1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 不妊治療でまさかの離婚危機!?無関心、他人事、だんまりは命取りなんです!

不妊治療でまさかの離婚危機!?無関心、他人事、だんまりは命取りなんです!

不妊治療でまさかの離婚危機!?無関心、他人事、だんまりは命取りなんです!のタイトル画像

不妊治療を始めたことで、出てくる夫婦間のズレ。幸せな家庭を作りたくて始めた不妊治療が、離婚の引き金になることも少なくありません。奥さんが感じる、夫の妊活NG言動とは? 不妊デビューをする、もしくはデビューしたばかりの旦那さんは必見です。不妊治療ベテランさんは、思い当たる節があったら要注意です!

不妊離婚ステップアップ!?

不妊治療でまさかの離婚危機!?無関心、他人事、だんまりは命取りなんです!の画像1

妊活奥さんの不満をつのらせる、夫の言動

●どこか他人事、無関心
不妊治療の相談をしても治療の説明をしても、「ふーん」「そう」「いいんじゃない」。

「この人、不妊治療する気あるのかしら?」「私と先生だけで治療が進んる。これじゃ、誰と子どもを作っているのか、わからないじゃない」。妊活開始から不妊治療に進むまで、ずっと反応の薄い旦那さんに奥さんはムッ。


●非協力的
排卵日(タイミング実行日)や採卵日(精子採取)を前々から伝え、当日の朝にも念を押してお願いしたのに、仕事や付き合いを理由にあっさりと約束を破る旦那さん。

「1ヶ月のうちで、子どもを作るチャンスが何日あると思っているの!?」「いつまでも妊娠できるわけじゃないのよ!!」、子どもを作るチャンスを逃すたびに、奥さんはイライラ、ムカムカ。


●無神経・勉強不足
採卵は体への負担も大きく、採卵したあとは出血、痛みに悩まされる女性も少なくありません。移植~妊娠判定の期間の奥さんは、医師の指示に従い、体に負担をかけない生活に徹します。そんながんばっている奥さんを尻目に「メシ、風呂、寝る」「○○がないよ~」、いつものように奥さん家事をさせ、用事を言いつける旦那さん。

「こういうときくらい、ゴハンくらい自分で調達してよ!」「妊娠するかどうかの大事なときなんだから、少しは気を使ってよ!」。あなたの無神経さに、奥さんはブチッ、ドッカ――――――――ン!?


こうなる前に気をつけたいものですね。

離婚カウントダウンの前兆!?

奥さんにこんな変化が出てきたら、ちょっと危険かも。

●妊活・不妊治療の相談をしてこなくなった
●不平不満を言わなくなった
●口数が減った
●話しに乗ってこない


妊活・不妊に関することはもちろんのこと、日常の些細なことに対しても、あなたに不満をぶつけてきた奥さん。しかし最近、なんだか口数が減った気がしませんか? 大人しくなった気がしませんか? 会話中・会話後にため息をつかれませんか? 「はいはい」「あなたはいつもそうよね」「もう、いいわ」なんて言われていませんか?

口数が減ったのは、奥さんのイライラが解消したからではありません。不満を言わなくなったのは、あなたを理解し、言動を受け入れたからではありません。

・この人に期待しても仕方がない
・旦那さんの協力なしでは子どもは作れないので、事務的に用件を伝え、妊娠することだけに集中
・愛情と期待は、産まれてくる子供に注ごう

こんな気持ちになっているかもしれません。

妊活・不妊治療に関心を持つことで、良好な夫婦関係づくりへ

「今までだって、関心を持っていなかったわけじゃない」「報告されれば話を聞いてるし、お金だって出している。何が不満なんだ!?」と思っている旦那さん、残念ながらあなたの気持ちや行動は奥さんには何一つ伝わってません。

・ちゃんと相手を見て、相槌や合いの手を入れつつ、話を聞きましょう
・休みの日は、通院に付き合う。普段から一緒に病院に行っている人は、診察室に入って奥さんと一緒に治療内容を聞きましょう
・奥さんからの指示を待つだけでなく、自分からも今後の予定や注意事項、要望などを訊ねてみましょう
・「ありがとう」「がんばったね」「大丈夫?」「ごめんね」など夫婦間では照れくさい言葉こそ、声に出して伝えましょう


人によっては、かなりハードルの高い内容かもしれません。でも、これらを実行に移すがどうかで、奥さんの気持ちや態度は俄然、違ってきます! 是非、がんばってください!

治療とともに成長していく

我が家の場合、旦那さんが不妊治療を希望していたため、治療に対してははじめから積極的でした。しかし、妊活夫としては、治療に無関心、診察室では他人事で上の空、妻は単なる子ども産む道具といわんばかりの気遣いのなさ……と、最悪なものでした。

不妊治療をしていくなかで、私の不満はもちろんのこと、旦那さんの不満もつのり、言い争い、怒鳴り合い、罵り合い、私の両親を交えての離婚話が何度となく繰り返されました。そのたびにお互い反省し、相手を受け入れ、ときには平行線のまま話を打ち切ったりしながら、なんとか折り合いをつけて乗り越えてきました。

残念ながら旦那さんの過去における数々の失態・失言は、私の中ではなかったことにはできません。しかし、不妊治療を始めたころと比べれば、旦那さんは優秀な妊活夫に成長しました。新たな治療が始まるたびに失態し、反省し、改善してきた旦那さん。彼の努力を傍で見てきたからこそ、離婚を踏みとどまり、旦那さんの願い〝子どもを授かる〟を叶えてあげたいと改めて思えるようになりました。

心当たりのある旦那さん、自分が変われば相手も変わります、より二人の関係が良くなるよう、努力してみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

Kuma*Kuma

アラフォー@イラストレーター。ズボラでテキトー、感覚人間のワタクシ・くまくまと、きっちりかっちり几帳面、合理主義の理系サラリーマン・もじゃお(47)は、2009...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 不妊治療でまさかの離婚危機!?無関心、他人事、だんまりは命取りなんです!