1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんも花粉症になる?症状・予防・対処法まとめ

赤ちゃんも花粉症になる?症状・予防・対処法まとめ

赤ちゃんも花粉症になる?症状・予防・対処法まとめのタイトル画像

日本では、主に春と秋の2回花粉症シーズンのピークを迎えます。家族が花粉症を持っていると、赤ちゃんも花粉症になってしまうかも?と不安に思うママもいるのではないでしょうか?また、赤ちゃんが花粉症の症状を患ったらどのように対処すればいいのでしょうか?今回は、赤ちゃんの花粉症の症状・予防・対処法についてご紹介していきます。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28194000392
目次 赤ちゃんはいつから花粉症になる?原因は?
赤ちゃんの花粉症の症状・特徴
花粉症の治療法
花粉症と併発しやすい病気
赤ちゃんの花粉症対策①花粉を寄せつけない
赤ちゃんの花粉症対策②乳酸菌の摂取
赤ちゃんの花粉症対策③空気清浄機で花粉を除去する
まとめ

赤ちゃんはいつから花粉症になる?原因は?

何歳から花粉症になる?

厳密に何歳から花粉症になるということはありませんが、スギ花粉へのアレルギーを持っている子どもが5歳~9歳では7.5%、0歳~4歳でも2.1%いるといわれています。近年、アレルギー体質の子どもが増えているため、花粉症も低年齢化しています。

医療法人 健生会 おおがクリニック アレルギーのなぜ・なに(Q&A) 花粉症 

花粉症の原因

花粉症の原因は赤ちゃんも大人も同じです。花粉症は、花粉が体内に侵入することで免疫機能が誤作動を起こし、花粉を退治するためのIgE抗体が過剰に作られることによるアレルギー反応です。人によって抗体が作られる量に差があり、抗体が蓄積され一定量を超えると花粉症になるといわれています。また、抗体の作られる量は遺伝的な要素が大きいといわれています。

中野こどもクリニック

赤ちゃんの花粉症の症状・特徴

赤ちゃんの花粉症の症状

赤ちゃんの花粉症も基本的に大人と同じ症状が出てきます。鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみといった症状で、風邪だと間違えてしまうことも多いようです。赤ちゃんの花粉症の症状の例を下記にまとめてみました。

 ・透明な鼻水が出る
 ・目が充血する
 ・くしゃみが何回も連続して出る
 ・まぶたが腫れている
 ・涙目
 ・鼻をこする
 ・目をこする

風邪と花粉症を見分けるポイント

花粉症かどうかを見分けるためには、鼻水に注目して観察してみてください。風邪などの感染症による鼻水は、粘度が高く黄色に濁っていることが多いですが、花粉症の場合はさらさらとした水っぽい鼻水です。また、風邪の場合は熱やせきを伴うことが多いのに比べ、花粉症の場合は目の充血・かゆみなどがみられることがあります。

毎年同じシーズンにこれらの症状がみられることも特徴です。花粉症というとスギやヒノキを中心とした2~5月がピークですが、イネ科やブタクサ、ヨモギなどは8~10月にピークを迎えるため、通年で注意が必要です。

協和発酵キリン 花粉カレンダー

花粉症と間違えやすい赤ちゃんの行動

花粉症と間違えやすい赤ちゃんの行動に、目や鼻をこするというものがあります。生後3ヶ月頃の赤ちゃんは成長の過程で無意識に目や鼻をこすってしまいます。目や鼻をこすっているときに目の充血や涙目などの目の症状が出ていなければ、花粉症の心配は必要ありません。

花粉症の治療法

病院での治療法は、軽症の場合は飲み薬、重症の場合はそれに加えて点鼻薬を使っていきます。点鼻薬を嫌がる場合は、少量のアレルゲンを注射することにより免疫機能の過剰な反応を防ぐ減感作療法を行います。減感作療法は注射を繰り返す必要があり、効果が出るまでに少なくとも半年程度かかります。

また、最近では舌下免疫療法という方法も用いられます。舌下免疫療法とは、アレルギー物質を含んだ液を舌の下に垂らし、免疫機能の過剰な反応を防ぐ方法です。この方法は即効性があるわけではなく、来シーズン以降の症状改善が期待されます。

医療法人 健生会 おおがクリニック アレルギーのなぜ・なに(Q&A)

