1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 歯周病が早産の原因!? 妊娠中こそ歯科治療

歯周病が早産の原因!? 妊娠中こそ歯科治療

歯周病が早産の原因!? 妊娠中こそ歯科治療のタイトル画像

妊娠するとつわりのために口の中のケアがおろそかになり、歯肉炎や歯周病になることがよくあります。また、歯肉炎や歯周病が早産とも関係しているということも。どのようなことに注意すれば良いのかチェックしていきましょう。

歯周病の人は早産リスクも高い!

近年いろいろな研究から、歯肉炎や歯周病が口の中だけでなく全身に関与することがわかってきました。それだけではなく、歯周病が早産のリスクであるという研究結果も報告されています。歯周病を患っている妊婦さんは歯周病でない妊婦さんよりも、37週未満で生まれたり、2500g未満の低体重児を出産する可能性が高いことがわかったのです。

歯肉炎や歯周病が早産の原因となる理由

歯肉炎・歯周病と早産との関係はさまざまな説があり、まだ研究途上ではありますが、少しずつメカニズムも解明されつつあります。歯肉炎や歯周病によって歯茎に炎症が起きると、子宮収縮作用のある物質の分泌が促され、それによって子宮が収縮して早産に結びついてしまうようです。つまり、歯周病による炎症が進んでいる人ほど、子宮収縮作用が強くなってしまうということになります。また、妊娠すると女性ホルモンの関係で歯肉炎になりやすいこともわかっています。

歯周病が早産の原因!? 妊娠中こそ歯科治療の画像1

妊娠中期を過ぎたら早めに歯科検診へ

妊娠すると歯肉炎になりやすくなる上に、つわりにより歯磨きがきちんとできないことも加わって、口の中の状態が悪くなりやすくなっています。したがって、歯茎から出血したり、歯茎が腫れるなどの症状が見られたら早めに受診するようにしましょう。歯肉炎も初期の段階ならば、歯垢を除去して歯のクリーニングをするだけでかなり改善します。治療を受ける際は妊娠中であることを必ず告げるようにしてください。また、歯肉炎の症状が特に見られない場合でも、予防のために妊娠中期になったら歯科検診を受けておくことをおすすめします。

歯周病の予防にはまず歯磨きをしっかりと

歯周病を予防するためには、歯磨きをする習慣をしっかりとつけることが大切です。歯を1本1本ていねいに磨いていきましょう。つわりで歯磨きをするのがつらい時は、歯ブラシをヘッドの小さいものに変えてみるなど工夫をしてみてください。また食事の後などは、うがいやマウスウォッシュなどで口の中を清潔にするように心がけましょう。妊娠中は歯肉炎になりやすいため、殺菌効果のある歯磨き粉やフッ素入りの歯磨き粉を使うようにするのも良いですね。

歯や歯茎のためには栄養バランスも大切

歯と歯茎の健康のためには、歯磨きだけでなく栄養バランスも大切になります。妊娠中の体や赤ちゃんのことを考えても、バランスのよい食事を取るように心がけましょう。特に、歯や歯茎に必要な栄養素には、たんぱく質、カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンDなどがあります。これらは、魚介類、乳製品、緑黄色野菜、果物、豆類などに多く含まれているので、積極的に食べるようにしましょう。また、ビタミンDは日光によって皮膚内で生成されるため、適度に日光に当たることも大切です。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

さちえ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 歯周病が早産の原因!? 妊娠中こそ歯科治療