1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 室内遊びこそ楽しい!おうちの中で「秘密基地」をつくって、子どもたちと遊ぼう♪

室内遊びこそ楽しい!おうちの中で「秘密基地」をつくって、子どもたちと遊ぼう♪

室内遊びこそ楽しい!おうちの中で「秘密基地」をつくって、子どもたちと遊ぼう♪のタイトル画像

子どもは意外と狭い空間が大好き。押し入れの薄暗い雰囲気に興奮したり、段ボールの中で遊んだり。部屋の中に部屋を作ってみましょう!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030021719

子どもが夢中になれる居場所とは

子どもにとって居心地のいい場所とは、完璧に片付いているお部屋とも限りません。
遊び心がちょこちょこあって、ワクワクするようなお部屋だと、
子どもが想像を膨らませたりして夢を見たりといっそう楽しいです。

お部屋のなかにまたお部屋を作ってみる、
狭いのが楽しい、そんな楽しい空間を作ってみませんか?

お絵かきして、自分だけのおうちを♡段ボールハウス

お部屋の中にダンボールで作ったおうちが誕生!おうちの中には2人ほど入ることができます。
ダンボールなので安価で組み立ても簡単なのが嬉しいですね。

もし成長していらなくなっても資源ごみで処分できます。

お絵かきできるダンボールハウスだと、子どもが自由にお絵かきして自分なりのおうちを作ることができますし、
自分だけのおうちとして個性を出すことも楽しいですね。

あえてお部屋の中につくる「テント」が楽しい!

ダンボールハウスもいいですが、子ども用の小さなテントも自分だけの空間ができて楽しいです。
中にはボールハウスになっていてたくさんのボールと遊べるテントもあります。窓から様子を見れるものもあるので、ママも安心。

テントの中でおままごとやブロック遊びをしたり、
自分だけの空間を楽しめます。

お布団を干せるようなハンガーラックに布をかけて、テントにアレンジしてみるのもいいですよ。

ロフトベッドの下に秘密基地を作る

遊び心のある子ども用のロフトベッドはいかがですか?

すべり台がついていたり、既にデザインが秘密基地そのもの。
ベッドの下の空間に自分だけのお部屋を作って遊んだりすることができます。

シンプルなロフトベッドを買って、DIYでオリジナルにアレンジして作るのも楽しいですね。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

tsutsuji

小学生、幼稚園の女の子2人のママです。
英語学習が趣味です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 室内遊びこそ楽しい!おうちの中で「秘密基地」をつくって、子どもたちと遊ぼう♪