1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめ

【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめ

【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめのタイトル画像

離乳食後期からたくさんの食材を食べられるようになってきましたね。食べられる量も増えてきて、料理をどんどん食べてくれるのを見るのは、作った方としてはこの上ない喜びです。

次はいよいよ離乳食完了期です。離乳食後期とはまた進んだ成長が見られるようになりますよ!

目次 【1歳】離乳食完了期、赤ちゃんの食べ方の特徴
離乳食の進め方
食べられる食材・食べられない食材①炭水化物
食べられる食材・食べられない食材②たんぱく質
食べられる食材・食べられない食材③野菜
食事支援のポイント
1歳の離乳食おすすめレシピ3選
まとめ

【1歳】離乳食完了期、赤ちゃんの食べ方の特徴

【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像1

離乳食完了期である1歳~1歳6カ月頃は「パクパク期」と言われています。離乳食後期よりも口や舌を上手に動かすことができるようになり、前歯で噛み切ったり歯茎ですり潰したりしながら食事をします。そしてほとんどの栄養を食事から摂取するようになりますので、栄養面を考えての食事作りが大切となります。

栄養が偏っているかな?と感じたときは、フォローアップミルクで栄養補給をすると良いかと思います。

また、食べ物や自分で食べることへの興味が一段と増して「手づかみ食べ」や「スプーン・フォークを使っての食事」が見られる頃でもあります。パパママにとってはお掃除やお洗濯が大変な時期となりますが、赤ちゃんの食への興味を大切にしたい時期ですので、いろいろな工夫をしながら一緒に食事を楽しめるようにしましょう。

離乳食の進め方

【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像2

食事のリズムが整っている頃ですので、1日3回大人と同じ食事リズムで朝・昼・夜の食事をします。離乳食完了期ではほとんどの食材を食べることができるようになっていますが、まだまだ噛む力が弱いので歯茎で潰せる固さで調理をします。

食物繊維の多いものや生もの、強いアレルギー症状の出る恐れのあるものはまだ与えないようにしましょう。離乳食後期頃から調味料を使用できるのですが、食材の味を覚えさせる・濃い味で内臓に負担をかけさせないという理由からも離乳食完了期もまだ薄味で調理しましょう。食後の授乳は徐々に減らし、牛乳かフォローアップミルクを与えると良いでしょう。

■米類
・90g程度 

■野菜・果物
・50g程度

■肉
・20g程度

■魚
・20g程度

■豆腐
・55g程度

■乳製品
・100g程度

■卵
・全卵2/3~1/2個

■おやつ(お菓子)
・1~2枚(赤ちゃん用のクッキーやせんべいの場合)

おやつは食事で補いきれない栄養の補給として与えていきますが、必ず与えないといけないというわけではありません。たくさん食べる食欲旺盛なあかちゃんや食事と食事の間が長時間空いてしまうような場合などは、次の食事までの様子などを見ながらおやつを1日1~2回与えましょう。

食べられる食材・食べられない食材①炭水化物

【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像3

ほとんどの食材を食べることができますがまだ消化機能が未熟なため、大人でも消化するのに時間のかかるもの・食べにくいものは与えないように注意しましょう。

■食べられる食材
・白米(軟飯が基本です。)
・麺類(うどん・そうめん・冷麦・中華めん・春雨・スパゲティ・マカロニ・ビーフン。蕎麦は与えないようにしましょう。)
・パン類(食パン・ロールパン・バケット・レーズンパン・ホットケーキ・蒸しパン。クロワッサン・菓子パンは与えないようにしましょう。)
・コーンフレーク(プレーンタイプを与えます。)
・いも類(じゃがいも・さつまいも・さといも・やまいも。やまいもはアレルギーに注意しましょう。口周りがかぶれることがあります。

■食べられない食材
・玄米(大人でも消化に時間がかかるので。)
・もち、もち米(喉に詰まらせる危険がある為。)
・蕎麦(強いアレルギー反応を起こす可能性があるので、2歳頃までは与えないようにしましょう。)
・クロワッサン・菓子パン(バターや糖分などを多く使用してあり離乳食には向きません。)

