1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめ

妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめ

妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめのタイトル画像

妊婦になってもオシャレしたいし、ヘアカラーした髪が伸びてきて「プリン」になるのはみっともない・・・。でも、妊娠中ってヘアカラーやパーマをしても大丈夫なのでしょうか?薬剤を使用することですから、心配になってしまいますよね。
妊婦さんならではの美容院を楽しむコツ・注意点をまとめました。

目次 妊娠中のヘアカラー・パーマは大丈夫?
妊婦のカラーリング・パーマによるトラブル例
ヘアカラーをする際の注意点
妊娠中に美容院を楽しむコツ
妊婦におすすめの髪型3選
まとめ

妊娠中のヘアカラー・パーマは大丈夫?

妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめの画像1

妊娠中にヘアカラーをしたりパーマをかけると、お腹の赤ちゃんに悪影響はあるのでしょうか?お医者さんや雑誌によっては、妊娠中はヘアカラーやパーマを避けた方が良いとの意見もあり心配になってしまいますよね。

大丈夫という方もいらっしゃるかもしれませんが、妊娠中のヘアカラーは注意喚起されています。母親の頭皮をから毒性物質が体内に入り、それが胎盤を通じて胎児に影響を及ぼすと言われています。また、つわりによる体調不良や敏感肌によるかぶれなどもあり、妊婦さん側のトラブルを避けるためにも、あまりオススメされる行為ではないと言えるでしょう。

危険がいっぱい、ヘアカラー!! 

妊婦のカラーリング・パーマによるトラブル例

それでは、妊婦への影響として、具体的にどんなトラブル例があるのでしょうか?

■つわり

妊娠初期のつわりの時期は、においにとても敏感になっています。妊娠前はなんでもなかったパーマ液やカラー剤の刺激臭で、気分が悪くなってしまうこともあるようです。

久々の美容院に少し緊張していたせいか、初めはカラー剤やパーマ液の臭いも気になりませんでした。ですが時間を追うごとに臭いはきつく感じられ、自分の頭部からの臭いが非常に辛く、早く追われ~~とひたすら念じていました。

思えば、妊娠してから嗅覚が敏感になり、街中の臭いでさえ気分悪くなったくらいです。体調が万全でも、強い刺激臭は妊婦にはキツイことなのかもしれません。

■肌荒れ・かぶれ

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れなどにより皮膚が敏感になっています。いままでは大丈夫だった薬剤でも、肌荒れやかぶれを起こしてしまうこともあるため注意が必要です。

赤ちゃんを産むと、まともに美容院にも行けないと思ったので、妊娠後期に最後の美容院へ行きました。お腹が大きくて、シャンプー台に寝転がるのもキツかったのですが、長年お世話になっている美容師さんなので、その辺は遠慮なく甘えてしまいました。
最後にカットとパーマをお願いするつもりだったのですが、肌荒れから頭皮も乾燥が激しく、美容師さんからもカットだけにした方が良いと言われました。パーマやカラーは、妊娠中に行なっても問題はないとは言いますが、シャンプー台に寝るのもキツイ状態なので、無理しなくても良いと思い、私もその言葉通り、見送ることにしました。

■腰痛やお腹の圧迫など

長時間おなじ姿勢で座っていることで腰痛を起こしてしまったり、妊娠後期にはお腹が苦しくてシャンプー台に仰向けになれないなど、無理な体制によるトラブルもあるようです。

もしヘアカラーをされるのなら、安定期に入ってから美容院でして下さい。ただし妊娠後期になると長時間座ったままだと腰がすっごく痛くなるので、クッション等を持参されることを強くすすめます!

ヘアカラーをする際の注意点

妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめの画像3

上記のようなトラブル例もありますし、生まれてくる赤ちゃんのことを考えるとオススメできるものではありませんが、どうしてもヘアカラーを楽しみたい方は、以下の点に注意してみてください。

■市販のカラーリング剤は使わない

妊婦さんにとっては、おうちで手軽にカラーリングができればうれしいですよね。でも、市販されているカラーリング剤は、一般的に美容院で使われているものに較べて刺激の強いものが多く、肌荒れやかぶれの原因になってしまうかもしれません。パッケージに、妊婦さんの使用は避けるよう書かれているものもあるため、市販のカラーリング剤は避けた方がよいでしょう。

■美容師さんに妊娠していることを伝える

美容院でヘアカラーをする際にも、美容師さんには必ず妊娠していることを伝えましょう。刺激が少なく、染料成分の子宮への侵入が少ないカラー剤を選んでもらえたり、待ち時間を少なくしてくれるなど、姿勢や体調にも気を遣ってくれるでしょう。

