1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理不順に効果的!低用量ピルの種類・メリット・デメリット・リスク・安全性を徹底解説!

生理不順に効果的!低用量ピルの種類・メリット・デメリット・リスク・安全性を徹底解説!

生理不順に効果的!低用量ピルの種類・メリット・デメリット・リスク・安全性を徹底解説!	のタイトル画像

避妊の目的で服用する人が多い低用量ピル。実は生理不順を改善したり、生理のコントロールが可能なお薬でもあります。中には個人輸入で格安で入手している人も。そのメリットやデメリットを確認しておきましょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030031112
目次 生理不順に低用量ピルが効く理由は?
生理不順以外にも効果的!低用量ピルを服用する5つのメリット
低用量ピルを服用するデメリット・リスク
低用量ピルの服用方法
万が一飲み忘れてしまった場合の服用方法・効果
処方箋がないと低用量ピルは買えない?  
人気の低用量ピルの種類
まとめ

生理不順に低用量ピルが効く理由は?

ピルは、排卵のタイミングをコントロールして妊娠を回避するため、避妊に効果があります。そのほか、生理不順を解消したり、生理痛を抑える効果もあるため、避妊薬としてだけではなく様々な目的で多くの女性が服用しています。

中でも低用量ピルは、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンが少量ずつ含まれている錠剤のピルを指します。低用量、というのはエストロゲンが50μg以下であるということを示しています。この低用量ピルを毎日1錠服用すると、ほぼ100%避妊することが可能となります。

また、低用量ピルはすべての錠剤に同じホルモンの量が含まれる「一相性ピル」と、生理周期に合わせてホルモン量を調整した「段階型ピル」の2種類があります。

生理不順以外にも効果的!低用量ピルを服用する5つのメリット

低用量ピルには以下のような効果が期待できます。

1.生理周期を調整できる
旅行やプールなどのレジャーや大切な試験など、生理が来てほしくないタイミングに合わせて、生理を回避することが可能です。

2.肌がきれいになる
ホルモンバランスが整い、ニキビが減ったり肌がきれいになる副次的効果が期待できることも。

3.生理痛が軽くなる
ピルは子宮内膜が厚くなりすぎる前に生理を起こす効果があるため、出血量をぐっと少なく抑えることが出来ます。それにより生理痛の痛みを軽減できます。

4.生理周期を整え、生理不順を治します
生理周期が毎回バラバラな人でも、ピルを服用する事により規則的な周期で生理がくるようになります。

5.病気の予防
更年期のホルモンバランスを安定させることにより、更年期障害や骨粗鬆症を予防できる効果があります。また、排卵を止めてホルモンを調整するので子宮内膜症の原因となる子宮内膜が増えすぎるのを抑えたり、子宮筋腫の悪化を防ぐこともできます。

低用量ピルを服用するデメリット・リスク

ピルは比較的安全な薬ですが、飲めない人や副作用もあるので注意しましょう。

■ピルを服用する事ができない人
・妊娠を希望する人
・喫煙 15本/日以上かつ35歳以上の人
・未治療、治療中の乳がん、子宮体がんがある人
・血栓症、凝固異常の病気が過去にある人

■人によっては副作用があります
体質に合わず副作用が出ることもあります。吐き気、不正出血、体重増加、むくみ、頭痛、倦怠感、乳房の張りなどです。それでも、3か月ほど服用を続けると体が慣れてきて、副作用がおさまることも多くあります。

■重大な副作用、血栓症
重大な副作用としては血栓症がおこる可能性があります。血栓とは血液の中にできる血の塊で、本来は止血をする働きがありますが、血管に突然つまって脳こうそくや心筋梗塞の原因になるおそれもあります。

血栓症の病歴がある人や、血栓症の家族がいる人、喫煙している人はよりリスクが高くなります。

低用量ピルの服用方法

日本で認可されている低用量ピルは、生理の初日に飲み始めます。1シート目の21錠を服用したあと、7日間の休薬期間を取るのがポイントになります。休薬期間があると飲み忘れにつながるので、効き目のない偽薬のついた28錠タイプで毎日飲むものもあります。偽薬服用中は実薬を飲んでいないのでやはり休薬期間なり、この期間中に生理が来ます。

ピルの服用時刻は何時に設定してもかまいません。食前食後も関係ありません。生活パターンを考えて、もっとも飲み忘れの生じにくい時刻に飲むようにして下さい。普通は水で飲みますが、ジュースやお酒で飲んでも、効果にかわりはありません。

■飲み忘れに注意
ピルの面倒な所は、毎日決まった時間に飲む必要があるところです。そうすることで体内のホルモン濃度を一定に保つことができるようになるわけです。基本的には12時間以内のズレ、24時間以内のズレであれば問題ないとされるケースがほとんどです。また、28錠タイプの場合、後半7日間は偽薬なので飲み忘れても問題ありません。