食べられる食材・食べられない食材②たんぱく質

【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像4

食べられる範囲が広がりますので、食事を作るのにもレパートリーが増えますね!新鮮なものを新鮮なうちに、必ずしっかりと火を通して調理をしなければいけません。アレルギーには十分注意しましょう。

■食べられる食材
・肉類(鶏肉・牛肉・豚肉・レバー・合挽肉。脂身部分は削いで使用します。)
・加工肉(添加物の心配があるのでお勧めしません。)
・白身魚(たい・たら・ひらめ・かれい・しらす干し・鮭)
・青魚(いわし・あじ・さんま・さば・さわら。さばはアレルギーの恐れがあるので注意しましょう)
・赤身魚(まぐろ・かつお・はまち・ぶり・かじき)
・えび・かに(アレルギーの恐れがありますので注意しましょう。)
・豆腐・納豆
・ヨーグルト(プレーンを与えましょう。)
・チーズ(カマンベールチーズは脂質が多すぎます。)

■食べられない食材
・貝類(あさり・しじみ・牡蠣。与えることはできますが噛み切りにくく、アレルギーや食中毒の恐れがあります。)
・いか・たこ(与えることはできますが、弾力があって食べにくくアレルギーの恐れがあります。)
・加工食品(塩分が多く添加物の心配があるのでお勧めしません。)

食べられる食材・食べられない食材③野菜

【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像5

離乳食後期からほとんどの野菜が食べられるようになっています。前歯で噛み切ることができるようになっていますが、固さは歯茎で潰れる程度を目安に火を通して食べやすくしてあげましょう。

■食べられる食材
・一般野菜(トマト・きゅうり・かぼちゃ・ピーマン・オクラ・なす・とうもろこし・もやし)
・葉物類(キャベツ・レタス・ほうれんそう・小松菜・白菜・ブロッコリー・アスパラガス)
・根菜類(人参・れんこん・大根・かぶ・ごぼう)
・きのこ類(しいたけ・しめじ・えのき・まいたけ。繊維が多いのでかさの部分を細かく切って与えましょう。)
・海藻類(わかめ・ひじき・めかぶ・こんぶ・のり。のりは味の付いていないものを使用しましょう。)
・果物類(りんご・バナナ・すいか・メロン・桃・柿・みかん・いちご)

■食べられない食材
・こんにゃく(弾力があり噛み切るのが難しいため喉に詰まらせる危険があります。)
・エリンギ(きのこ類の中でも繊維が多く弾力があり、噛み切るのが難しいためおすすめしません。)
・たけのこ(与えることはできますが、繊維が多く飲み込みづらいのでおすすめしません。)
・パイナップル・マンゴー・パパイヤ(南国の果物はタンパク質分解酵素が多く、負担がかかります。アレルギーにも注意しましょう。)

食事支援のポイント

【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像6

■椅子に座らせる
食事をする時は「ご飯は座って食べる」ということを覚えさせるために、きちんと子供用の椅子に座らせて食べさせましょう。足が下に着くことで、赤ちゃんは落ち着いて食事に集中できることが多いようです。

■食器を使わせてみる
手先が器用になってきますので「自分で食べてみたい」という興味から、大人の真似をしてスプーンやフォークを使いたがる赤ちゃんもでてきます。もちろん上手に使うには時間がかかりますが、だんだんと上手になっていきますのでスプーンやフォークの要求が出た時には使わせてみましょう。

同じく、コップもしっかりと持てるようになってきます。まだ普通のコップでは持ち上げるだけでこぼしてしまいがちですので、最初のうちはストローマグを使用するといいですね。

■楽しく食事をする
離乳食後期頃より始まる「手づかみ食べ」も健在のこの時期。どうしても汚されてしまうのは仕方の無いことだと諦めて、掃除・洗濯がしやすい方法は何があるか?を考えてみましょう。

