1. 総合トップ
  2. >
  3. 親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。

親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。

親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。のタイトル画像

親がやってたことを子どもに勧めるのはよくあるパターンですよね。ただ、それを子どもが好きになるかどうかはまた別問題で……

親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。の画像1

習いごとの「辞め時」ってどうすればいいの!?


ママ、突然の発案。

親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。の画像2
親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。の画像3

親がやってたことを子どもにすすめるのはよくあるパターンですよね。

しかし、実際に始めてみると……

親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。の画像4
親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。の画像5
親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。の画像6

習いごとって、親の強い思いがあって始めることもありますが、必ずしもうまくいくとは限りませんよね……。

難しいのが、辞め時。
どんな習いごとも、真剣にやればやる程辛い時、苦しい時もあります。
ただ、ちょっと苦しいからってすぐに辞めてしまったら、なにも続きません。
とはいえ、好きになれないことをずっと続けさせるのも子どもが不幸です。

今回のこのサッカーは、あまりにも子どもの興味が見えてこない、
また行くこと自体が苦痛に感じている様子があった、ということで
夫婦で話し合った結果辞めさせる、という判断になりました。

この判断が良かったのかどうかわかりませんが、
今ではサッカーの代わりにタマはドラム、サキは空手を習っていまして
それはとても楽しそうにやっているので、まあ良しとしています。

「辞め時の基準」、みなさんどう考えていますか?

親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。の画像7

貧乏性夫婦……

この記事を書いた人
ムーチョの画像
ムーチョ

某企業人事部→専業シュフ(主夫)。シュフ歴約10年。38才、娘は10才と8才。4コマ漫画ブログ。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 親が「やらせたいこと」を、子どもが「やりたい」とは限らない。