1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「返事・あいさつ・あとしまつ」ができる子に育てたら、子育て合格

「返事・あいさつ・あとしまつ」ができる子に育てたら、子育て合格

「返事・あいさつ・あとしまつ」ができる子に育てたら、子育て合格 のタイトル画像

国民教育師父である森信三先生のいう『しつけの三大原則』は、(1)朝のあいさつをする子に(2)「ハイ」とはっきり返事のできる子に。(3)席を立ったら必ずイスを入れ、ハキモノを脱いだら必ずそろえる子に とおっしゃっていました。

まず親自身が『返事・あいさつ・あとしまつ』を実践しましょう!

「返事・あいさつ・あとしまつ」ができる子に育てたら、子育て合格だと思っています。



国民教育の師父である森信三先生のいう『しつけの三大原則』

(1)朝のあいさつをする子に

(2)「ハイ」とはっきり返事のできる子に。

(3)席を立ったら必ずイスを入れ、ハキモノを脱いだら必ずそろえる子に



引用文献:『一語千鈞 森信三』 寺田一清編 (致知出版社)



今から『返事・あいさつ・あとしまつ』ができる子になるように、まず親自身が『返事・あいさつ・あとしまつ』を実践しましょう!

1. 「ハイ」と返事をしていますか?

人に呼ばれたら、「ハイ」と返事ができていますか?



呼ばれたら、まず元気な声で「ハイ」と返事をしてみましょう。今から「ハイ」という返事ができているか振り返ってみて、「ハイ」と気持ちよく返事をしましょう。

「返事・あいさつ・あとしまつ」ができる子に育てたら、子育て合格 の画像1

2. 自分からあいさつをしよう

「おはようございます」「こんにちは。」

と自分からあいさつをすると、相手との距離がぐんと縮まります。



挨拶は、心を開くことです。人と会ったら、まず自分から

「おはようございます。」「こんにちは。」

と笑顔であいさつしてみましょう。



自分から挨拶した方が気持ちがよいですよ!!

3. 靴をそろえよう

後始末をしっかり身につけるのは、意識しないと大変です。後始末がしっかりできる人は、人間としての品性を感じます。後始末として、まず意識したいのが、靴をそろえることです。脱いだ後の靴の姿は、その人の心や品性が見えます。



今まで靴をそろえることを意識したことがない人は、今から、”脱いだら靴をそろえる”と意識してください。まず3日は強く意識してください。3週間毎日意識したら、きっと靴をそろえることが習慣化できます。



靴をそろえることで、人間しての品性が培われます。『ぬいだら靴をそろえる』これだけを意識してみてください。

最後に・・・

躾の基本は、「返事・あいさつ・後始末」です。返事・あいさつ・後始末がしっかりできるようになると、人間としての道を外れずにすみます。



勉強ができるということよりも、返事・あいさつ・後始末がしっかりできているほうが大切に思います。返事・あいさつ・後始末は、子どもだけの躾ではありません。



残念ながら、大人でも返事・あいさつ・後始末ができていない方もいます。返事・あいさつ・後始末は、人間としての軌道です。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 しつけ・お世話 マナー・あいさつ

この記事を書いた人

ママ先生

はじめまして。
【Happyいくじコーディネーター】ママ先生の平田由里子です。

誰もが自分の中にいる神様を起こし、 ブレない自分軸をもち、
”自分らしく生きた...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「返事・あいさつ・あとしまつ」ができる子に育てたら、子育て合格