1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. サウナ、岩盤浴、長時間入浴はダメ?

サウナ、岩盤浴、長時間入浴はダメ?

サウナ、岩盤浴、長時間入浴はダメ?のタイトル画像

サウナや岩盤浴などが大好きな女性も多いのではないでしょうか。ですが、妊娠中は、妊娠前と同じように入浴していては危険な場合もあります。そんな気を付けるべきポイントを紹介します。

妊娠初期は流産や早産のリスクあり

妊娠初期の身体は目に見えるような変化は少ないですが、内部では子宮が大きくなったりホルモンの分泌の量が変化したりと劇的な変化が起こっています。そのような変化が起きている妊娠初期には、身体の状態も不安定です。身体の中でも子宮は熱の影響を受けやすい器官であり、温めすぎると血流が良くなりすぎて、余分な子宮の収縮につながります。すると、流産する可能性が高くなってしまうため、長時間の入浴は避けておきましょう。

サウナや岩盤浴、長時間入浴は避けましょう

サウナや岩盤浴、長時間入浴を妊娠中に行なった場合、直接赤ちゃんに悪い影響は出ないだろうと考える女性もいます。ですが、妊娠中の身体というものは、ホルモンなどの影響で普段の身体とは全く異なります。サウナなどに入ることで、普段よりのぼせやすくなったり脱水しやすくなったりと、間接的な悪影響が出ることが知られています。足元がふらついて転倒するリスクもあるため、サウナや岩盤浴などは避けたほうが無難でしょう。

入浴は家族が居る時間帯がおすすめ

入浴をする際は、家族がいる時間帯に入浴するのがおすすめです。妊娠中の入浴は何が起こるのかわかりません。入浴中に急に気分が悪くなったり、出産間近であれば、破水や陣痛が起こる可能性もないとは言えないため、頼りになる人がいる時間帯に入浴しましょう。また、家族がいない時間に入浴しなければならない場合には、手の届く場所に携帯電話を置きます。何らかの急変があった場合にはすぐに連絡できる状態にしておきましょう。

気になる入浴時間と温度の基準は?

妊娠中は、のぼせやすかったり子宮の収縮が激しくなったりする可能性があるため、入浴時間を普段よりも短めにしましょう。目安としては、10分程度にするのがおすすめです。また温度も普段より低めに設定し、37度くらいのぬるめのお湯にすると、のぼせる可能性も収縮が激しくなる可能性も低くなります。お風呂に浸かる時にも、肩までしっかりと浸かるのではなく、半身浴のようにお腹のあたりまで浸かるようにするのがよいでしょう。

浴室では転倒と体調変化に注意しましょう

妊娠中にお風呂で気を付けたいことの1つに転倒があります。お風呂は、妊娠していないときでも滑りやすく危険な場所ですが、妊娠中はお腹が大きかったりするとさらに転倒しやすくなります。また妊娠中は立ちくらみも起こしやすいため、転倒する危険性は普段よりも高まります。転倒すると流産や早産に繋がる危険性もあるため、転倒しないように普段よりも気を付けましょう。手すりなどを付けて安全性を高めておくのもおすすめです。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. サウナ、岩盤浴、長時間入浴はダメ?