1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 実は遺伝性もある「熱性けいれん」4つの対処法とは?

実は遺伝性もある「熱性けいれん」4つの対処法とは?

実は遺伝性もある「熱性けいれん」4つの対処法とは?のタイトル画像

生後6ヶ月から5~6歳までの乳幼児期に発症しやすい「熱性けいれん」。全ての子どもの4〜8%に見られ、遺伝性があると言われています。私の娘は1歳3ヶ月の時に発症し、娘がけいれんする姿を見ました。その時の体験談を対処法を交えてご紹介します。

初めての熱性けいれん

実は遺伝性もある「熱性けいれん」4つの対処法とは?の画像1

お昼寝から起きた娘の体が熱い!

体温を測ったら38度以上だったので、妊娠8ヶ月まで勤めていた元職場でもあるクリニックに駆け込みました。

実は遺伝性もある「熱性けいれん」4つの対処法とは?の画像2

静かになったと思ったら、けいれんしだした!

実は、看護師をしていた時にも、誰かがけいれんしているところは見たことがありませんでした。 でも、白目を向いて小刻みに体をガクガク揺らしている娘を見て「間違いなくこれは熱性けいれんだ!」と思いました。

娘を抱えたまま足早に処置室へ行き、処置室のベッドに娘を寝かせ、処置室にいた看護師さんが、傍に駆けつけてくれました。

実は遺伝性もある「熱性けいれん」4つの対処法とは?の画像3

チアノーゼとは、血中の酸素が不足して二酸化炭素が増加することです。娘はけいれんにより一時的に呼吸が止まってしまい、チアノーゼになりました。

けいれんで死んでしまうということはないのですが、我が子のけいれんしている時の白目を向いた顔や真っ青な肌、泡を吹いている姿を見ると「死」連想して不安になりました。

実は遺伝性もある「熱性けいれん」4つの対処法とは?の画像4

「お母さん冷静ですごいわね。私なんて娘の時、パニックになって救急車呼んだわ。」と看護師さんは言ってくれましたが、私も頭の中は不安と心配でいっぱいいっぱいでした。娘のけいれんは5分もなかったのですが、それはもう長く長く感じました。

少しずつ力が抜けるようにけいれんは治まっていき、けいれんが終わった後しばらくボーっとしていて、名前を呼んでも反応がありませんでした。娘の場合は、先生が聴診してのどに吐物がつまっているとのことで吸引をしてもらい、その刺激で娘は大泣きし、意識が戻りました。

まずは冷静になり落ち着くこと!4つの覚えていてほしいこと!

娘の場合は病院内でけいれんが起こりすぐに見てもらえたのですが、自宅でけいれんがおきることの方が多いと思います。
まずはお母さんが落ち着いて、下記の4つの事に気を付けて欲しいと思います。

①けいれんしてる時間の計測
②衣服を緩める
③けいれんが対照的であるかを見る
④嘔吐してしまった時の為に、吐物で窒息しないよう顔を横に向けて寝かせる


けいれんしている時間が5~10分以上続いたり、反復して起こる場合はすぐに救急車を呼んでください。
熱性けいれんであれば左右対称なけいれんが起こりますが、左右非対称なけいれんの場合はその他の病気である可能性があります。

娘の事例ではけいれんし始めたのが病院だったので、けいれんが終わった後吸引器を使って吐物を除去することが出来ました。
しかし自宅や外出先には吸引器は無いので、顔や体を横向きにすることをぜひ覚えていてほしいと思います。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 熱性痙攣

この記事を書いた人

仲 恵麻

ご縁あって名古屋出身の主人と結婚。
実家遠いけど一姫二太郎育児頑張ってます。
出産の為看護師を辞め、現在に至る。
1983年生まれ。長崎・五島列島出身。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 実は遺伝性もある「熱性けいれん」4つの対処法とは?