■アレルギーテストをする

今までカラー剤でかぶれたことのない人でも、妊娠中は体質が変わったり敏感肌になったりと、アレルギー反応が出てしまうこともあります。そこで、薬剤を使用する前にアレルギーテストをしてもらうようにしましょう。まず、手首や腕の内側など柔らかい部分にカラー剤を少量つけます。10分置いて、皮膚に異常があらわれなければ問題なく使用できるでしょう。

妊娠中に美容院を楽しむコツ

女性にとって美容院は、リラックスできたりキレイになれたり、楽しい場所ですよね。それは妊婦さんだって同じこと。ちょっとしたコツを知っていれば、妊娠中も美容院を楽しむことができますよ。

■体調の良い日を選んで美容院に行く

妊娠中は、体調が変わりやすいもの。少しでも体調に不安がある日は避けて、体調が万全の時に美容院に行くようにしましょう。

■無理な我慢をしない

妊娠していることを美容師さんに伝えてはあっても、長時間の同じ姿勢が大変なことや、トイレが近いことなど、自分にとって辛いことがあれば我慢せず美容師さんに伝えましょう。ときどき体制を変えたりこまめにトイレに行ったりと、快適に過ごせるよう配慮をしてくれるでしょう。

■シャンプー台での体制

お腹がおおきくなってくると、仰向けでシャンプー台に寝るのはとても辛いものです。最近は、仰向けにならずに椅子に座った状態で頭だけを倒すシャンプー台も増えてきていますので、そのようなシャンプー台のある美容院を探してみるのも良いかもしれません。仰向けになるタイプのシャンプー台でも、可能であれば靴を脱いで膝を立てる体勢になると少しラクになるようです。

■通いなれた美容院に行く

妊娠中のパーマやヘアカラーは、なにかと美容師さんに配慮をお願いするもの。気軽にいろいろなリクエストができるよう、通いなれた美容院があればそこに行くようにしましょう。

妊婦におすすめの髪型3選

妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめの画像5

妊娠中も、自分の好きな髪型でオシャレしたいですよね。でも、体調が不安定だったり思うように美容院に通えなかったり・・・。そんな時期でも、手軽にまとまって簡単にアレンジもできる、おすすめの髪型を紹介します。

妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめの画像6

■ショートヘア

なによりシャンプー・ドライヤーが楽ちんなショートヘア。髪色は、なかなかカラーができなくても目立たない暗めがおすすめです。ウェット感のあるスタイリング剤を使えばオシャレ感も演出できます。

妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめの画像7

■ショートボブ

ショートの快適さと、適度な女性らしさをあわせ持ったショートボブ。ハーフアップにしたりサイドで編みこみをすれば、ちょっとしたお出かけヘアにも。

妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめの画像8

■ミディアムボブ

やはり黒髪の、ミディアムボブ。ワンレングスで前髪も一緒に束ねられるので、産後の赤ちゃんのお世話にも邪魔になりません。これぐらいの長さがあれば、巻き髪など女性らしいよそゆきアレンジも楽しめます。

まとめ

妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめの画像9

妊娠中は、つわりなど体調の変化や、お腹が大きくなって体型が変わったりと、ついつい自分のオシャレまで気持ちが向いてくれないことも多いもの。でも、そんな時こそ美容院でキレイになって、リフレッシュしてみることは大切です。実際、赤ちゃんが産れてからはまとまった時間が取りにくく、行きたくてもなかなか美容院に行けないとの声も耳にします。

いろいろな心配事のために美容院に行くのを諦めてしまうより、ちょっとしたコツを押さえることで美容院を楽しむことは必要です。ただ、ヘアカラーについては、生まれてくる赤ちゃんのことを思い、本当に自分に必要かどうか?を一度、考えてみてくださいね。あっという間の妊婦生活、ヘアカラーに限らずヘアスタイルを変えるだけでリフレッシュできたりと、自分らしさを大切にできることがたくさんあるはずです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠中の生活 妊娠

この記事を書いた人

あだちこ

小学生の長女、長男の子育てをしています。
何年やっても、子育てって悩みや迷いの連続ですよね。
そんな毎日に、時々キラリと輝く瞬間があって、それが子育ての醍醐...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中のヘアカラー・パーマはNG?美容院の楽しみ方と注意点、妊婦におすすめの髪型まとめ