1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理前にでる風邪の症状。原因は月経前症候群?妊娠?風邪?

生理前にでる風邪の症状。原因は月経前症候群?妊娠?風邪?

生理前にでる風邪の症状。原因は月経前症候群?妊娠?風邪?のタイトル画像

生理前になると不思議と体調を崩す方っていますよね。異様にダルくなったり悪寒がしたり、微熱がでることもありますよね。調べてみると、こういう人って意外と多いことがわかりました。生理前にでる風邪によく似た症状の原因や対処法など、紹介したいと思います。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174007780
目次 生理前に現れる風邪症状とは?
生理前の風邪症状の3つの原因
原因①風邪
原因②月経前症候群
原因③妊娠初期症状
生理前の風邪症状の原因を見分ける方法
生理前の風邪症状の対処法
まとめ

生理前に現れる風邪症状とは?

生理前に風邪のような症状に悩まされる人ってけっこういるみたいです。

いつもと変わらぬ過ごし方をしていたのに急に重だるくなって、なんだか鼻も詰まっているし喉も違和感が出てきて…風邪でもひいたのかと思って熱を測ると微熱がある。でも、風邪のわりには症状が軽いし何だろう…。

でも、あるとき気づくんです。そういえば、体調を崩すのはいつも生理前だった!症状としては薬を飲むほど酷いものではないのですが、毎月のこととなると原因が気になります。

■生理前の風邪によく似た症状
・体がだるい、重い
・鼻が詰まる、鼻水が出る
・寒気がする
・喉が痛い
・微熱が出る

これだけみると、まるで風邪ですよね。何故、生理前にはこのような症状が出るのでしょうか。詳しく説明したいと思います。

生理前の風邪症状の3つの原因

女性は生理の前後で体が大きく変化します。生理前に風邪のような症状が出る原因として考えられるのはこの3つです。

1.本当に風邪をひいたから
2.月経前症候群だから
3.妊娠したから


体のだるさや悪寒、熱っぽさは、風邪をひいたら当然出ることですし、また妊娠をした時の初期症状でも見られる症状です。また、月経前症候群でもこのような症状はありますから、この3つの原因のうちどれに当てはまるのかを考えるといいと思います。

原因①風邪

■風邪とは?
風邪というのは、ウイルスが鼻や喉から入り込んで感染することで起こる急性炎症のことを言います。鼻水や咳、発熱などは、体の防衛本能として出てくる症状なんです。

■原因
上記に書いたように、ウイルスが原因です。風邪の原因となるウイルスは1つではなく多種多様で、複数のウイルスに同時に感染することもありますし、同じウイルスでもその年によって変化を繰り返したりしますので、一度感染してそのウイルスに免疫ができていても、また変化したウイルスに感染して、風邪を繰り返します。

■特徴
咳、喉の痛み、発熱、鼻水、頭痛、倦怠感、食欲不振など、感染したウイルスによって色んな症状が出てきます。

■予防
風邪は人から人へと感染していきます。ですから、予防は風邪をひいた人からウイルスをもらわないこと。よく言われることですが、うがいと手洗いが予防の基本です。人混みへ出かけるときはマスクも効果的ですね。

原因②月経前症候群

■月経前症候群とは?
月経前症候群とは、生理前の心身の不調のことをいいます。多くの方は月経前症候群と聞くと、イライラするといった心の不調を思い浮かべるかもしれませんが、イライラに治まらず、乳房が張って痛んだり、熱が出たり、という体の不調を訴える人も多いです。

■原因
何故、月経前症候群がおこるのかという具体的な原因は、実ははっきりわかっていません。ですが、以下の3つが可能性として考えられています。

・女性ホルモンの影響プロゲステロンという別名黄体ホルモンの影響です。このホルモンの分泌が増えることが影響していると考えられます。
・脳内物質の低下…排卵をすると卵胞ホルモンの分泌が低下するので、同時に快楽を感じるセロトニンという物質も急激に下がることになります。それが、ネガティブな感情を引き起こしていると考えられます。
・ビタミンやミネラルの欠乏…月経前症候群の人は、ビタミンやミネラルが欠乏状態にあると言われているようです。

■特徴
不快症状は、生理が始まる約2週間くらい前から現れますが、生理が始まると自然に治まることが特徴です。体と心、それぞれにこのような特徴が見られます。

・体の不調…乳房の張り、痛み、手足のむくみ、眠気、便秘、下痢、吐き気、にきび
・心の不調…イライラする、無気力になる、集中力がなくなる、不安が高まる、憂鬱になる

■なりやすい人
職場や家庭でストレスを抱えていたり、食生活が乱れている人が罹りやすいと言われています。また、細かいことが気になる几帳面な性格や、辛いことを我慢してしまう人は症状が重くなりやすいようです。

原因③妊娠初期症状

■妊娠初期症状とは
赤ちゃんができて生理の予定日を過ぎると、妊娠初期の兆候が出てきます。これを妊娠初期症状といいますが、症状が風邪とよく似ていることでも知られています。

