1. >
  2. >
  3. >
  4. いつ入院すればよいのか

いつ入院すればよいのか

いつ入院すればよいのかのタイトル画像

病院での出産を希望する人がほとんどですが、入院する時期や長さは状況によって変わってきます。基本的には、お産を行う病院からの指示に従うので問題ありませんが、一般的な予備知識として入院する時期や期間、準備の進め方について解説します。

陣痛が始まったらすぐに入院?

規則的な陣痛が始まっても、すぐに出産となるわけではありません。落ち着いて陣痛の間隔を計りながら、入院のための準備を整えていきましょう。特別な異変がない限り、初産で10分、経産婦で15分くらいの間隔で陣痛がくるようになったら、病院に連絡を入れ、ようやく入院となります。陣痛がはじまってから半日ほどかかることもあるので、焦らずに家族への連絡をしたり、身仕度や留守の準備などを整えれば良いでしょう。

なるべく早く病院に行くべき状況とは?

陣痛が始まるよりも先に、破水が起きてしまった時には、なるべく早くに病院に向かいます。破水した後は赤ちゃんの感染症を防ぐためにも、入浴やシャワーなどは控えましょう。また、おしるし以外で出血が起きたときも同じように、急いで診察を受けるようにしてください。そのまま入院となるケースが多いので、準備しておいた入院セットを忘れずに持参します。受け入れをスムーズに進めてもらうためにも、破水や出血を確認したら、まずは病院に電話を入れて状況を伝えておくとよいでしょう。

帝王切開の時はいつから入院するの?

出産方法が帝王切開と決まっている時は、陣痛を待つことはないため、あらかじめ決まった日付に入院することになります。手術の前日からの入院というスケジュールが一般的ですが、病院によっては入院日と出産日が同じとなる場合もあるようです。出産日は赤ちゃんの状態を見て決められますが、もともとの出産予定日よりも、2週間から10日くらい手前をとなる方が多めです。計画分娩の出産も、帝王切開と同じで前日の午後くらいから入院し、出産のための準備を進めていくことになります。

いつ入院すればよいのかの画像1

お産での入院の期間って?

通常分娩で出産をして、母子ともに健康状態に問題のない時には、4〜5日で退院することができます。対して、帝王切開でお産をした場合には、最短でも1週間程度の入院が必要で、回復具合を見ながら退院日が決めらるようです。海外では1日で退院することも珍しくなく、当日に帰宅する場合もありますが、日本では母体の保護も考えて、数日は必ず入院期間が設けられています。出産経験のある方の中には、医師と相談の上で許可を得て、早めに入院を切り上げて帰宅される人もいるようです。

いつ入院すればよいのかの画像2

持ち物の準備はいつから?

入院に必要な手回り品の準備は出産に間に合えばいつでも問題ありませんが、できればなるべく早くに整えておくようにしましょう。臨月に入ってしまうと、予定日に関係なく、いつお産がはじまってもおかしくない状態と言えます。早めに準備を終えておけば、いざという時に慌てずにすみますね。だいたい、7~8ヶ月くらいの時期に必要品を揃え終わるという妊婦さんが多いようです。大きめのバッグにひとまとめにして、わかりやすい場所に置いておき、すぐに持ち出せるようにしておくと安心です。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠の基本情報 産婦人科・産院

この記事を書いた人

えみ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. いつ入院すればよいのか