私が妊娠したかもと思って最初に行った病院は婦人科のみで分娩ができない病院でした。
そして、最初のエコーでは「ん?なんかもう1つ見えるけど、たぶんただの影だろう」と先生に言われました。

そして2回目のエコーで完全に2人、つまり双子ということが分かったのです。
妊娠、しかも双子とうことで喜ぶ私に険しい顔をした先生がからのまさかの言葉・・・。

もちろん単胎妊娠に比べて、多胎妊娠にリスクがあることは分かっています。
とはいえ「おめでとう」すらも言ってくれない先生に対して、私はあまりよいイメージがなくなってしまいました。

その次の健診からは出産する予定の病院に移ったのですが、その病院では「双子ちゃんだってね、おめでとう!リスクもあるからいろいろ気をつけていこうね」と言ってもらうことができました。

同じ「双子の妊娠」でも、先生によってかける言葉も違うんですね。
私にとっては人生はじめての妊娠。不安な気持ちになっていましたが、その先生の言葉で「ここなら安心して産める!」と思うことができました。