1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【中期・後期】ゴマを使った離乳食レシピ12選!

【中期・後期】ゴマを使った離乳食レシピ12選!

【中期・後期】ゴマを使った離乳食レシピ12選!のタイトル画像

健康に良いというイメージが強いゴマ。しかし離乳食の赤ちゃんにとってはアレルギーの心配もあるので、少しずつ慎重に与えていきたいもの。厚生労働所の離乳ガイドラインを参考に、ゴマの栄養をしっかり取れて食べやすい下ごしらえのコツや方法や月齢に応じた離乳食レシピを紹介します。

目次 1.ゴマはいつから食べられる?どの種類?
2.ゴマのアレルギー症状
3.ゴマの下ごしらえ方法
【中期】ゴマを使った離乳食レシピ3選
5.【後期】ゴマを使った離乳食レシピ3選
【中期・後期】ゴマを使った離乳食レシピ12選!の画像1

1.ゴマはいつから食べられる?どの種類?

【中期・後期】ゴマを使った離乳食レシピ12選!の画像2

■ゴマはいつから食べられるの?
ゴマはまれにアレルギー症状を起こす原因となるので、あまり早くに与えるのはやめたほうがいいでしょう。8〜9か月を目安に、ごく少量を風味付け程度にすりおろして使い、気になる症状が出ないかを確認しましょう。パパやママにアレルギーがある場合は、医師に相談したり赤ちゃんのアレルギーの検査するなどすると安心です。

■ゴマの成分は?
ゴマには脂質、たんぱく質が含まれています。ビタミンB1のチアミンという成分が豊富で、体内の疲労の元となる乳酸を燃やしてエネルギーに換えたり、血行や体の代謝が活発になるはたらきが期待できます。

■離乳食に向いている点
ゴマは風味が豊かなので、調味料が控えめでも料理のアクセントになります。ゴマ自体はそのまま食べても消化されずに排泄されるので、消化の機能が大人に近くなる3歳ごろまでは、チューブ状の練りゴマやごま油の揚げ物などを多量にあげるのは控えましょう。

■食材の選び方
数粒程度を使って様子を見るのが大切です。似た名前の食材にエゴマがありますが、ゴマとまったく違う植物なので、むしろアレルギーが少ないと言われていますが、初期・中期までの赤ちゃんには消化が難しいので与える場合はゴマと同時期以降のスタートにしましょう。

【中期・後期】ゴマを使った離乳食レシピ12選!の画像3

2.ゴマのアレルギー症状

【中期・後期】ゴマを使った離乳食レシピ12選!の画像4

厚生労働省の資料によると、ごまもアレルギーの原因のひとつになっています。症状としては体のかゆみ、発熱、湿疹、ひどい場合は呼吸困難、意識障害、血圧低下を起こし、ひどいときには命の危険に至ることもあります。

食物アレルギーはすぐ症状が出ないタイプの食べ物もあるうえ、食べ物以外に原因がある場合や、複数の食べ物が混ざって影響する場合もあります。ゴマのアレルギー症状は比較的出るのが遅いので、注意しながら進めていきましょう。特に、赤ちゃんにアレルギーと考えられる肌荒れや湿疹が出ている場合は、離乳食の食材も医師に相談しながら増やしていくといいでしょう。

アレルギーが出た場合でも、成長とともに軽減することもあります。主治医の指示のもと、適切な管理を進めていきましょう。

家族の中に、現在または以前にアレルギー症状のある人がいたり、子どもがすでに発症している場合は、専門医に相談して予防や治療を行いましょう。勝手な判断でアレルゲン除去を行うことは、子どもの成長・発達を損なう恐れがあるので、必ず医師の指示を受けましょう。成長にしたがって食べられるようになる食品もあるので、専門医のもとで定期的な診察を受けることが重要です。

3.ゴマの下ごしらえ方法

【中期・後期】ゴマを使った離乳食レシピ12選!の画像5

ゴマは酸化しやすいので、なるべく新しいものを使うようにします。アレルギーの心配がないようなら、離乳中期の後半の8か月ごろからごく少量を離乳食に使っていきましょう。小さじ1/3程度をするつぶします。市販品の練りゴマはゴマの含有量がわかりにくいので、この時期はおうちですりつぶしてあげましょう。

