1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊娠初期にお寿司はダメ?食べられるネタや食べて良い時期まとめ

妊娠初期にお寿司はダメ?食べられるネタや食べて良い時期まとめ

妊娠初期にお寿司はダメ?食べられるネタや食べて良い時期まとめのタイトル画像

妊娠中にナマモノは良くないとされています。しかし、全て生ものが良くないわけではありません。「妊娠中にだって食を楽しみたい!」という人のために妊娠初期の不安定な時期でも食べられるもの、控えたほうがいいものとをまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11021005317
usaのアイコン usa
目次 妊娠初期にお寿司(刺身)がダメな理由
どれくらいなら食べて良いの?
食べるのを控えるべきネタは?
食べても問題がないネタは?
いつから食べて良いの?
まとめ

妊娠初期にお寿司(刺身)がダメな理由

■免疫力の低下のため
妊婦さんは、妊娠前と比べて免疫力が下がっています。普段食べられていたものでも、免疫が下がっていることで食中毒を起こしやすくなっているためです。感染してしまうと胎児にも影響が出ていまうので、生魚は避けた方がいいとされています。さらに、食中毒の感染してしまったとしても、胎児への影響を考え治療ができないことも生魚を避け、食中毒のリスクを減らした方がいいとされる要因です。食中毒の影響で、発熱が起こると羊水の温度も上がってしまい、温度の変化で羊水の温度が上がり胎児の心拍数があがるなどの影響を与えてしまうこともあります。

■糖質を摂りすぎる
お寿司はご飯と魚でできており、炭水化物がとても多い食材です。すし酢には砂糖も含まれているので、通常の白米よりもカロリーの摂り過ぎになってしまいます。妊娠中は妊娠性の糖尿病や、体重増加に注意しなければいけないので、脂肪の元になる炭水化物の摂り過ぎを控えるためにお寿司は避けたほうがいいでしょう。

■水銀
魚の中には、水銀が含まれている種類があります。水銀は胎児に大きな影響を与え、生まれてきてから音に対する反応が悪くなる原因となります。微量であっても水銀には大きな影響力があり、生魚は水銀を摂取してしまう可能性が高いので、食べるのを控えるように昔から言われています。水銀を多く含む魚には、金目鯛、メバチマグロ、本マグロと馴染みの深い魚に多くみられます

どれくらいなら食べて良いの?

妊娠初期にお寿司はダメ?食べられるネタや食べて良い時期まとめの画像2

厚生労働省では、妊婦さんが食べてもいい水銀を含むお魚の量は、一週間に約80gまでと言われています。万が一、一週間に80g以上摂取してしまった可能性がある場合には翌週は控えるようにしましょう。

水銀を摂取してすぐに赤ちゃんに影響があるわけではなく、過剰に摂取しすぎると影響が考えられるので控えめにすると安心です。また、生魚にはビタミンAを含むものもあり、ビタミンAの過剰摂取も胎児の発育に影響があるので、できるだけ生魚は控える方が無難です。

食べるのを控えるべきネタは?

妊娠初期にお寿司はダメ?食べられるネタや食べて良い時期まとめの画像3

■マグロ
お寿司でよく食べられているマグロは水銀が含まれている可能性の高い魚です。しかし、どのマグロにも注意しなければいけないわけではありません。特に注意になければいけないマグロは
1.メカジキ
2.メバチ
3.クロバグロ
4.マカジキ
5.ミナミマグロ

です。上記5種類のマグロは水銀の含まれている可能性がとても高く妊娠中に食べるのにはリスクの高いものです。また大トロや中トロと呼ばれるものはクロマグロかミナミマグロを加工している場合が多く、上記の注意したいマグロの中に含まれているので注意しましょう。

■タイ類
金目鯛やキダイはマグロのように水銀量が多く、過剰摂取は胎児に影響を及ぼします。

■カジキ
カジキも水銀の含有量の多い魚です。このように、体の大きな魚には、生態系の理由から水銀の含有量が大くなっているので妊娠中には注意しましょう。

■青魚
イワシやアジ、サバなどの青魚はある程度は栄養面から摂取が必要ですが、過剰に食べすぎるのはよくありません。青魚はアレルギーを起こしやすい魚なので、控えめにしたほうがいい食材です。

■うなぎ
うなぎにはビタミンAが大量に含まれており、ビタミンAの摂り過ぎは胎児の奇形や先天性異常を引き起こす可能性があります。お寿司を食べに行って、ひと皿ほどであれば胎児に影響はありませんが、赤ちゃんのために食べ過ぎには注意したほうが良い食品です。

■魚卵
魚卵は一般的に妊娠中には良くない食べ物と言われています。魚卵にはリステリア菌という細菌の感染の可能性があり、食中毒の原因とされています。さらに、魚卵には塩分がとても多く含まれているので食べ過ぎには注意が必要です。妊娠性の高血圧もあるので、塩分の摂り過ぎには注意しほうがお母さんの健康のためです。また、イクラにはうなぎのようにビタミンAが豊富含まれているので、過剰摂取は赤ちゃんに影響が出てしまいます。

■貝類
生の牡蠣やその他の二枚貝は生で食べると食中毒になりやすい食べ物です。妊娠中は免疫も落ちているのでちょっとしたことで食中毒にかかってしまいます。食中毒のリスクを避ける為に、二枚貝は避けた方がいいでしょう。妊娠していない人でも生牡蠣にあたる人が多い食べ物なので、妊娠中は特に注意が必要で、できることなら妊娠中には食べない方が安全です。

■イルカ・クジラ
滅多に口にする機会のないイルカやクジラは体が大きい分水銀の含有量も多く、トキソプラズマに感染する可能性もあります。専門店があったり、コアなファンがいるイルカやクジラは妊婦さんにはとてもリスクが高い食材です。

サーモンやイカなどは寄生虫がいる可能性もあり、生で食べるには危険があります。有名な寄生虫にはアニサキスという寄生虫があり、体内に入ると激痛を引き起こすといわれいます。寄生虫の危険のある魚は、妊娠中には治療が限られてしまうので注意しましょう。

食べても問題がないネタは?

妊娠初期にお寿司はダメ?食べられるネタや食べて良い時期まとめの画像4

■サンマ
アレルギーを起こしやすいとされる青魚ですが、DHAを多く含んでいるので食べ過ぎなければ妊娠中の体にもいい魚です。

■卵
加熱処理されているネタなので食中毒などの危険もありません。安心して食べられるお寿司のネタです。妊娠中には酢飯が食べたくなる女性が多く、卵ならば安心してつわりの最中でも食べたいものが食べられます。

■サーモン
サーモンは比較的水銀の含有量が低いとされている食材です。

■エビ・タコ
エビ類も水銀の含有量が少ない食材なので、妊娠中でも安心して食べられます。タコもアミノ酸を多く含んでいる妊娠中にも安全な食べ物です。

■ウニ
ウニは水銀の含有量も少なく、妊娠初期に必要な葉酸が多く含まれる食材です。サプリなどで葉酸を摂取する女性も多く、お寿司が好きな女性だったらサプリで摂取するのではなく、ウニで摂取してもいいでしょう。しかし、水銀が全く無いわけではないので食べ過ぎには注意です。

お寿司屋さんにはガリやつま、わさびなどの付け合せがあります。これらの食材には殺菌効果があり、食中毒を引き起こす細菌を殺す役割を持っています。お寿司を食べに行った時には、食中毒の予防としてガリなどを積極的に食べるようにすると安心です。どの食材も絶対に安全とは言い切れないので、食中毒の予防だけでもしっかりとしておくと安心してお寿司を楽しめます。

いつから食べて良いの?

妊娠中のお寿司、いつから食べても大丈夫なの?と思う妊婦さんは多いと思います。残念ながら、いつになったら、安定期、後期になったら、好きなように食べられる、赤ちゃんへの危険がなくなるということはありません。安定期に入ったとしても妊婦さんの体は普段よりも免疫力がなく、弱った状態とも言えます。出産を終えるまで、赤ちゃんがお腹にいる間は安心して好きなように鮮魚のお寿司は食べられないものです。

妊娠中にお寿司が食べたい場合は、上記にあげたネタを食べるようにして、水銀の摂取量はできるだけ抑えるようにしましょう。

まとめ

妊娠初期にお寿司はダメ?食べられるネタや食べて良い時期まとめの画像6

妊娠したら、突然制限が増えて戸惑う女性も多くみえます。大好きな食べ物、飲み物、運動、などお腹の赤ちゃんのためにできなくなることが本当に多くあります。

お寿司もその中のひとつです。日本人ですから、お魚には親しみがあり、よく召し上がる人も多いものです。妊娠中のたった10ヵ月ですが、我慢する身には10ヵ月は相当長く感じることもあるかもしれませんが、お腹の赤ちゃんが正常に成長することを一番に考えてあげたいですね。

妊娠中の生魚、刺身の食べ方の注意

水銀が妊婦さんや胎児に与える影響

妊婦さんがリステリア菌に感染したときの胎児への影響、リステリア感染症とは

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠中の食生活 妊娠中の生活 妊娠

この記事を書いた人

usa

2歳の女の子の育児に奮闘する26歳です。
毎日の家事に育児を頑張っています。
妊娠中のことや育児についてわかりやすい記事を書いていきたいと思います。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊娠初期にお寿司はダメ?食べられるネタや食べて良い時期まとめ