1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 園選び・園見学のポイント~幼稚園編~

園選び・園見学のポイント~幼稚園編~

園選び・園見学のポイント~幼稚園編~のタイトル画像

どこの幼稚園に子どもを通わせるか決めるには、園に関する様々な情報を集めたり、実際に園に足を運んで見学したりすることが大切です。そこで、園選びの際のポイントをまとめてみました。

園選びの前に考えておきたいこと

幼稚園では2年保育と3年保育のどちらかを選べる場合がほとんどです。どちらにするかを決め、その希望に対応しているかを調べておく必要があります。また、保育料や預かり保育、登園時の交通手段などについても考えておくとよいでしょう。特に必要な費用については、どのくらいまでなら無理なく算出できるのか明確にしておきましょう。子育てにおいて大事にしたいことや教育方針、子どもの興味関心などもはっきりさせておきましょう。これらの視点に合った園で、通園が可能なところはどこかを探すと良いと思います。

園を見学するときに気を付けたい3つのこと

候補となっている幼稚園に足を運び、園を見学するのは、園を決定する上でとても大切なことです。園によって、いつでも見学可能な場合と、曜日や時間が決まっている場合があるため、しっかり確認しておくとよいでしょう。もし子どもと一緒に行くのであれば、自分と子どもの両方の上履きをもっていきましょう。大人はスリッパでもよいですが、子どもは靴底をきれいに拭いたものでもよいので、スリッパ以外のものにします。園児や保育中の先生に話しかけると保育の邪魔になってしまうため、遠慮しましょう。

園選び・園見学のポイント~幼稚園編~の画像1

園を見学するときに着目するとよいこと

様々な視点をもって見学することで、候補の幼稚園をより具体的に比較することができます。例えば、家庭の教育方針と園の経営方針、教育内容とその方法がマッチするかというのは大切なことです。また、子どもに対し先生がどのように関わっているのかという所も着目ポイントです。褒めたり認めたりなど子どもに対する先生の肯定的な声掛けや表情などに着目してみましょう。子どもにとって快適に過ごせる環境であるかが見えてくると思います。幼稚園内の遊具や施設なども気にしておくとよいかもしれません。

確認や質問をする時のポイント

実際に幼稚園の様子を見ると、質問や確認をしたいことが出てくると思います。まずはしっかり要覧を読み、要覧に書いてあることは質問をしないようにしましょう。複数で見学をし、質問者が多い場合には、他の人の質問もしっかり聞いておき、質問が重複しないようにすることも必要です。個人での見学で、担当者と1対1で接する場合、特に保育時間中であれば、相手がどのくらい時間を割けるのかを確認した上で質問をしましょう。もちろん個人での質問のため、自分の家庭や子どもなど具体的なシチュエーションに関連した質問でも問題ありません。

園を決定するときのポイント

どの幼稚園にするか決定するときには、子どもの性格や家庭の教育方針に合った園を選ぶことは大切ですが、完璧に合う園はなかなか存在しません。こちら側が譲って園に合わせていく面も必要です。どの部分を妥協するのかをはっきりさせておくと、入園してから不満を感じることが少なくなります。周りのお友達が行っている、すすめられたなどの理由で決定するのはやめましょう。後から違う園にすればよかったと思ってしまったときに、責任を誰かに押し付けたくなる可能性があるためです。

園選び・園見学のポイント~幼稚園編~の画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

あけみママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 園選び・園見学のポイント~幼稚園編~