花粉症と併発しやすい病気

赤ちゃんが花粉症だと分かっても、「私も花粉症だから同じだ」「よくあることだ」と考えて、あまり気にとめないママもいるかもしれません。しかし、花粉症がきっかけで違う病気を引き起こしてしまうこともあるため注意が必要です。下記に併発しやすい病気の代表例をご紹介します。

■結膜炎
目の表面に花粉が付着して結膜に炎症を起こし、かゆみや目の充血が現れます。

■喘息
花粉が鼻の粘膜を刺激することで炎症が起こり、その刺激が気道に伝わってしまい、喘息を引き起こしたり、症状を悪化させてしまったりします。

■アトピーの悪化
アトピーと花粉症は、ともにIgE抗体の過剰分泌によるアレルギー症状です。花粉症によって抗体が増加することで、アトピーの症状が悪化することがあります。

これらの病気は、花粉症の対策が遅れると発症しやすいといわれています。そのため、花粉症の症状に気がついたら早めに小児科や耳鼻科を受診するようにしましょう。

赤ちゃんの花粉症対策①花粉を寄せつけない

赤ちゃんの花粉症対策の基本は、赤ちゃんに花粉を寄せつけないことです。赤ちゃんはマスクやメガネを身に付けることができないため、花粉がつきにくい素材の服を着せることがポイントです。

■花粉がつきにくい素材
表面がツルツルしているナイロンやポリエステルなどの素材は、花粉がついても落ちやすいので、一番外側に着せると効果的です。ただし、これらの素材は滑りやすいため、抱っこの際は注意してください。静電気をまといやすいウールやフリースなどの素材は花粉を寄せつけてしまうため、避けるようにしてください。

■服装のポイント
花粉のつきにくい素材を選んでも、肌が露出していると赤ちゃんに直接花粉がついてしまいます。そのため、花粉のシーズンはできるだけズボンや長袖を着せ赤ちゃんの肌が露出しないようにしましょう。

花粉がつきにくい素材選びに加えて、スプレーを使った予防もおすすめです。服にスプレーするだけで花粉がつきにくくなります。

商品名:リセッシュ 除菌EX プラス 消臭芳香剤 液体 プロテクトガード 本体 360ml
価格:\318

赤ちゃんの花粉症対策②乳酸菌の摂取

乳酸菌を摂取することで免疫機能が高まり、花粉に過敏に反応するアレルギー症状が緩和されるといわれています。乳酸菌を最も手軽に摂取できるのは、ヨーグルトです。ヨーグルトは赤ちゃんでも食べやすいので、アレルギー体質で花粉症が心配という赤ちゃんは、離乳食を開始したらプレーンヨーグルトを与えてみましょう。

ヨーグルトの酸味が苦手な場合は、潰したバナナやすりおろしたリンゴで甘みをつけてあげましょう。冷たいままだと食べてくれない場合は、電子レンジで少し温めても良いでしょう。ただし、温めすぎると乳酸菌が死んでしまうため、注意が必要です。

赤ちゃんの花粉症対策③空気清浄機で花粉を除去する

赤ちゃんと過ごすことの多い家の中での花粉対策に欠かせないのが空気清浄機です。花粉のシーズンは窓の開け閉めや人の出入りでどうしても外から室内に花粉を持ち込んでしまいます。そのため、室内の花粉を除去してくれる空気清浄機が強い味方となってくれます。

空気清浄機を選ぶ際は、加湿機能が付いたものがおすすめです。花粉は乾燥していると舞い上がりやすく、空気中に飛散してしまいますが、空気を加湿することで防ぐことができます。

まとめ

最近は、小さな子どもの花粉症が増えているといわれており、赤ちゃんの花粉症で悩むママも多いようです。まずはご紹介したような方法で予防を心がけ、花粉症が疑われる症状がみられた場合はできるだけ早く病院へ行くようにしてください。花粉症の時期はおでかけシーズンと重なることが多いので、花粉症の心配や症状を少しでも和らげて、家族でおでかけを楽しめるといいですね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 アレルギー 花粉症

この記事を書いた人

さゆりん

2015年に出産し子育て真っ最中の主婦です。
転勤族の夫にくっついて日本全国を転々としています。

...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんも花粉症になる?症状・予防・対処法まとめ