1. >
  2. >
  3. >
  4. あなたのほめ方・叱り方は子どもの心に響いていますか?

あなたのほめ方・叱り方は子どもの心に響いていますか?

あなたのほめ方・叱り方は子どもの心に響いていますか?のタイトル画像

子どもとのやりとりの中で、ついつい感情的になってしまい、うまく伝えられない時、ありますよね。どうやったら子どもの心に響くほめ方・叱り方ができるのでしょうか。目の前の出来事に対して、「事実は何?」「今自分はどう思っている?」と事実と感情を切り離して考えることで、子どもにしっかりとメッセージを伝えましょう。

出典:http://kids.wanpug.com/illust139.html

子どもが宿題をやっていないとき、なんと声をかけますか

子どもが宿題をやらずにだらだら過ごしているとします。あなたはなんと声をかけますか?



(事実)子どもが宿題をやっていない

(感情)*私は子どもが宿題をやっていないことに対して、イライラしている。 

    *宿題をやらないと、子どもが勉強がついていけなくなるのかという不安がある。



私の場合、まず目の前の出来事に対して、

「事実は何?」「今自分はどう思っている?」

と事実と感情を切り離して、考えるようにしています。

事実を受け止めた上で、I(アイ)メッセージで気持ちを伝える

事実をあるがまま受け止めた上で、宿題をやっていない子どもに対して、次のように話します。



私:「宿題をやったの?」

子:「やっていない」

私:「宿題をやっていないのね。(事実確認)

  私はあなたが宿題をやっていないで、あなたの学力が心配なの。」(Iメッセージ)



このようにして、叱るときは、目の前で起こっている出来事に対して、事実と感情を切り離し、相手に事実の確認をし、その後、私自身の気持ちをI(私)を主語にして伝えるように心がけてみてはいかがでしょうか。



Iメッセージとは、I(私)を主語にして、私自身の気持ちを伝えるメッセージです。



もしYouメッセージをつかって叱ると、「あなたはまた宿題をやっていないの。困ったわね。」このようになります。もしこう言われたら、あなたはどんな気持ちがしますか?ちょっと人格を否定されたようで、嫌な気持ちになりませんか?



叱るとき、Youメッセージはなるべく控え、【事実+Iメッセージ】を意識して伝えてみましょう。

褒めるときも、事実+Iメッセージで

ほめるときも、【事実+Iメッセージ】を意識してみましょう。



たとえば、宿題をやってきたとします。



(事実)宿題をやってきた

(感情)ちゃんと宿題をやってきたことがすばらしい。私の気持ちが伝わり、やる気になったことがうれしい。



ほめるときも、

「宿題をやってきたのね。(事実確認)

 あなたが約束を守って宿題をやってきたことがうれしいわ。(Iメッセージ)」

このように声をかけてみましょう。



ぜひほめるとき、叱るときに【事実+Iメッセージ】を意識してみてください。感情的に声をあげてしまうことも、減るかもしれませんよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ママ先生

はじめまして。
【Happyいくじコーディネーター】ママ先生の平田由里子です。

誰もが自分の中にいる神様を起こし、 ブレない自分軸をもち、
”自分らしく生きた...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. あなたのほめ方・叱り方は子どもの心に響いていますか?