汚してしまうことで、パパママなど大人がイライラしていると赤ちゃんもご飯が進まなくなってしまいます。「どんなに汚されても大丈夫」という気持ちで一緒に楽しく食事をしましょう。

途中「遊び食べ」をし始めた場合は、遊び食べをやめさせて大人が食べさせてあげるようにしましょう。

1歳の離乳食おすすめレシピ3選

どんどん食べられるようになっていますので、「おいしい~★」という顔が見たいですね!ついつい味を濃くしてしまいがちですが、薄味を意識して調理していきましょう。

1.野菜たっぷりご飯入りおやき レシピ

■材料(1人分)
・ご飯(軟飯) 子ども茶碗1杯
・卵(М玉) 1/2個
・にんじん 2㎝
・ほうれん草 2束
・キャベツ 2枚
・片栗粉 小さじ1
・塩 少々

■作り方(約10分)
1.野菜を粗みじん切りにして柔らかくなるまで加熱する。ほうれん草は水にさらしてあくを取る。
2.野菜の水気を絞ってボールに入れ、残りの材料全部も入れて混ぜる。
3.フライパンを熱して薄く油を敷きスプーンですくって丸型にして焼く。
4.裏面が固まったらひっくり返して蓋をする。弱火で中まで火を通す。

野菜たっぷりご飯入りおやき レシピ 21

2.優しい味のふわふわ焼うどん レシピ

■材料(1人分)
・うどん 1/2人分
・キャベツ 葉1~2枚
・もやし 10本程
・にんじん 拍子切り1枚
・ミニトマト 1個
・卵 1個
・鶏がらスープの素 小さじ1.5
・マヨネーズ 小さじ1
サラダ油 小さじ1
・水 30cc

■作り方(約10分)
1.キャベツ・にんじん・もやし・うどんは細かく刻み、ミニトマトは4等分にする。
2.フライパンにサラダ油を熱し、キャベツ・にんじん・もやしをしんなりするまで炒める。
3.2のフライパンに1のうどんと水・鶏がらスープの素を入れ、混ぜながら炒める。
4.水分が飛んだらうどんをフライパンの端によけて、空いてるスペースに卵を割り入れスクランブルエッグように卵をかき混ぜながら焼く。
5.卵がある程度ポロポロまとまってきたら、よけておいたうどん&野菜と混ぜ、マヨネーズを加えてさらに混ぜる。
6.最後にミニトマトを加えて軽く混ぜる。

優しい味のふわふわ焼うどん レシピ

3.お肉が食べやすい♪ワンタン レシピ

■材料(1人分)
・豚挽き肉 100g
・豆腐 1/2丁
・ニラ 3本
・醤油 小さじ1
・ワンタンの皮 30枚くらい

■作り方(約10分)
1.ニラを1cm程度に切る。ボウルに、挽き肉、ニラ、豆腐を入れてよく混ぜる。
2.1の具を小さく丸めてワンタンの皮で包み(半分に折って三角になるように)、周りを水をぬって留める。
3.熱湯で茹でて、浮き上がってきたら完成。

お肉が食べやすい♪ワンタン レシピ

まとめ

【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像10

授乳だけだった赤ちゃんが、今ではいろんな食材・料理を食べられるようになりましたね。体もずいぶんと大きくなりました!

これからもどんどん成長していく赤ちゃんの体は、パパママが作ったご飯が素になっていきますので栄養面をしっかり考えて料理を作っていきたいですね。

授乳量が少なくなってくる離乳食後期頃から便秘になりやすい赤ちゃんが増えてきますので、しっかりと水分補給を忘れないようにしましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りとわ

熊本県在住、2016年小学校入学となる男児のママです。

ぐうたら大好き!面倒くさいの大嫌い!
そんな母でも、誰に預けても恥ずかしくない自慢の息子に成長し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【離乳食完了期】1歳の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめