1. >
  2. >
  3. >
  4. 現場のパパママは笑えない?!「もうやめて〜!」子どもたちのイタズラが破天荒すぎる

現場のパパママは笑えない?!「もうやめて〜!」子どもたちのイタズラが破天荒すぎる

現場のパパママは笑えない?!「もうやめて〜!」子どもたちのイタズラが破天荒すぎるのタイトル画像

大人の想像を超えるいたずらをする子どもが世界中に沢山います。そんな子どもたちのビックリ仰天な行動をインスタグラム「#子どものいたずら」から紹介します。親は誰でも経験したことのあるようないたずらから、絶叫してしまうあんなものまで…一挙にご紹介します!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030014054
目次 あなたの家でもあるある?インスタグラムの「#子どものいたずら」
子どものいたずらを「笑い」に変えよう!

あなたの家でもあるある?インスタグラムの「#子どものいたずら」

子どもは大人が想像できないような、とんでもないいたずらをしてしまうもの。
今回はそんな子どもたちのとっておきのいたずらをインスタグラムのハッシュタグ「#子どものいたずら」から選んで、ご紹介します!

あなたの家でもよくあるいたずらですか?

①「パスタ地獄」

パパママならきっと一度は経験したことがあるのではないでしょうか?
片付けるのにかなり手間がかかり、これを見つけた時には絶叫ものです。
夏になるとこれがそうめんに変わることもしばしば・・・。

②「おねしょ」ではなかった。

おねしょ?!

いえいえ、これは具合が悪くてベットで寝ていた子どものいたずらです。
熱があり氷枕を使用していましたが、留め金具を外してしまったのだそうです。

おねしょじゃなかっただけ、まだまし?!

③ライブラリに見覚えのない写真が。

パパママの携帯の写真がいつの間にか増えているそんな経験はありませんか?
変な写真が何十枚も連写で撮られていることが多いですが、中には芸術的な一枚もあったりして、子どもの視点はおもしろいものです。

④「特等席」

「よっこらしょ。」子どもが座った場所はなんと…食器入れ?!

子どもは段ボールやおもちゃ箱などの狭い空間好きでよく入りますが、その真似事でしょうか。
まさかこんなところに入るなんて・・・大人からしたら予測できない行動ですよね。

⑤色鉛筆でよかったですね。笑

これも見た瞬間絶叫しそうになりますね。
色鉛筆で落書きしたようなので、綺麗に消すことはできたみたいですが、これが油性マジックだったら・・・と考えるだけで青ざめてしまいそうです。
テレビがキャンバスに見えたのでしょうか?

⑥あれっ?美容院行っていないよね?!

ママが気が付いた時には、すでに遅し・・・。
前髪がバッサリ切られてしまっていたそうです。(危なかった〜><)

子どもは大人のマネが大好きですから、美容師さんのマネをしてみたのでしょうか?
早く髪の毛が伸びますように。そして、ハサミは手の届かないところへ…。

⑦一番嫌なやつ。笑

エアコンの通風孔にお賽銭?!
こういうの地味になかなか取れないんです(泣)

⑧目利きっぽい。

「どれにしようかな…」と選んでいるように見えますね。
お風呂に入っている気分で、そのまま体を洗わなければいいんですけど。この後どうなるのか気になるところですね!

⑨そこに障子があったから!

これは・・・障子があるご家庭では絶対と言っていいほど経験があるのではないでしょうか。
気付いたときには「やられたぁ」と肩をがっくり落とすこと間違いなしのいたずらです。

⑩そこに、穴があったから!!!

クロックスにあいている穴があっという間に、どんぐりのおうちに変身?!
くすっと笑ってしますかわいいいたずらです。

子どものいたずらを「笑い」に変えよう!

いかがでしたか?

子どもは本当に何をするか分からない宇宙人のような存在です。
大人が青ざめてしまうようなことをしてしまうこともしばしば・・・。
「やられたこっちの気持ちにもなれー!」と言いたくなるのも山々ですが、こういういたずらって子どもたちには悪気がないことも多いんですよね。

そんな時は、今回ご紹介した写真を撮ったパパママのように、怒りを笑いに変えてみませんか?
何か子どもがいたずらした時には、「しめしめ!」と思いながら写真を撮り、ぜひ「#子どものいたずら」のハッシュタグとともにインスタグラムに投稿してみましょう!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育ての悩み 子育て・育児 声掛け

この記事を書いた人

たいママ

2歳の男の子のママです。 最近自我が目覚めてやーや(嫌々)とするようになりました。
一人目なので、甘やかした部分と厳しくしている部分と様々ですが
主人が忙し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 現場のパパママは笑えない?!「もうやめて〜!」子どもたちのイタズラが破天荒すぎる