1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!のタイトル画像

「子宝草」という名前の植物があるのを知っていますか。葉の部分からクローンのように子株を増やす特徴からその名で呼ばれています。その力にあやかりたいと妊活中の女性のあいだで、子宝草の栽培が静かなブームとなっているようです。子宝草を育てながら妊活に取り組んだエピソードや、子宝草の育て方や増やし方についてまとめました。

目次 1.子宝草とは?
2.子宝草の種類
3.子宝草で妊娠?!先輩ママの体験談
4.子宝草はどこで買うの?
5.子宝草の育て方と管理方法
6.子宝草を育てたらこうなった!!
子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像1

1.子宝草とは?

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像2

ユニークな葉の形を楽しむ多肉植物は、手がかからないこともあって人気があります。こうした多肉植物のひとつである子宝草は、葉から次々に子株が増やすことができ、子だくさんなイメージを思わせるので、このように名づけられています。別名をクローンコエとも呼ばれています。

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像3

■子宝草の特徴は?

写真のように葉の外側から子株が次々と増えていくのが特徴です。子株は触るとポロリと落ちやすいのですが、土に落ちればそこで育つほどの強い生命力があります。

子宝草は品種を交配して人工的に作られた品種のようです。日本には1931年に渡来したという記録があります。元となるのは、マダガスカル原産のコチョウノマイ、コダカラベンケイとシコロベンケイの交配種とされています。子宝草は暖かい場所が原産なので、寒さには弱く、室温5度程度までしか耐えられません。このため、冬は室内で栽培するのが基本で、極端な寒暖や乾燥を避ければ比較的簡単に栽培ができます。

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像4

子宝草はセイロンベンケイソウという小笠原諸島や南西諸島に自生種がある多肉植物と、とてもよく似ていて混同されることがあります。子宝草が葉から子株が生じるのに対し、セイロンベンケイソウは葉から芽が出る形で、葉の裏が赤っぽい特徴があり、並べてみれば違いがわかります。

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像5

2.子宝草の種類

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像6

子宝草の栽培の楽しみは、成長に伴う子株の増え方や見かけの変化に面白みがあるところです。

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像7

生命力旺盛な子宝草は子どもが次々と育っていくので、たくさん増やして楽しめます。増えた分を他の人へプレゼントするのもいいですね。

子宝草と間違えられやすいセイロンベンケイソウには、マザーリーフ、灯篭草、ミラクルリーフという別名で園芸店で販売されていることがあります。マザー、あるいはミラクル、という名前からも混同されやすいようです。葉の形や子どもの増え方が明らかに違っているので、慣れればすぐに見分けがつくはずです。

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像8

子宝草は葉から子どもを増やすことができるにもかかわらず、花を咲かせることがあります。本来は葉を楽しむ多肉植物ながら、子株が出る様子に加え、花も楽しめるので育てる楽しみは大きい植物といえるでしょう。

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像9

3.子宝草で妊娠?!先輩ママの体験談

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像10

先輩ママの体験談その①クリニックで見つけた子宝草をゲット

妊娠したい、赤ちゃんが欲しい人にとっては、実際に育てた人の経験を聞いてみたいですよね。こちらのママの場合は、クリニックに置いてあった子宝草をもらいうけたら、赤ちゃんを授かったとか!

クリニックに「ご自由にどうぞ」と置いてあった子宝草です。
子宝に恵まれた方が治療を受けている方にも授かりますようにと
思いを込められて持ってこられたもののようで
私もぜひあやかりたい!と思いいただいてきました。
その数日後のAIHで授かりました。

先輩ママの体験談その②: 妊活を経験した人からのおすそ分け

子宝草だけでなく、他にも試した物があったそうです。体験しているからこそ他の人にもぜひおすそ分けをしたいという気持ちは、温かいものですね。

私は、約④年間子供が出来ませんでした。デモ、子宝草に出会い、サルボボに出会い妊娠しましたo(^-^)o私は医者の方からは無配卵と言われていましただから妊娠も奇跡っとまで言われました薬は使っていなかったから。子宝草も私が妊娠したのと同時に沢山子供を付け今では元気に育っています

先輩ママの体験談その③:子宝草の株を分けてあげている先輩ママ

子宝草は簡単に増やせるので、一度買うとどんどん増え続けることが多く、増えすぎないように苦心している人もいるほど。園芸店では地域によってあまり販売されていないところがありますが、その理由は簡単に増やせるので買う人があまりいないという説も。

今月3件のおめでた報告を頂いた子宝草
9月の終わりから配布を始めましたが、
12月に入って3人の里親様に御懐妊の報告を頂きました。
とても縁起のいい子株ちゃんです。

4.子宝草はどこで買うの?

