1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中の便秘について

妊娠中の便秘について

妊娠中の便秘についてのタイトル画像

もともと良いリズムで排便できていても、妊娠したら便秘に悩むようになった、という人は少なくありません。そこで今回は、妊娠中に便秘になりやすい理由、そしてその対策についてご紹介します。

毎日便が出なければ便秘なの?

便秘とは、便がおなかの中に滞っている状態を言います。毎日排便がないと便秘ではないか、と考える人も多いと思いますが、そうではありません。たとえ2、3日に1回しか排便がなくても、その人に不快感や苦痛がなければ便秘ではないのです。「便が硬くてなかなか出てこない」「コロコロした小さな便しか出ない」「少しは便が出るけれど、肛門あたりに残っている感じがする」など不快な症状があるときは、便秘と言えるでしょう。

妊娠中に便秘になりやすい理由

妊娠中、便秘になりやすいのにはいくつか理由があります。たとえば、妊娠すると多く分泌される「黄体ホルモン」の影響で、腸の動きが弱まってしまうこと。また妊娠中はおなかの赤ちゃんへ水分が送られるので、母体は水分不足になりがちです。さらに赤ちゃんの成長に伴い子宮が大きくなり、腸を圧迫することも原因の一つ。ストレスの影響で腸の動きが鈍くなることもあります。このように妊娠中はどうしても便秘になりやすい要因が増えるので、妊婦さんも意識して便秘対策をする必要があるのです。

妊娠中の便秘についての画像1

気を付けたい「痔」の話

便秘気味の妊婦さんが、無理やり硬い便を出そうとすると痔になりやすいので注意が必要です。妊娠中はおなかが大きくなるにつれ、その重みで肛門周辺がうっ血しやすい時期。ただでさえ痔になりやすいのに、排便のたびにいきんでいると、さらに肛門へ圧力をかけてしまいます。実際には多くの人が妊娠中に痔になった経験がある、と言われています。痔にならないよう気を付けるとともに、もし痔になってしまっても、恥ずかしがらず産婦人科の先生に相談してみましょう。

便秘解消は食生活から

妊娠中の便秘対策ではまず食生活を見直しましょう。便秘に効果がありそうなのは、食物繊維を多く含む食材。具体的にはさつまいもなどの野菜、りんごなどの果物のほか、豆類や海藻類などです。胚芽米や全粒粉のパンなどにも食物繊維が豊富に含まれているので、主食を変えてみてもいいでしょう。またヨーグルトや納豆、乳酸菌飲料などで腸内環境を整えることもおすすめです。ただし食物繊維を摂ることばかり意識していると、かえって便秘が悪化するケースも。バランスの取れた食事を基本に、食物繊維や乳酸菌をほどよく取り入れることが良さそうです。

妊娠中の便秘についての画像2

適度な運動やストレス解消も大事

また食事だけでなく、適度な運動や十分な睡眠など、生活習慣を見直すことも便秘対策には有効です。妊娠中の激しい運動はNGなので、散歩やマタニティーヨガ、マタニティースイミングなど、無理せずできる運動をしてみましょう。また、リラックスした状態の方が腸の動きが活発になると言われていますので、ストレスを貯めないことも大切です。好きな音楽を聞く、お香を焚くなど、自分がリラックスできる方法を見つけて、ゆったりした気分でマタニティーライフを過ごしましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の病気・症状

この記事を書いた人

はるママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中の便秘について