1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもがストレスを感じるのは部屋に原因がある!?5つのポイントをチェックしてみよう

子どもがストレスを感じるのは部屋に原因がある!?5つのポイントをチェックしてみよう

子どもがストレスを感じるのは部屋に原因がある!?5つのポイントをチェックしてみようのタイトル画像

子どもが快適にリラックスできる毎日を過ごすには、実は環境がとても大切。人間関係が悪くなくても、もしかしたら家の環境が悪いせいで子どもにストレスを与えていることもあるかもしれません。当てはまるところがあるかチェックしてみましょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015075463
目次 部屋が散らかりすぎていませんか?
部屋の照明の色は、意外に大事なんです
空気の入れ替え、定期的にしてますか?
日の光が入ってくるように
逆に“きれいすぎる部屋”もストレスを与えてしまう…!?

子どもは、幼稚園、または学校社会で毎日を過ごしています。
働くサラリーマンと同じように小さな社会にいますので、ストレスを抱えている子どもは珍しくありません。

大人も子どもも同じように、家の中はせめてストレスを与えない場所にできるようにしてあげたいものですね。

部屋が散らかりすぎていませんか?

散らかった部屋は、不衛生ですからダニや虫などが発生してしまい身体に悪影響を及ぼす可能性があります。
さらに、どこに何があるかも分かりにくく、何かするたびにいちいち道具などを探さなくてはならないので、
手間がかかり、何事にもやる気を起こしにくくなります。

部屋が散らかっているとお友だちも呼ぶことができず、家の中でも休まる場所がなく、
ストレスが溜まっていく一方。

整理整頓もしつけの一歩ですから、できる範囲で片付けていけると良いでしょう。

部屋の照明の色は、意外に大事なんです

実は、部屋の照明には大まかに3種類の色のタイプがあるのをご存知ですか?

一般的には次の3種類があります。それぞれ、電球の色による効果が違います。

〇電球色…ややオレンジかかっている色で「電球」という感じの色合いを演出します。最もリラックスする色合いなので、リビングや寝室におすすめです。

〇昼白色…もっとも主流の色です。昼間の太陽の光のイメージです。物の色が自然に見えます。

〇昼光色…やや青みがかっており、集中したいときに向いている勉強部屋に向いています。

電球色と昼光色が効果としては対極にあります。
寝室に昼光色を使うと、リラックスできなくなることがあるので注意しましょう。

勉強部屋と子どもの寝室が同じ場合は、照明の色が変えられるタイプのものを使うか、
寝る直前は間接照明だけを使うなどの工夫が必要になるでしょう。

空気の入れ替え、定期的にしてますか?

空気がよどんでいると、臭いがこもったり空気がどんよりしてしまい、身体にストレスが溜まります。

換気を定期的に行って新鮮な空気を入れ替えましょう。
寒い冬などはなかなか難しいですが、空気を入れ替えると気分もリフレッシュできますよ。

日の光が入ってくるように

日当たりの面でどうしても難しいこともありますが、
日の光を取り入れることは1日のリズムで重要な要素です。

日の光を朝に浴びて一日をスタートさせることは、体内時計を正常に働かせることになります。
日中も昼間であれば、なるべく日の光を取り入れて、なるべく自然に近い状態で生活することが子どものストレスを与えないポイントになります。

日当たりに問題ないのに、遮光カーテンを閉めっぱなしだったり、
シャッターを閉めていたり、もしくは家具を置いて窓をふさいでいたりなどしていませんか?

紫外線を気にするあまり、もしくは毎日のカーテンの開け閉めが面倒で
カーテンが閉めっぱなしのままになっていたら、考え直した方がよさそうです。

紫外線についてはUVカットフィルターなどを利用して対策してみてくださいね。

逆に“きれいすぎる部屋”もストレスを与えてしまう…!?

散らかっている部屋もストレスが溜まりますが、きれいすぎる部屋も落ち着かないものです。

きれいすぎる部屋とは、生活感を感じない、ということです。
ある程度生活感があると人は落ち着くものですが、度を過ぎて散らかりすぎていたり、
片付けられすぎて生活感がないと、かえってリラックスできないものです。

大人っぽいモノトーンで床は大理石にまとめられているなど、子どもが部屋の中で
どこにいたらいいのか迷ってしまうようなインテリアは、
子どもに知らず知らずのうちにストレスを与えてしまうことがあるかもしれません。

いかがでしたか?子どもにとって部屋の中はリラックスできる空間に徹したいものですよね。
せめてリビングだけでもほっと一息家族で楽しく団欒を楽しむ空間であってほしいものです。

子どもがストレスを抱えているかもしれないな、と思ったときにはお部屋を少し工夫してみてはいかがでしょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

tsutsuji

小学生、幼稚園の女の子2人のママです。
英語学習が趣味です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもがストレスを感じるのは部屋に原因がある!?5つのポイントをチェックしてみよう