園芸店のほか、ネット通販でも購入できます。

多肉植物 子宝草 
7.5cm硬質ポット
価格270円

お友達に育てている人がいれば、お願いするのもいいですね。子宝草を育てて妊活に成功した人の中には、同じように赤ちゃんを望む人に子株を譲っている人もいます。

こんにちは!
子宝草を譲っていただいた●●です。
この間友人にも子宝草を送って頂きましたが、その友人が妊娠しました~!!!
私も嬉しくて嬉しくて、先生に報告させて頂きました

子宝草が入手しづらい場合、子株が同様に増えて名前に子宝がつく植物を買ってみるのもいいかもしれません。

子宝草に似た「子宝弁慶草」
15cmの5号鉢仕立て
価格 2,000円

5.子宝草の育て方と管理方法

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像12

■子宝草の育て方は?

・水のやり方
土が乾いたら水を与えますが、葉を濡らさないように。冬場は耐寒性を高めるため、水の与え過ぎに注意します。冬の水やりは月に1~2回程度で十分です。

・肥料
花を咲かせたら液体肥料を少量与えます。用土は赤玉土7、腐葉土3や軽石砂、桐生砂などを混ぜたものを使い、鉢植えの水はけを良くします。

・日当たり
日当たりが良い場所を好みますが、強過ぎはNG。葉に強い日差しが集中して当たらないように気をつけます。真夏は直射日光を避け、乾燥気味のほうが丈夫に育てられますが、エアコンの風や空調の吹き出し口からの風が当たる場所に置かないようにします。

■管理方法は?

直射日光や冬の寒さに気を配る必要があります。

・耐寒性が弱いので霜に当たると枯れてしまいます。冬は必ず室内で育てるようにします。室内でも寒いようなら発泡スチロールなどで防寒しましょう。

・丈夫なので多少の水枯れはあわてないでOKです。
葉が元気なさそうにみえたら水やりを。与えすぎると根腐れを起こしてしまうので注意します。

・増やし方は?
子株が葉から出て、落ちた場所で育つのが特徴で、子株は土の上に乗せておくと根が張って育ちます。大きく育てたい場合は1つの鉢に1つの子株を植えるようにします。

・開花したらどうする?
2~3年ほどで開花する事がありますが、植物の勢いが弱くなるので、子株で別の鉢植えを増やしておくと続けて栽培ができます。また、植物の背丈が1m程度まで高く成長したら、支柱を立てて補強しておくと、花が咲いたときに重さで折れたりする心配がなくなります。

・増えすぎにも注意
子株がどんどん出てくるので、鉢植えのまま放置しておくと鉢の中一杯に子株が成長していき、株分けの作業が必要になります。子宝草は多湿も苦手な植物なので、密生させないよう、風通しを良くしておくことが大切です。鉢底から根が見えているようなら植え替えのタイミング。2つか3つに分割して植え替えます。

6.子宝草を育てたらこうなった!!

子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!の画像13

子宝草を育てる人のなかには、赤ちゃんを待望して妊活中という人も多いようです。なかには、子宝草を育てて始めてから赤ちゃんを授かったというママも。

子宝草が小さな赤ちゃんの葉をつけて、どんどん増えていく様子は見ているだけで心温まる気分になれますよ。多彩な楽しみ方のある植物なのにお世話は簡単なので、妊活中の方もそうでない方も、興味のある方は子宝草の栽培にトライしてみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊活・不妊 妊活

この記事を書いた人

にとうりゅう

こんにちわ!にとうりゅうです。東京都豊島区生まれ、結婚を機に四国へ移住して38歳の時長男を高齢出産しました。続けて運良く40歳で次男も誕生、夫と家族4人で標高2...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子宝草を育てると妊娠する?!育て方や増やし方、体験談まとめ!