1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 赤ちゃんにクレヨンはいつから?選び方・注意点とおすすめ安全クレヨン5選!

赤ちゃんにクレヨンはいつから?選び方・注意点とおすすめ安全クレヨン5選!

赤ちゃんにクレヨンはいつから?選び方・注意点とおすすめ安全クレヨン5選!のタイトル画像

わが子に早くクレヨンを与えて、お絵描きを楽しませてあげたい、と思っているママはいませんか。でも、赤ちゃんは口に入れたりするのが心配ですよね。赤ちゃんはいつごろからクレヨンを与えていいのでしょうか? 安全なクレヨンの選び方や注意点と、おすすめの安全クレヨンをセレクトしました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030029788
目次 赤ちゃんにクレヨンはいつから?描き始める年齢は?
赤ちゃんのクレヨンの選び方
赤ちゃんにクレヨンを与える際の注意点
おすすめの安心・安全クレヨン ①ベビーコロール (baby color)
おすすめの安心・安全クレヨン ②スティッククレヨン 8色缶 基本色(シュトックマー)
おすすめの安心・安全クレヨン ③太いミツロウクレヨン・10色セット(エコノーム)
おすすめの安心・安全クレヨン ④大豆と蜜蝋クレヨン クレヨンロック(CrayonRocks)
おすすめの安心・安全クレヨン ⑤おやさいクレヨン シーズン4
まとめ

赤ちゃんにクレヨンはいつから?描き始める年齢は?

まだ何もできない、と思っていても、赤ちゃんに紙とクレヨンを与えるとグルグルと楽しそうに落書きをしてくれるもの。最初は赤ちゃん自身も何かを描こうという意思はあまりなく、ただクレヨンを持って手を動かし、自分で何かを描くという行為を楽しんでいます。それがだんだん、お母さんとか自分といったなんらかの対象を描くようになり、みるみる上手になっていくもの。子どもの絵は成長ぶりがはっきりわかるので、パパママにとってもおもしろいものです。

■クレヨンは1歳前後から

とはいえ、まだ小さな赤ちゃんに描く道具を与えると、うっかり飲みこんだり口に入れてしまうのでは…といった心配も出てくるもの。普通、赤ちゃんはどれくらいから絵を描き始めるものなのでしょうか?

0歳ではまだ絵を描くことが難しいため、クレヨンを与えるのは1歳を過ぎたくらいからが良いと言われています。最初は描きなぐっているだけですが、2~3歳くらいからはっきりとした絵を描き始めるようです。

赤ちゃんのクレヨンの選び方

早く絵を描かせてみたいけれど、やはり口に入れてしまうのでは? という心配はありますよね。そこで、安全に利用できるクレヨンの選び方をご紹介しましょう。

■口に入れても大丈夫
最近では、誤飲によるトラブルを防ぐために、舐めたり飲み込んだりしても大丈夫な素材で作られたクレヨンもたくさん販売されています。食用ではないものの、万一飲みこんでしまっても問題はないようつくられています。中には野菜を使って作られたクレヨンもあるようです。舐めても体に害がない商品という証として「APマーク」が付いているものもあるので、安全性についてはここでチェックしましょう。

■折れにくい
小さな子には、できるだけ折れにくいクレヨンを選ぶことも大切です。せっかく赤ちゃんが絵を描くことに興味を持ってくれたのに、すぐに折れてしまうと使いにくく、飽きてしまうかもしれません。小さくバラバラに折れてしまうと誤飲の危険も高まるので、なるべく折れにくい素材や形のものを選びましょう。

■口に入らない大きさ
クレヨンといえば細長い棒の形をしているのが一般的ですが、最近ではわざと口に入らないよう大きな形に設計された製品もあります。輪の形になっており、万が一飲みこんでしまっても呼吸ができるような工夫が施されたクレヨンもあります。

■汚れが落としやすい
赤ちゃんは一度興味を持つと、とにかくなんにでも描きたがります。紙だけでなく、床や壁にまで落書きしてしまうことも……。普通のクレヨンだとなかなかとれませんが、消しゴムなどを使って簡単に消せるタイプもあるので、家を汚されてしまうのが心配ならこういったものを選びましょう。

赤ちゃんにクレヨンを与える際の注意点

いくら安全性が高いからとはいえ、赤ちゃんは、私たちが予想していないようなびっくりすることを起こしてしまうことも考えられます。クレヨンを使っている時には、常に目を離さないように見ていてあげることが大切です。

