1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊娠初期の妊婦健診は何をする?費用は?保険適用は?

妊娠初期の妊婦健診は何をする?費用は?保険適用は?

妊娠初期の妊婦健診は何をする?費用は?保険適用は?のタイトル画像

妊娠、出産は人生の中で大きな喜びですが、出産までの費用など、お金の面での心配もあります。
妊娠初期から出産までに費用がありますが、ここでは妊娠初期の検診について詳しく紹介していきます。

usaのアイコン usa
目次 妊婦健診とは
妊婦健診の手続き方法
妊娠初期の妊婦健診の回数
妊娠初期の妊婦健診の内容
妊娠初期の妊婦健診の費用
保険適用はされる?
まとめ

妊婦健診とは

妊婦検診とは、赤ちゃんを妊娠した女性が正常な分娩を迎えられるように観察していく検診です。正常に妊娠をしているか、母体、赤ちゃんともに健康であるか、胎児異常がないかなどを調べていきます。定期的に赤ちゃんとお母さんを調べることで問題が起きたときにもすぐに対応できます。

妊娠初期から尿たんぱくや血圧、体重などを検診の度に測っていきます。超音波検査で、赤ちゃんの成長が見られたり、赤ちゃんが成長すると手足や顔なども見られる楽しみなものになります。

妊婦健診の手続き方法

妊婦検診には自治体から補助券がもらえ、無料や一部補助などが受けられます。医療機関で妊娠が確定したら、住んでいる自治体に「妊娠届」を提出します。そうすると母子手帳とともに妊婦検診費助成の受診表がもらえます。この補助券は発行してもらった県でしか利用ができないので注意が必要です。また、申請の時は代理人でも申請が可能なので、妊婦さん自体がつわりなどで提出することが難しい場合には、旦那さんにお願いすることもできます。

市から発行された補助券を検診のときに提出することで補助が受けられます。補助券には、住所や名前などを記入する所が全ページにあるので、記入出来るところは全て記入して検診時に提出します。

妊娠初期の妊婦健診の回数

妊娠初期の妊婦検診の回数は、赤ちゃんの心拍が確認できるまでは一週間に1度ほど通院します。赤ちゃんを包む膜や心拍が確認できるまでは流産のリスクも高いので、頻繁に病院で確認してもらう必要があるからです。心拍が確認でき、安定した妊娠だと分かれば8週目から12週目くらいの間は二週間に一度、赤ちゃんの成長やお母さんの体調の確認のために通院します。

その後は、安定期に入るので、ひと月に1度の通院となります。基本的にはこのような通院スケジュールになりますが、腹痛や出血など不安な場合にはいつ病院に検査に行っても問題ありません。また。赤ちゃんの成長が見たいからとエコー写真を見るために病院に行く人もいます。

妊娠初期の妊婦健診の内容

妊婦検診では、赤ちゃんの正常な成長と、お母さんの健康を観察していきます。お腹の赤ちゃんに危険になるような症状や感染がないか、分娩時に正常に出産できるかどうかの経過を観察していくとても大切な検診になりますので、面倒がらずにきちんと通いましょう。

■妊娠初期の検診で毎回行われる検査
・体重測定
大きな体重変化がないかを調べる、妊娠中に体重が増えすぎると産道に脂肪がついてしまい、難産などにつながるので指導が入ります。

・血圧測定
基準の血圧を知ることで、妊娠高血圧症候群の有無を調べる。高血圧は妊娠中によく見られる症状なので、毎回確認し症状が出ていないかを見ていきます。

・尿検査
妊娠性の糖尿病や、妊娠中毒症にかかっていないかを調べるために行います。

・問診
毎回行われる診察ですが、気になることや不安を本人から聞くことで異常を早期に発見できます。

・内診
女性にとって内診は嫌なものですが、子宮の大きさや形、膣内や子宮内の炎症の有無の確認のために行います。妊娠初期は膣内に器具を挿入し子宮内部をチェックしますが、妊娠中期以降はお腹の上から器具を当てて胎児の発育を確認していきます。妊娠初期は流産の危険も高いので赤ちゃんの心拍を確認することはとても大切です。

