。頭痛、吐き気、冷え、イライラ、気分の落ち込みなどその種類は200種類以上に及ぶそうです。これらの症状は月経前症候群(PMS)といい、その中には腹痛の症状もあります。

腹痛を感じる人の中でも陣痛並み、という人もいるほど。痛みの感じ方や程度には、個人差が大きいようです。

生理前の腹痛が現れる原因はなに?

生理前の腹痛には、女性ホルモンのバランスの変化が関係しています。

女性ホルモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つがあり、生理が始まって排卵までの間にが卵胞ホルモンが、排卵後から生理前までは黄体ホルモンが多く分泌されます。 

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、妊娠を継続させようと子宮の内膜を厚くして体温を温めたりする作用があります。しかし、妊娠が成立しなかった場合には、子宮の内容物を排泄する生理を起こすため、子宮収縮を促すプロスタグランジンという物質が分泌されます。このプロスタグランジンは胃腸にも作用するため、腹痛が起こることがあります。

また、生理前には黄体ホルモンの分泌が急激に増えるため、その変化によって自律神経も乱れ、そのために腹痛が起こることもあります。身体の冷えることによる自律神経が乱れが原因となって、腹痛が起こる場合もあります。

生理前の腹痛はいつから現れる?

生理前になると月経前症候群(PMS)が現れ、その症状のひとつといして腹痛を感じることがあります。一般的には、黄体ホルモンが多く分泌される生理予定日の3~10日前に調子が悪くなりますが、これには個人差が大きく、人によっては排卵後から長期間にわた不調を訴える人もいます。

生理が始まると症状がおさまるのが月経前症候群(PMS)の特徴です。しかし、月経前症候群の症状が日常生活に支障をきたすほど重い場合は、月経困難症といわれ治療が必要になります。 

生理とは関係なく腹痛が続く場合には他の病気の可能性もあるので、早めに受診しましょう。

もしかして妊娠!?妊娠初期の腹痛の痛みとは?

実は生理前だけでなく、妊娠した場合に初期症状として腹痛が起こる場合があります。
 
妊娠が成立すると、妊娠4ヶ月頃まで黄体ホルモン(プロゲステロン)分泌が多くなります。その影響によって胃腸が刺激され腹痛が起きたり、子宮が広がり始めることで周囲の臓器を圧迫し、下腹部が締め付けられるような痛みやつっぱり感を感じる人もいます。

また、足のつけ根(鼠径部あたり)がひきつれるような感覚に襲われる人もいます。これは子宮を支える靭帯が大きくなり始めた子宮に対応できず、けいれんを起こした状態によっておこります。

妊娠初期症状の腹痛にもその程度には個人差があります。妊娠初期症状の場合、強い痛みや出血が伴う場合は何らかの異常も考えられるので、産婦人科を受診しましょう。

妊娠初期の腹痛と生理前の腹痛の違いは?

妊娠した際の腹痛は、子宮が赤ちゃんにとって心地よい環境にしようと子宮の内膜を厚くして、子宮も拡がろうとすることから来る痛みです。そのため、外側に広がるような痛みであるといわれます。チクチクとした痛みという人もいます。足のつけ根が痛む場合もあり、これは、子宮の広がりによって靭帯がひっぱられることで起こります。痛みがひどい時や出血を伴う場合は、子宮外妊娠や流産などの恐れもあるので、すぐに産婦人科を受診しましょう。

■腹痛だけで判断するのは難しい

一方、生理前は、妊娠が成立しなかったことで子宮内膜が壁から剥がれおちそれを体外に排出しようと子宮が収縮している状態です。このため、生理前の腹痛は、内側に向かって縮んでいくような痛みがします。

とはいえ、すべての人がそのような痛みを感じるわけではなく、個人差もあります。生理が近づいているのか、あるいは妊娠しているかを腹痛だけで判断することは難しいでしょう。

生理前の腹痛をやわらげる方法

①食事

症状が現れる時期には、ビタミン・ミネラルを多く含む食材を積極的に摂りましょう。アーモンドには、ビタミンEやカルシウム、マグネシウムだけでなく鉄分も多く含まれ、精神安定や安眠効果もあるといわれます。1日10粒ほどが目安です。

ビタミンB6は女性ホルモン(卵胞ホルモン)の代謝を助ける働きがあり、子宮の収縮を和らげることで月経前症候群(PMS)症状をおさえる効果があります。マグロ、サンマ、さば、などにビタミンB6は多く含まれます。

マグネシウムやカルシウムは筋肉の収縮を整えたり、精神を落ち着かせたりする働きがあります。カルシウムの半量のマグネシウムを同時にとることで、より効果が期待できます。マグネシウムはナッツ類やひじき、いわし、納豆などに、カルシウムは牛乳、小松菜、干しエビ、大根の葉、ヨーグルトなどに多く含まれます。

②運動

運動をすることで、血液のめぐりがよくなり、筋肉の緊張もほぐれることで月経前症候群(PMS)の改善に効果があります。自宅でも継続しやすいストレッチや軽いマッサージなどから始めましょう。身体を動かすことで気分もリフレッシュされ、自律神経も整い、腹痛の緩和も期待できます。

また、三陰交(さんいんこう)とよばれるツボも効果があるとされます。くるぶしから指4本程上の内側のほうにあるツボで、ゆっくり押すことで冷えを改善してくれます。

③リラックス

疲れやストレスが溜まっていたり、不規則な生活は自律神経を乱し、さまざま不調の原因になります。なるべくリラックスできる時間を持つよう心がけましょう。

ゆっくり入浴したりハーブティーなどを飲むと身体も温まり、全身の緊張がほぐれて自律神経のバランスが整いやすくなります。

生理前の腹痛は薬で解消できる?服薬するときの注意点は?

生理前の腹痛には、妊娠が成立しなかった場合に子宮を収縮させて生理を起こす作用のあるプロスタグランジンが影響しています。痛みの物質であるプロスタグランジンを抑える働きのある鎮痛薬は、市販薬としても販売されています。

イブやナロンエース、バファリンやセデスなどの鎮痛剤は、プロスタグランジンを抑える作用があります。市販薬に含まれる主な鎮痛成分に、イブプロフェンとアセトアミノフェンがあり、どちらもプロスタグランジンを抑えますが、イブプロフェンが含まれた薬は15才未満の人は服用できません。

また、鎮痛剤を服用すると、プロスタグランジンを抑えるために経血が増えたり、眠くなりやすいなどの副作用が起こることもあるため、選ぶ際には薬剤師に相談するのがおすすめです。 

また、漢方にも月経前症候群に効果があるとされる薬が多くあります。加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などがあり、月経前症候群になりにくいよう体質を改善する効果があります。この場合も、体質や症状に合った漢方を医師や薬剤師に処方してもらうといいでしょう。

まとめ

生理前のつらい腹痛と妊娠初期の腹痛には細かい違いはあるものの、腹痛だけでどちらであるかは判断できません。妊娠の可能性がある場合は、薬の使用は極力控えましょう。いずれの場合でも、栄養バランスの整った食事やストレス解消はつらい症状を軽減してくれる可能性があります。

月経前症候群でも、妊娠の場合であっても、痛みが激しい場合は病院を受診しましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

生理 妊活・不妊 病気・怪我・健康

この記事を書いた人

かぼちゃん

子育てをしながら記事を書いています。宜しくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理前の腹痛の対処法。妊娠初期との違いは?現れる時期は?