1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊娠をしたら生活を見直そう

妊娠をしたら生活を見直そう

妊娠をしたら生活を見直そうのタイトル画像

妊娠中は、日常生活の中で注意すべきことがあります。煙草やアルコールを控えるだけでなく、実は食事や運動にもポイントがあります。ここでは、妊娠中の生活改善について解説します。

妊娠がわかったら、まずは食生活改善を

妊娠中の食事によって胎児の体質は決まるとも言われるほど、妊娠中の食生活は重要です。特に気を付けたいものが、添加物です。アレルギー性や発がん性のある食品もあるため、成分表示を確認し、なるべく添加物の入っていないものを食べるようにすると安心です。緑黄色野菜には、妊娠中に特に必要とされる葉酸や鉄分などの栄養が豊富なため、無農薬のものを選び、火を通して積極的に摂取するようにしましょう。特に和食での摂取がおすすめです。

家事は適度にこなすのがポイント

妊娠すると、疲れやすく、体調が悪くなることがあります。体に不調が出ているときは無理をせず、自分のできる範囲で、時には家事も力を抜くことが大切です。特につわりの時期や臨月には、ちょっとした家事が大きな負担に感じる人も多いでしょう。自分ひとりで頑張ろうとせず、家族に頼ったり、外食をしたり、翌日にまわしたりなどの工夫をしましょう。比較的体調のよい安定期などに、家の整理整頓をしておくのもいいかもしれません。

妊婦には危険がいっぱい!?身近に潜む危険

妊娠中、特に初期には注意力が散漫になっているため、車や自転車の運転をする場合は短距離にしましょう。自転車やバイクで重い荷物を運ぶのも転倒の心配があるため、なるべく避けましょう。家の中でも安心はできません。浴室や階段などは、特に妊娠中期以降お腹が大きくなってバランスが取りづらくなり、転倒したり滑ったりする可能性があります。流産や早産を招く可能性もあるため、滑り止めマットや手すりの活用がおすすめです。

適度な運動で体力をアップさせよう!

妊娠中は、運動不足になりがちな人も多いです。出産時には体力を使うため、安静指示がなく体調がよい場合には、安定期に入ってから適度な運動で体力をつけることをおすすめします。運動といっても激しい運動は禁物です。マタニティビクスやマタニティヨガ、妊婦体操などがおすすめで、産院や保健所などが教室を設けています。また、買い物を徒歩に変えたり、天気のよい日に散歩をしたりすることで、気軽にウォーキングを始められます。

できるだけストレスの少ない生活を

妊娠中は、体内のホルモンバランスが変化することで、精神的に不安定な状態になることがあります。イライラしたり、落ち込んだり、猛烈な眠気に襲われたりと、症状の現れ方は人によって様々です。神経質になりすぎないよう、周りに頼りながら自分を責めないように心がけましょう。おおらかな気持ちで過ごしたり、友達と会って買い物や食事を楽しんだりするなど、自分なりにリラックスできる方法を見つけてストレスを減らすとよいでしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ひろりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊娠をしたら生活を見直そう