1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理で血の塊が出る。注意すべき大きさと原因、対処・予防法まとめ

生理で血の塊が出る。注意すべき大きさと原因、対処・予防法まとめ

生理で血の塊が出る。注意すべき大きさと原因、対処・予防法まとめのタイトル画像

女性なら避けては通れない毎月の生理。「血の塊」が出てびっくりした経験はありませんか。人と比べることができないので、経血がどういう状態になったら「異常」なのかはわかりにくいもの。血の塊で注意したい点をまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015176377
目次 生理で出る血の塊ってどんなもの?
生理時の血の塊、注意すべき大きさは?
生理で血の塊が出る3つの原因
生理時の血の塊の対処・予防法
生理で血の塊が出ている時は、貧血に注意
病気の疑いがあれば病院へ

生理で出る血の塊ってどんなもの?

生理のときにたびたび出会う「血の塊」のようなもの。見かけは生レバーに似ていて、潰したブルーベリーのように見えることもあります。生理のたびに出てくる人もいれば、まったくない人もいます。血の塊が出てくること自体は病気でもなんでもなく、心配する必要はないのですが、重要なポイントは血の塊の”大きさ”にあります。

生理時の血の塊、注意すべき大きさは?

生理の時に出てくる血の塊は、小指の爪ほどの大きさであれば、問題ないとされています。明らかにそれ以上大きい場合は、子宮筋腫や内膜症の可能性もあるので、婦人科の受診をお勧めします。

血の塊が小さくても毎回大量に出る場合は、なんらかの異常がある可能性があります。婦人科での内診に抵抗がある人は多いでしょうが、異常があってもなかなか自分では見つけられない場所ですから放っておかずに診察を受けましょう。

生理で血の塊が出る3つの原因

生理中に血の塊が出る原因は、複数あるとされています。

ホルモンバランスの乱れ

体の中のホルモンバランスが崩れ、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが必要以上に増えると血の塊が出ることがあります。エストロゲンは卵子を作り出す重要なホルモンで、受精卵が着床するための子宮内膜を厚くする働きがあります。このため、エストロゲンが過剰に分泌されると、子宮内膜が厚すぎる状態になることがあります。

通常は分解酵素が内膜を分解して、生理として排出されるときにはサラサラの経血になります。しかし、内膜が分厚すぎると溶かすための酵素が足りなくなり、塊のまま出てきてしまうことがあります。

この場合は、ホルモンバランスを整えることで改善が見込めるでしょう。

子宮の血流が悪い

血の塊が出てくる原因の1つとして子宮の冷えがあります。子宮が冷えると血行が悪くなり、経血の分解がはかどらずに塊のまま出てきてしまう場合があります。また、冷えはホルモンバランスを崩す原因にもなります。

骨盤が歪んでいる場合も血流が悪くなるといわれます。足を組んだり、立ち方や歩き方にクセがある方は歪みを直すところから始めた方が良いかもしれません。骨盤の歪みを直すことで、しつこい手足の冷え性も改善されたという人も多いようです。

子宮は女性にとって大事な臓器です。くれぐれも冷やさないように注意しましょう。

子宮の病気の可能性も

子宮内膜症や子宮筋腫になっている場合も、塊が出ることがあります。この場合は、出血量が多くなることにより、分解酵素が不足し塊のまま出てきます。かなり大きな塊が出てくる人もいるようで、出てきた瞬間自分でわかるほどだそうです。毎回塊が出てきたり、大きめのものが出てきたりするのであれば、病院へ受診しましょう。

生理時の血の塊の対処・予防法

血の塊が出る原因はいくつかあり、自分では特定できないのが厄介なところ。病院に受診しても病気が見つからなければ、異常がないと言われるだけです。それでも、できれば改善したいですよね。体の冷えやホルモンバランスの崩れを放ったままにするのは良くないので、まずは生活習慣を見直してみましょう。

冷え対策をする

子宮が冷えると血流が悪くなり、ホルモンバランスを崩す原因にもなります。

子宮が冷えているということは、他の臓器も冷えているので、冬場はとにかく防寒をしましょう。腹部はカイロを貼ったり、腹巻をするなどして冷やさないように。夏場であっても冷たい食べ物は控え、体温と同じくらいのものを積極的に摂るようにしましょう。

衣類で身体を締め付けない

意外かもしれませんが、衣類の締め付けでも血流が滞り、身体や子宮が冷える原因になります。そんなに締め付けるものなんて身につけていない、と思うかもしれませんが、お風呂に入る前、裸になって自分の身体を見てみてください。下着やベルトの跡が付いていませんか?