9か月ごろからは、小さじ2/3に増やしても。練りゴマも少しずつ使ってみてもいいでしょう。※ゴマは酸化しやすいので新しいものを使うようにします。

【中期】ゴマの下ごしらえ参考レシピ1:ミキサーですりゴマ

ゴマは固い皮があり、離乳食中期の赤ちゃんでは消化がむずかしいので、あらかじめすりゴマにしてペースト状にしましょう。フライパンで軽く炒ってから、ミキサーで好みの状態になるまですります。冷凍保存ができますが、酸化しやすいので早めに使い切ります。

簡単★ミキサーdeすりごま レシピ・作り方

【後期】ゴマの下ごしらえ方法参考レシピ2:すり鉢を使わないすりゴマ

すり鉢やミキサーがなくても、ラップかビニールに胡麻を挟んで上から麺棒を転がせばすりゴマは作れます。

香りが違う!すり鉢なしですり胡麻 レシピ・作り方

【中期】ゴマを使った離乳食レシピ3選

【中期】レシピ1 さつまいものお粥

■材 料(1人分)
・七分粥   80g
・さつまいも 10g
・黒すりごま 少々
■所要時間 10分

さつまいもは皮を除いて使います。舌でつぶせるやわらかさになるまで茹でると食べやすくなります。最後に黒すりごまを散らすと風味がアップします。

【離乳食】さつまいものお粥 レシピ・作り方

【中期】レシピ2 長いもの手づかみお焼き

■材 料(1人分)
・長いも  10cm
・青のり  適量
・ごま   適量
・片栗粉  小さじ1
■所要時間 30分

長いもを柔らかく茹で、片栗粉を混ぜた後、半分に分けてそれぞれゴマと青のりを混ぜます。

長いもの手づかみおやき レシピ・作り方

【中期】レシピ3 鶏ミンチ&白菜の八宝菜風

■材 料(1人分)
・パラパラ鶏ミンチ           大さじ1
・白菜(茹でてみじん切りにしたもの)   大さじ1
・玉ねぎ(茹でてみじん切りにしたもの)  大さじ1
・しいたけ(茹でてみじん切りにしたもの) 小さじ1
※スープ材料
・水            大さじ2
・鶏がらスープの素(顆粒)  少々
・しょうゆ         少々
・片栗粉          小さじ1/2
・ゴマ油          1滴
■所要時間 5分

スープのとろみで食べやすさを調整できます。

【離乳食】鶏ミンチ&白菜の八宝菜風 レシピ・作り方

5.【後期】ゴマを使った離乳食レシピ3選

【後期】レシピ1 にんじんとほうれん草のゴマ和え

■材 料 (1人分)
・にんじん     10g
・ほうれん草(葉先) 5枚
・すりゴマ     適宜
・しょうゆ     3滴
■所要時間 5分

にんじんは5mmの角切り、ほうれん草は大きめのみじん切りに食べやすく切るのがコツです。すりゴマは新鮮なものを使うと風味が増します。

【後期】レシピ1:にんじんとほうれん草のゴマ和え

【後期】レシピ2 にんじんとお芋のゴマおにぎり

■材 料 (1人分)
・にんじん  小さじ1
・さつまいも 小さじ1
・ゴマ    小さじ1/2
・お粥    大さじ4
■所要時間 10分

にんじんとさつまいもは、5mmほどにそろえておくのがコツ。赤ちゃんの様子に応じて固さを調節してあげてくださいね。

【後期】レシピ2:にんじんとお芋のゴマおにぎり

【後期】レシピ3 野菜とささみの蒸し煮・ゴマ風味

■材 料 (1人分)
・鶏ささみ  25g
・小松菜   30g
・にんじん  30g
・かつおだし 100cc
・すりごま  小さじ1/2
■所要時間 10分

華やかな色合いと風味で、食事を楽しむことを覚えてもらえるレシピです。

*離乳食後期*野菜とささ身の蒸し煮~ごま風味~ レシピ・作り方

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

にとうりゅう

こんにちわ!にとうりゅうです。東京都豊島区生まれ、結婚を機に四国へ移住して38歳の時長男を高齢出産しました。続けて運良く40歳で次男も誕生、夫と家族4人で標高2...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【中期・後期】ゴマを使った離乳食レシピ12選!