とくに、お腹が空いている時にクレヨンを渡すと食べてしまうことがあるようです。食べても安全なクレヨンもありますが、やはりもともと食用として作られたものではありませんから、できるだけ口に含まないように見ていてあげましょう。

おすすめの安心・安全クレヨン ①ベビーコロール (baby color)

ベビーコロールは、プリヴェAG株式会社が販売するクレヨンです。舐めても大丈夫・折れにくい・汚れにくいのが特長。キッズデザイン賞を受賞しており、さらにキッズセーフティ部門でも最優秀賞「経済産業大臣賞」を受賞するなど、そのデザイン性や安全性の高さが多くの方から評価されています。

子どもが初めてクレヨンを使うときのことを考えて作られているので、1歳くらいの子どもにも安心して渡すことができます。発売開始から20年以上も経っているというロングセラー商品です。色は6色セットと12色セットがあります。

価格 869円(12色)

おすすめの安心・安全クレヨン ②スティッククレヨン 8色缶 基本色(シュトックマー)

可愛らしい缶のケースに入っているのは、Stockmarが販売する蜜ろうクレヨンです。発色の良さが大きな特徴で、そのクオリティは世界的にも評価され、世界中の子ども達に愛されています。ミツバチの巣を使って作られたクレヨンなので安全性も高く、子どもから大人まで使えるアイテムとなっています。絵を描くのが好きな子どもにぜひ使わせてあげたいクレヨンです。

価格 1782円

おすすめの安心・安全クレヨン ③太いミツロウクレヨン・10色セット(エコノーム)

こちらもミツバチの巣から作られた蜜ロウクレヨンです。エコノームはドイツの会社で、ドイツで行われている厳しいエコテストを受けて作られた、安全性の高さもお墨付きのクレヨンです。子どもが口に入れても安全な素材で作られているのはもちろん、可愛らしい木箱に入っているのも嬉しいところ。ミツバチのクレヨンカラーも可愛いですね。少し太めのデザインになので、小さな子でも握りやすいでしょう。

価格 1728円

おすすめの安心・安全クレヨン ④大豆と蜜蝋クレヨン クレヨンロック(CrayonRocks)

クレヨンロックの「ロック」とは、英語で岩のこと。その名の通り、石のような形をしているという、これまでになかった斬新なデザインのクレヨンです。袋から出すと、一見クレヨンには見えない可愛らしいコロコロした石のようなクレヨンが出てきます。

大人には描きにくそうに感じるかもしれませんが、まだ物をちゃんと握ることのできない子どもでも持ちやすいように設計されています。持ち運びができるよう、入れ物はバッグのようになっているので、お出かけの際に持っていくにも便利です。大豆と蜜蝋からできているので、口に入っても安心です。

価格 1880円

おすすめの安心・安全クレヨン ⑤おやさいクレヨン シーズン4

おやさいクレヨンは、国産の米ぬかからとれる「米油」や「ライスワックス」、本物の野菜粉末からつくられています。顔料は食品に使われるものと同じものを使用しており口に入れても無害なので、安心して子どもに使わせてあげることができます。さらに、クレヨンに使われている野菜は、規格外として廃棄予定だったものなので、環境にも優しい商品です。

このクレヨンのもう一つの特徴は、一本一本に食品の名前が付けられていること。こちらの製品は、ピーマン、ブロッコリー、さといも、トマト、コーヒー、ごぼう、とうもろこし、りんご、カシス、むらさきいもの10色セット。小さな子には食べ物の名前を覚えるきっかけにもなりそうですね。

価格 2139円

まとめ

赤ちゃんは成長していくにつれて、いろいろなことができるようになっていきます。最初は自分で移動することすらできなかったのに、次第にハイハイができるようになり、立って歩けるようになり、自分でご飯が食べられるようになり…。そんな子どもの成長を見守りながら、やりたいと思ったことには積極的にチャレンジさせてあげようとする親御さんも多いことでしょう。絵を描かせるのもそのうちのひとつです。

ここで紹介したように、最近では、小さな赤ちゃんにも安心して与えられる、安全性に配慮したクレヨンもたくさん出ています。子どもが楽しく、自由な絵を描けるように、適切なクレヨンを選んであげましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 お絵描き 室内遊び 子どもの遊び

この記事を書いた人

手のひらうえに

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 赤ちゃんにクレヨンはいつから?選び方・注意点とおすすめ安全クレヨン5選!