1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「ヘアーターニケット」って知っている?赤ちゃんが泣き止まなかった意外な理由とは

「ヘアーターニケット」って知っている?赤ちゃんが泣き止まなかった意外な理由とは

「ヘアーターニケット」って知っている?赤ちゃんが泣き止まなかった意外な理由とはのタイトル画像

「泣くのが仕事」の赤ちゃんですが、おっぱいが欲しいわけでも、オムツを替えて欲しいわけでもない。でも泣き止まない!赤ちゃんの様子がおかしい時は足の指まで確認しろ、とも言われるそうですが、赤ちゃんが泣く原因を調べていたらこんな驚くべき症例が出てきました。赤ちゃんが泣き止まない意外な原因とは…皆さんはこんな症例をご存知でしょうか?

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11021004003

赤ちゃんが泣く理由はさまざま

生まれたばかりの赤ちゃんは泣くのが仕事。
日頃から赤ちゃんと接していると「泣き声で何を求めているかわかる」という方もいらっしゃいますよね。

私は我が子の泣き声だけでは分かりませんでしたが、我が子の日常パターンからお腹が空いているのか、オムツを替えてほしいのか、眠いのか、などを判断していました。

しかし赤ちゃんがどうしても泣き止まない時は、誰もがやはり病気を疑います。

言葉を話せない赤ちゃんにとっては、泣くことでしか意思表示の方法がありません。
そんな時、大人が色々な症例を知識として知っていれば、解決の糸口になるかもしれない。
その1つとして、みなさんはこんな事例があるのをご存知でしょうか。

泣き止まない生後2ヶ月の赤ちゃん。その意外な原因とは?

ある病院に生後2ヶ月の赤ちゃんが受診にやってきました。その理由は「泣き止まない」。

こんな理由で病院に連れてくるのは馬鹿げている、と思う方もいるでしょう。しかし、泣くことでしか気持ちを表現できない赤ちゃんにとって、泣き止まないということは非常事態宣言であるということです。
検査の結果、体温や身体に異常もなく、体調不良も見当たらなかったそうです。そうなると他に考えられるのは、くも膜下出血(揺さぶられっ子症候群)や骨折など。

しかし、この赤ちゃんが泣き止まない原因は「足の指」にあったのです。

「ヘアーターニケット」って知っている?赤ちゃんが泣き止まなかった意外な理由とはの画像2

 第4肢の指先が赤いのが分かりますか。きゅっとしばられているように見えますね。これは、ヘアーターニケットというものです。髪の毛とか糸くずなどが絡まって、阻血になっている状態で、生後4カ月後くらいがピークです。お母さんの産後の脱毛がちょうど4カ月くらいでピークですよね。こういうことが稀ですがある。指先まできちんと診ないと、見逃してしまうので、赤ちゃんを診るときは全身くまなくすみずみまで診ていくことを心がけなくてはいけません。

赤ちゃんが泣き止まない原因は「ヘアーターニケット」だった

この「ヘアーターニケット」という症例。筆者も初めて知りましたが、こんなことがあるのですね!髪の毛や糸くずが赤ちゃんの足の指に絡まるなんて、想像もしませんでした。

産後の母親は髪が抜けやすいので、その髪が知らず知らずのうちに赤ちゃんの足に絡んでしまうようです。また足の指だけでなく、手指やオムツの中にも入り込んでしまうことがあるというので驚きました。

赤ちゃんは何も言葉が話せないので、普段大人が「さまざまな角度から赤ちゃんを見守ってあげる」必要があることを再認識しました。

産後の抜け毛はどこにいく?ヘアーターニケット

泣き止まなくても落ち着いて。知識として知っておこう

赤ちゃんは泣くのが仕事といいますが、何をしても泣き止まないとお母さんも不安が募りますよね。
その気持ちの根底には、我が子が大切でかけがえのない存在だからこそ、泣いている原因を取り除いてあげたい…そんな思いがあるのだと思います。

赤ちゃんが泣く原因はさまざまです。
空腹である、オムツが濡れている、どこかが痛い、しんどい、寂しい、不安…など、泣いている原因で考えられる事例をたくさん知っている方が、お母さんも周りの大人も落ち着いて対応しやすいですよね。

今回紹介した「ヘアーターニケット」は、そんな数ある症例の1つに過ぎませんが、赤ちゃんが生まれた後の日常生活で起こりうることなので、知識としぜひ知っておきたいものです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 怪我・事故 ケガ

この記事を書いた人

tomoco

国際ホリスティックセラピーIHTA認定チャイルドボディセラピスト。
ベビーマッサージ普及活動をしています。
一児の母として家事と育児に奮闘中。
ママと子...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「ヘアーターニケット」って知っている?赤ちゃんが泣き止まなかった意外な理由とは