1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 胎児の胎動について

胎児の胎動について

胎児の胎動についてのタイトル画像

お母さんのお腹の中で胎児が動くことを胎動と言います。胎動はいつ頃から始まり、妊娠週数によってどう変化するのでしょうか?ここでは、胎動について詳しく解説していきます。

胎動はいつ頃から感じるようになるのか

そもそも赤ちゃんはいつ頃から動くようになるのでしょうか?実は妊娠8週頃から自分で動くことができるようです。しかし、妊娠初期は胎児が小さいため、お母さんが気付くことはありません。お母さんが初めて胎動を感じるのは、だいたい18週から20週くらいが多いようです。胎動を感じ始める時期には個人差があり、早い人だと16週くらいから、遅いと22週過ぎてから感じる人もいます。ですから、胎動を感じる時期が遅くてもあまり心配する必要はありません。

最初の頃はお腹がゴロゴロする感じ

胎動というと、お腹を蹴るイメージがあると思いますが、最初のうちはそうではなく、腸がぐぐっと動く感じに似ています。とは言っても今まで感じたことのない動きなので、それが胎動だとすぐに気付くでしょう。その後はどんどん胎動が大きくなっていき、キックやパンチ、ぐるっと回転する動き、伸びをするような動きといった体の動きの他に、しゃっくりのような動きも感じるようになります。さらに週数が進むと、手足の形がお腹の外からはっきりわかるくらい力強くなり、痛いと感じるほどになってくるでしょう。

胎児の胎動についての画像1

赤ちゃんはお腹の中で寝たり起きたり

赤ちゃんがお腹の中で活発に動くようになってくると、動き回っている時間帯とほとんど動かない時間帯があることに気付くでしょう。胎動をほとんど感じない時は赤ちゃんが眠っている時なのです。妊娠初期の頃は眠っている時間が長いですが、成長するにつれてだんだん起きている時間が長くなり、妊娠30週頃には20~40分のサイクルで寝たり起きたりを繰り返すと言われています。しかし、赤ちゃんのサイクルにも個人差があります。胎動に気をかけていると、自分の赤ちゃんがどういうサイクルで動くのかがだんだん掴めてくるかもしれません。

妊娠後期になると動きにくくなってくる

赤ちゃんの動きは毎日一定だとは限りません。すごく活発に動く日もあればあまり動かない日もあります。また、お母さんは赤ちゃんの胎動をすべて感じるわけではなく、自分自身が動いていたり、赤ちゃんの動きが小さい場合は胎動を感じないこともあります。ですから、今日はいつもより動きが少ないな、と感じたら、静かにお腹に集中して胎動を確認してみるとよいでしょう。また、妊娠33~34週くらいに入ると、赤ちゃんが大きくなって動きにくくなるため、胎動がゆったりとした動きになることもあります。

胎児の胎動についての画像2

赤ちゃんの胎動をカウントしてみよう

赤ちゃんの胎動が少なくなったらSOSのサインかもしれません。サインを見逃さないように、34週くらいになったら胎動をカウントしてみましょう。胎動のカウントには10カウント法が用いられます。お母さんがリラックスした状態で体の左側を下にして横になり、胎動が10回あるのに何分かかったかを計ります。胎動を10回カウントするまでの時間の目安は10~20分程度です。20分以上かかる場合は少し時間をおいて再度カウントしてみましょう。もし1時間以上胎動が感じられなかったら、病院を受診した方がよいでしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠の基本情報 胎動

この記事を書いた人

さちえ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 胎児の胎動について