1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 入園までに準備するもの・つくるもの

入園までに準備するもの・つくるもの

入園までに準備するもの・つくるもののタイトル画像

保育園や幼稚園に入園するにあたり、準備しなければいけないものがたくさんあります。物だけでなく、心と体の準備も大切です。園によって必要な物は異なりますが、ここでは準備しておきたい一般的な物をまとめました。

お弁当や靴など生活に関連した準備物を選ぶポイント

お弁当箱は子どもが自分で開閉するため、蓋の開閉がスムーズな物を選ぶとよいでしょう。ゴムバンドがあれば、汁漏れを防げます。コップはプラスチック製で、底が安定しており、取っ手が大きいとよいでしょう。靴は、自分で脱いだり履いたりしやすいスリッポンタイプやマジックテープで、足にフィットするサイズにしましょう。傘は黄色やピンクなど目立つ色にすると、車などから見えやすく安全です。

お道具や布、袋関連の準備物を選ぶポイント

お道具箱にはのりやクレヨン、はさみなど工作などで使う道具が入っています。はさみを使うときには人の方に刃先を向けないことや、座って作業するなど、はさみの使い方を事前に教えておくとよいでしょう。のりは口に入れる可能性もあるため、子ども用のものを選ぶと安心です。園によっては指定があるため、事前に確認しておきましょう。お弁当袋は包むタイプよりも口が紐を引っ張るタイプの方が、子どもにとって扱いやすいためおすすめです。上履き袋も子どもが使いやすいよう、口の開閉がしやすいものを選びましょう。袋系は手作りをすることもできるため、子どもの好きな柄の布で作ってみてもよいかもしれません。

入園アイテムを選ぶときに注意したいこと

直前で慌てないよう早めに準備するのは大切なことです。ただ、あまりに早く準備をしてしまうと、入園するときには選んだアイテムのキャラクターが、流行遅れや子どもにとって関心のないものに変化してしまったりする可能性があります。子どもの好きなキャラクターや絵の入ったアイテムは、案外子どものやる気を左右するものです。購入のタイミングには気を付けてください。また、袋系の入園グッズを手作りでと考えている場合には、入園ギリギリだと間に合わなかったり、材料が売切れたりしていることがあります。計画的に進めていくとよいでしょう。

入園までに生活リズムを整えよう

保育園や幼稚園に通い始めると、おうちで過ごしていた時と生活リズムが変わってきます。特に変化があるのが、朝ではないでしょうか。登園時間が決まっているため、その時間に合わせて起床や朝食、登園準備を行わなければいけません。特に4歳や5歳の子どもは自分でやりたがりますし、1人でできるようになるためにも、子どもにやらせる必要があります。そのため、余裕をもって出発から1時間半前には起床する練習をしておくとよいでしょう。

入園までに準備するもの・つくるものの画像2

子どももママも心の準備をしよう

これまでとは全く違う環境に飛び込んでいくのですから、子どもはもちろん、ママも不安でいっぱいでしょう。入園までに親子の触れ合いをしっかりし、子どもと離れる辛さや不安を減らしましょう。周囲の人や家族に不安な気持ちや寂しさを聞いてもらうのもよいかもしれません。子どもには、「保育園や幼稚園に行くと滑り台で遊べるよ」「お友達がいっぱいできるよ」など、楽しみになるような声掛けをするとよいでしょう。子どもと一緒に成長していくくらいの気持ちでいると、きっと気持ちが楽になりますよ。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

あけみママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 入園までに準備するもの・つくるもの