体をあまり締め付けると、冷えるだけでなく、血行が悪くなり内臓機能の低下にもつながりかねませんよ。

適度な運動をする

血流は心臓の拍動だけではなく、身体全体の筋肉も関係しています。筋肉量が減ると身体のすみずみまで血が巡りにくくなり、冷えや不調の原因となります。

筋肉量が増えると基礎代謝も上がり、食べても太りにくくなり、体温も上昇するなどいいことづくめ。大事な子宮も冷えにくくなるので、適度な運動を習慣にするのがおすすめです。

ストレス解消をする

ホルモンの分泌とストレスは密接に関係しており、ストレスを受けるとホルモンバランスが崩れることがあります。ストレスが溜まっていると生理周期が乱れるのを経験した人も多いのではないでしょうか。それほど女性の体はデリケートなものなのです。

ストレスを受けずに生活するのは難しいでしょうから、上手に発散する方法を身につけましょう。アロマやハーブティーを試してみるのもいいかもしれません。ラベンダーやカモミールの精油は鎮静作用があり、心を落ち着かせてくれます。シナモンやジャスミンのハーブティーも心を安定させる効果が期待できるので試してみてくださいね。

タバコとアルコールの量を抑える

アルコールは貧血やホルモンバランスの崩れを助長してしまいます。また、タバコは女性ホルモンを壊してしまう恐れがあり、女性の喫煙は男性よりも危険が大きいとされています。血管の収縮作用もあるので血の巡りも悪くなってしまいます。タバコは百害あって一利なしなので、禁煙をオススメします。どうしても難しければ、本数を減らす努力をしてみてくださいね。

血行促進のツボ

身体には無数のツボがあり、女性ならではの悩みを解決してくれるであろうツボも存在します。子宮の冷えは女性の大敵ですから、ツボで血の巡りを良くして身体を温めましょう。

①三隠交
三隠交は生理不順、冷えなどに効くツボとされていて、出産時に陣痛を早めるツボとしても有名です。内くるぶしから、指三本分あがったところにあります。痛気持ちいいくらいがちょうどいいので、押してみてくださいね。ただし、妊婦さんは子宮に刺激があるので正産期に入るまでは押さないでくさい。

②気海
おへその穴から指2本分下がったところにあります。下腹部はとてもデリケートな場所ですから、息を吐きながら優しく押してください。
血行促進に効果があるツボです。

③陽陸泉
膝の斜め外側に出っ張った骨の下にくぼみがあり、そのツボを押すと血行促進や生理不順に効果があります。むくみにも効果があります。

生理で血の塊が出ている時は、貧血に注意

血の塊が出る原因として、出血量が多い場合溶かしきれずに塊が出ることがあると説明しました。この場合、出血量が多いと当然貧血になりやすくなります。ふらつきや、疲労感、動悸等の症状がある場合は貧血の可能性が高いです。鉄分を多く含む食品を積極的に摂りましょう。

レバーなどの肉類や、海藻類、プルーンなどがオススメです。鉄分入りのドリンクやサプリメントなどを試してみるのもいいでしょう。

病気の疑いがあれば病院へ

生理の時の出血の状態や量は、人と比べて判断できるものではないし、人に相談しやすいものでもないでしょう。正常なのか、異常なのか判断がつかないまま、様子を見ている人も多いのではないでしょうか。

血の塊自体は心配ないことがほどんどですが、子宮は異常に気付きにくい場所でもあります。少しでも変だなと感じることがあれば受診することをおすすめします。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 妊娠の基本情報 妊娠

この記事を書いた人

りっくんmama

24歳新米mamaです。
手のかかる元気いっぱい君と毎日笑顔で過ごしています♡...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理で血の塊が出る。注意すべき大きさと原因、対処・予防法まとめ