1. >
  2. >
  3. >
  4. 「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなる

「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなる

「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなるのタイトル画像

「働くママは大変」とよく言われますが、何がどう大変なのかは実際に経験した人しか分からないことも多いですよね。今回は、そんなママの奮闘と葛藤を描いたムービーをご紹介します。

目次 働くママのリアルを描いたムービー
働くママのこれからを、みんなで考えよう

働くママのリアルを描いたムービー

働きながら子どもを育てる。
言葉にすると簡単ですが、実際にやってみると、口で言うほど簡単なことではありません。

そんなママの葛藤を描いた、一つの動画をご紹介します。
共働きのパパママだけでなく、一人でも多くの人に見て欲しい動画です。

サイボウズの「大丈夫」の動画

"お疲れ様、お先に"

仕事に慌ただしく区切りをつけて、職場を出るママ。

「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなるの画像1
引用:サイボウズ ワークスタイルムービー「大丈夫」

"帰り道は、ほとんど走っている"

保育園のお迎えは、遅れないように気を使います。
仕事に行く時よりも、こっちの方が急ぐママは多いですよね。

「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなるの画像2
引用:サイボウズ ワークスタイルムービー「大丈夫」

"送り迎えは私がするって、いつ決まったんだっけ?"

パパもママも同じように働いていても、子育ての負担はママに集中することも。


大事な会議、溜まるタスクリスト。
お熱の子ども…

病院はもう終わってるから、明日の朝行かなきゃ。

朝も熱があったら、保育園には行けない…
おばあちゃんは遠いから悪いし、でも明日は絶対休めない。

病児保育の予約…そうなるとお弁当を用意しなきゃ。

"ということは…今日もまた寝れないな"

「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなるの画像3
引用:サイボウズ ワークスタイルムービー「大丈夫」

子どもを抱っこして、坂道を登って帰路につくママ。
明日の段取りの算段を立てながら、どんどん真顔になってしまいます。

「・・・大丈夫?」

「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなるの画像4
引用:サイボウズ ワークスタイルムービー「大丈夫」

すぐそばで声が聞こえます・・・腕の中の、子どもから。

「大丈夫?」
その声に、ハッとするママ。

"ああ・・・私は、大丈夫だろうか"

「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなるの画像5
引用:サイボウズ ワークスタイルムービー「大丈夫」

まだまだ、目を離すと何をするか分からない子ども。

"きちんと、お仕事ができているだろうか"

厳しい突っ込みの入る先方へのプレゼンテーション。
子どもが寝静まってから、睡眠時間を削って資料を作るママ。

「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなるの画像6
引用:サイボウズ ワークスタイルムービー「大丈夫」

"ちゃんと君を、愛せているだろうか"
雨の中、保育園に行きたくないと座り込む子ども。




"そして・・・自分を、愛せているだろうか"

「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなるの画像7
引用:サイボウズ ワークスタイルムービー「大丈夫」

「・・・うん。大丈夫、大丈夫。」

少しだけ笑顔になって、ママはまた歩き始めます。

動画の詳細は、下記よりご覧ください。

サイボウズ ワークスタイルムービー「大丈夫」

働くママのこれからを、みんなで考えよう

「働きたい」
「働かなくてはいけない」

それぞれの理由で、子どもを育てながら仕事に奮闘するママがいます。
このムービーは、そのストーリーを描いたもの。
同じ立場のママであれば、共感し、「わたしもそう!こんなこと、よくある!」そんな風に思い
同じように、胸がぎゅっとつまる思いがしたのではないでしょうか。

一方でこの動画には、目を向けなくてはならない問題が、集約されている気がします。

職場の同僚・会社の理解、保育の現状の改善、パパやパパの会社の協力…

何かすぐに、変えられることは少ないかもしれません。
でも、きっと変えていけることもあるはず。

この動画を通して、「働くママ」に対して、
周りは「何ができるのか」を考えるきっかけになれば良いなと思います。

育児にも、仕事にも輝きながら取り組めるように、
子どもを抱っこするママが、心から笑顔で育児も仕事もしていけるような社会になって欲しいなと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
Sarahの画像
Sarah

やんちゃでかわいい男児の母。
笑って笑って時々泣いて…楽しく育児奮闘中!...

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「私は自分のことをちゃんと愛せているだろうか」働くママのリアルを描いた動画に胸が熱くなる