・超音波検査
エコー、心拍の確認や、子宮筋腫などの出産に問題がないかを確認するための重要な検査です。

・浮腫検査
むくみは妊娠高血圧症候群を疑う要因となるためにチェックします。

・腹囲測定
お腹の周りを測定することで、太りすぎの確認ができたり、赤ちゃんが正常に成長しているか、羊水の量に異常がないかの確認ができます。

・子宮底長測定
恥骨の一番上から子宮の最上部までの長さを測り、赤ちゃんの発育具合や羊水の量を診断しますが検診の度に行われます。

■公費となり、費用のかからない検査
・問診
・体重測定
・血圧測定
・尿検査
貧血、血液型、血糖値を調べます。

・梅毒
早期に検査して梅毒を発見しないと胎盤から赤ちゃんへ感染してしまい体内で死亡してしまったり、先天梅毒として生まれてしまったりと赤ちゃんにも悪影響のある病気です。

・B型肝炎(HBs抗原検査)
お母さんがB型肝炎ウイルスに感染していると、胎児にも肝炎や肝臓ガンを引き起こす要因となってしまうので早期に確認し、もしもお母さんが感染していた場合には胎児に感染しないように処置が可能です。

・風疹(風疹抗体価検査)
胎児が形成される妊娠初期に風疹に感染すると、胎児の奇形率が高くなるので、お母さんに風疹の抗体があるかを調べます。抗体がない場合には、感染しないように注意を促し、胎児の安全を守ります。

一般的に上記のものは公費で受けられる診察ですが、公費で受けられる内容は自治体によって異なるため、実際にもらった補助券で確認したり、問い合わせをして確認するようにしましょう。

また、クラミジアやHIVなど母子感染の危険のあるものや出産の時に感染の可能性のある感染症、流産、死産に繋がるような感染症などの検査も行われ、出産までの対応することで赤ちゃんが健康に生まれてこられるように準備をしていく期間でもあります。

妊婦検診の内容

妊娠初期の妊婦健診の費用

妊娠初期の妊婦健診は何をする?費用は?保険適用は?の画像5

妊婦検診は保険適用外になるので、全額自己負担となります。初診料、膣内エコー料金、血液検査などで15,000円ほどかかる場合が多く、補助券を市町村から発行されるまでの診察にはかなりの金額がかかります。

母子手帳、妊婦検診補助券を発行してもらってからの検査は、ほとんどの検査を公費で受けられるので、0円から5,000円ほどの診察料で済みます。しかし、検査の内容や妊婦さんの健康状態によっては公費で受けられる診察で賄えない部分も出てくるので、多めに現金を持っておくと安心です。

保険適用はされる?

妊娠初期の妊婦健診は何をする?費用は?保険適用は?の画像6

妊婦検診は保険の適用はありません。どんな検査や治療になったとしても100%自費負担となります。

全額自費となるととても大きな負担となってしまうので、自治体から補助券という形で妊婦検診の割引が受けられるようになっています。基本的に妊婦検診で尿検査や血圧検査、胎児の成長について行われる検査については、この割引券でほぼ無料で受けられます。また、出産費用も自費負担となるので、さらに費用がかかります。

まとめ

妊娠初期の妊婦健診は何をする?費用は?保険適用は?の画像7

妊娠や出産はとても嬉しいことです。しかし、出産に至るまでにたくさんのお金がかかるのも事実です。計画的に出産費用をためて出産に望まなければ、せっかく生まれてきてくれる命を喜ぶことさえままならなくなってしまいます。

自治体からもらえる補助券などをなるべく多く利用して、できるだけ出費を抑えた出産ができるようにしっかりと下調べを行うといいでしょう。新たな家族を迎える時には、お金の心配をせず晴れやかな気持ちで迎えたいものです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

usa

2歳の女の子の育児に奮闘する26歳です。
毎日の家事に育児を頑張っています。
妊娠中のことや育児についてわかりやすい記事を書いていきたいと思います。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊娠初期の妊婦健診は何をする?費用は?保険適用は?