飲み忘れると、効果がなくなることもあるので注意が必要です。特に第一週目の飲み忘れは排卵してしまい、避妊効果がなくなる危険性が高くなります。

万が一飲み忘れてしまった場合の服用方法・効果

ピルに飲み忘れは厳禁です。それでも飲み忘れてしまった場合は、以下のように対応しましょう。

■12時間以内の遅れ
12時間以内の遅れであれば大丈夫といわれています。思い出したときにすぐ服用すれば避妊効果は持続します。次の服薬は通常通りの時間になるので、1日に2錠飲む形になることもあります。

■12時間~24時間以内の遅れ
飲み忘れに気づいた時点ですぐ1錠飲み、その日も通常通りの時間に服用しましょう。その日は1日に2錠飲むことになります。妊娠の可能性は少し高くなってしまうので、14日間はコンドームの使用をおすすめします。

■2錠以上飲み忘れた(24時間以上の遅れ)
【方法①】服用を一時中断します。数日以内に出血が始まるので、出血3日目からまた新しいシートを開始します。
【方法②】本来の服用時間から24時間以上の遅れで気付いた場合には、すぐに1錠目と2錠目を服用します。次の日の朝にその日の錠剤を服用します。さらにその日の本来の服用時間に、もう1錠服用します。この1錠には21日目の錠剤を使います。2日間2錠ずつ服用し、3日目からは通常通り服用します。それでも、このケースでは妊娠の可能性が高くなります。

■28錠タイプで22~28番目を飲み忘れた
28錠タイプの場合、偽薬(22番目から28番目)には薬剤が含まれていないので、飲み忘れても問題はありません。

詳しくは主治医の指示に従ってくださいね。

処方箋がないと低用量ピルは買えない?  

避妊目的であっても低用量ピルは医薬品なので、医師による処方箋がないと購入できません。一度、婦人科を受診して身体に合ったピルを処方してもらいましょう。ただし、避妊目的の場合は健康保険の適用外なので、全額自己負担となります。

■個人輸入は安いけれど、服用は自己責任

経済的な負担を抑えるために、輸入代行業者による通販サイトを利用する人もいるようです。一般の個人が自分で使用する(いわゆる個人輸入)する場合には、特例的に輸入することができるのです。ただしこの場合、自己責任となります。

通販の場合、通院しなくて済むことや、低価格のジェネリック医薬品を購入できる場合があること、また自分で種類を選ぶことができるのはメリットといえます。

一方、医師の処方を受けないため、使用は自己責任となります。正しい使用法をしていても、身体に合わないことや副作用などの心配はあります。また、使用法が外国語記載の場合も多いので、正しく読みとれるかという問題もあります。

通販サイトはこうしたメリット、デメリットを把握した上で利用しましょう。

医薬品等の個人輸入について(厚生労働省)

人気の低用量ピルの種類

■トリキュラー

21錠×1箱
価格:2,980円

日本で広く普及している低用量ビルです。トリキュラーは、確実に避妊できる限界値までホルモン量を下げているので、他のホルモン剤よりも比較的副作用が少ないことで知られています。

■マーベロン

生理不順に効果的!低用量ピルの種類・メリット・デメリット・リスク・安全性を徹底解説!	の画像6

28錠×1箱
価格:927円

ホルモンバランス変化による体重変化やニキビ発生が少なく、また不正出血を起こしにくいのが特徴の低用量ピルです。

■ヤーズ

生理不順に効果的!低用量ピルの種類・メリット・デメリット・リスク・安全性を徹底解説!	の画像7

28錠×1箱
価格:2157円

排卵を抑える作用があるため、月経の痛みを軽減する効果があります。 通常、月経困難症の治療に用いられます。

■フェミロン

21錠×1箱
価格:3,280円

視床下部の脳下垂体に働きかけ卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を促します。避妊目的で服用する場合が多いですが、それ以外にも生理痛や生理不順の改善、卵巣がん予防などの効果もあります。

まとめ

避妊の方法としては男性がコンドームを着用するのが一般的ではありますが、予期せぬ妊娠で肉体的な負担を追うのは女性です。低用量ピルを服用することで、避妊を男性に任せるのではなく自分で主体的に行う可能になります。

低用量ピルは上手に活用すれば、多くのメリットがある薬です。可能な限り医師の指導を受け、ストレスのない毎日を送りましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 月経周期 妊活 妊活・不妊

この記事を書いた人

opposite

友達大好き!元気いっぱいの我が子にいろいろな事を教わりながら、楽しい日々を過ごさせてもらっています。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理不順に効果的!低用量ピルの種類・メリット・デメリット・リスク・安全性を徹底解説!