■原因
女性は赤ちゃんができると基礎体温に変化が現れます。通常、基礎体温は、高温期と低温期に分かれていて、排卵に向かって上がっていくと高温期、着床せず生理がはじまると基礎体温は下がって、低温期に入ります。ですが、妊娠をすると高温期の状態が維持されることになり、体がほてって微熱が続いたり、だるさが出たり、風邪に似た症状が現れます。

■特徴
イライラしやすくなる、いつもと違うものが食べたくなる、すっぱいものが欲しい、匂いに敏感になる、眠気が強い、便秘、下痢、微熱、倦怠感、吐き気、下腹部の違和感など。

いかがでしょうか?イライラや眠気は月経前症候群に似てますし、微熱、倦怠感は風邪のようにも思えますね。症状が出ると風邪を疑って薬を飲みたくなる方もいると思いますが、原因が妊娠だとしたら薬の効果は期待できませんし、逆に不安になることもあるでしょう。これらの症状が出たら、それが妊娠によるものなのか、しっかり見極めた方がいいですね。

生理前の風邪症状の原因を見分ける方法

■原因の見極めは総合的な判断を

風邪も月経前症候群も妊娠も、症状が似ていることが多いので、原因を見分けようとすると混乱してしまいますよね。ですが、上記のようなそれぞれの特徴を理解して、消去法で考えていくと案外わかり易いかもしれませんよ。例えば、このような流れで考えてみてはいかがでしょうか。

1.妊娠の可能性は?
自分が妊娠した可能性があるかどうかは簡単に想像がつきます。通常であれば、前回の生理から2週間後くらいが排卵日となりますので、この時期に性交渉があったかを考えてみたときにどうですか?他にも、すっぱいものが欲しくなったり、臭いに敏感になるのは妊娠特有の症状ですから、これらのことがあれば妊娠検査薬での確認や産婦人科の受診をして明白にした方がいいでしょう。

2.風邪の可能性は?
妊娠の可能性が無ければ次に風邪の可能性を考えてみます。最近人混みに出かけましたか?家族で風邪をひいている人はいませんか?妊娠や月経前症候群でも微熱がでることはありますが、高熱になるのは風邪特有です。熱が高かったり、酷い咳や鼻水は風邪の可能性が高いです。

1・2の可能性を考えてみて、当てはまらなければ月経前症候群の可能性が強まりますよね。「イライラする」「微熱がある」など、一つの症状だけで考えても見分けるのは困難ですが、消去法で考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

例えば、“イライラするし胸が張った感じがする。熱はあるけど微熱だし、性交渉はないから妊娠ではない。風邪をひいた人は周りにいないから……”といったように、体のサインを敏感に感じて、それらを総合的に考えることが大切です。

生理前の風邪症状の対処法

生理前の風邪症状にはどのような対処法がいいのでしょうか。ここでは、風邪にも月経前症候群にも妊娠にも共通して使うことができるやり方を紹介してみようと思います。

■体を温める
冷えは万病の元といいますが、体を温めると免疫力が上がり、様々な不快症状を軽減できます。具体的にはゆっくりお風呂に入ったり、厚手の靴下やストールで足元・首元を温めるといいでしょう。お腹や首元に温めた蒸しタオルやホッカイロをあてるのも効果がありますよ。

■良質な睡眠をとる
仕事や家事で疲れていたのにぐっすり眠ったら、翌朝にはケロッと元気になったという経験をした人は多いと思います。良質な睡眠は、心も体もリフレッシュすることができます。

■適度な運動をする
運動をすると血流がよくなり、体の抵抗力が上がりますから症状の改善が期待できます。運動する時間がとれない人は、エレベーターの代わりに階段を使うとか、一駅だけ歩いてみるとか、毎日のちょっとした時間で工夫するといいですよ。

■バランスのいい食事をする
偏った食事はしていませんか?カフェインの摂りすぎは神経が興奮してしまいますし、甘いものの食べ過ぎもよくありません。心のイライラをとるには、カツオ、ナッツ類、レバー、海藻などのビタミンB6やカルシウム、マグネシウムが効果的だと言われています。

■ストレスをためない
ストレスが溜まると体の抵抗力が弱まりますので、感染症にかかりやすく、ホルモンバランスも崩れてしまいます。上記で紹介した運動でストレスを発散させてもいいですし、好きな映画を見たりカフェでゆっくりしたり、自分なりの方法でストレスをためないように心掛けましょう。

いかがでしょうか。どれも健康な生活を送るうえでの基本となることかもしれません。症状を完全に無くすことは難しいかもしれませんが、これらのことを意識するだけで軽減することは可能だと思います。

まとめ

女性の体は複雑ですね。男性であれば、「体調が悪い=風邪」で済むことが、女性だと「体調が悪い=風邪?月経前症候群?妊娠?」と、色んな可能性が出てきます。

生理って毎月のことですから、何か月も続くと嫌になってしまいますが、でも、症状が出るのはそれだけ女性としての体の仕組みが機能しているということです。嫌がらずに上手に付き合っていく方法を探した方がよさそうですね。この記事が少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 健康管理 生理 妊活・不妊

この記事を書いた人

まる

はじめまして。

3人の男の子を育てているママであり、元保育士です。
長男は10歳、次男・三男は4歳の双子です。
バタバタと賑やかな毎日を送っています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理前にでる風邪の症状。原因は月経前症候群?妊娠?風邪?