1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. もうリバウンドなんてしない!断捨離してスッキリできる7つのコツ

もうリバウンドなんてしない!断捨離してスッキリできる7つのコツ

もうリバウンドなんてしない!断捨離してスッキリできる7つのコツのタイトル画像

子どもが大きくなるにつれてどんどん物が多くなるもの。上手に断捨離できるコツとは…?

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174006259
目次 ①まずは服の断捨離からはじめよう
②古いおもちゃ、遊ばなくなったおもちゃは積極的に処分!
③溜まっていく雑誌や本はリサイクルへ
④そのカセットやCD、本当に聞く?
⑤子どもの作品は厳選して写真に保存しましょう
⑥意外とボリュームが多い、タオル類はどうしてる?
⑦大事な書類はごく一部、捨てていい書類もたくさん

どんどん増えるものは、少し気を抜くとすぐに収納がパンパン!
整理整頓も大事ですが、最も大事なのは、収納するスペースを確保すること。

つまり、いらないものを捨てること=断捨離が大事なのです。

あなたは、上手に「断捨離」できていますか?

①まずは服の断捨離からはじめよう

まず断捨離をはじめたいのは、洋服。

とくに子どもは毎年成長するスピードが速く、どんどんサイズアウトしていくので、
服もそのつど変えていかないと収集つかなくなってしまします。

新しいサイズに合わせて洋服を買い足していくのはいいですが、サイズアウトした服を処分するなどして断捨離していきましょう。
可愛くて捨てるに惜しい服は、状態が良ければ人にあげたり、リサイクルに出したりすることで断捨離できます。

自分が着る服の中でも、何年も着ていない服があったら、
もったいぶらずに処分してすっきりしちゃいましょう。

②古いおもちゃ、遊ばなくなったおもちゃは積極的に処分!

子どものおもちゃも、成長とともに変わっていきます。
中には息の長いおもちゃもあるかもしれませんが、やたら場所を取るのにとっくに遊ばなくなったおもちゃはありませんか?

子どもの大型遊具は捨てるのにも思い切りが必要ですが、子どもんの大型遊具を捨てると、とてもスッキリ。
子どもが大きくなってほとんど遊ぶところを見なくなったら、思い切って、捨てましょう!

外の遊具についても、放置している大型遊具はありませんか?粗大ごみの処分は手続きをしたり、市町村のごみ焼却施設の持ち込みなど、とても面倒ではありますがなくなるととてもスペースが広くなりますよ。

③溜まっていく雑誌や本はリサイクルへ

本棚の収納力は家によってまちまちとは思いますが、
入りきれなくなって横積みにするようになったら、本棚の収納力に合わせて処分するようにしましょう。

汚れていたり、書き込みなどがあったら迷わず資源ごみへ。

きれいな状態であればリサイクルに持ち込みましょう。

④そのカセットやCD、本当に聞く?

もうカセットを聞けるような家電もないのに、独身時代のカセットテープをいまだに持っていたり、録音したMDやCD-ROM。
何年も意味なく持ち続けてはいませんか?

車の中で聞くかもしれないからと言って取っておきながら、
実際は何年も全く聞いてないのなら、思い切って処分しましょう。

また、独身時代に購入したCDアルバムなども、何年も聴いてなかったらリサイクルに出してしまいましょう。
一応、お気に入りはパソコンに録音だけしておけば、スマホなどで聴くこともできます。

⑤子どもの作品は厳選して写真に保存しましょう

子どもの思い出だから、なかなか捨てづらいのが子どもの作品類。
上手に飾ることができればいいのですが、やはり数が多すぎるものです。

子どもの作品を取っておけるスペースをきちんと決めておいて、スペース内におさまる中で取っておくものを決めましょう。
絵はこのスペースに飾って、新しい子どもの絵をもらったら、
そのスペースの一部の絵を処分する、という具合にどんどん更新していきます。立体物も同様です。

作品は全て写真におさめ、思い出だけはきちんと残しましょう。

⑥意外とボリュームが多い、タオル類はどうしてる?

タオルは、かなりボリュームがあるものです。
バスタオル、ハンドタオルなど、家の中のタオルを集めてみれば、意外とあふれているのが分かると思います。

タオルは意外ともらう機会が多いので、どんどん増えていきがちなのですが、もらう分だけ処分していくようにしましょう。
必要以上に量があれば、少しでも汚れているものやほつれがあるものは、雑巾へ。
縫うのは面倒なので、ザクザクハサミで切って使い捨て雑巾にします。

また、もらいもののタオルは箱に入れたままにせず、必ず取り出して使いましょう。

⑦大事な書類はごく一部、捨てていい書類もたくさん

一つ前のアパートの賃貸契約書、昔の携帯電話の説明書、とっくに買い換えて今はない家電の取扱説明書など。

重要だと思ってついつい取っておくと何がなんだかわからないほどにボリュームが多くなり、
いざ必要な時に探せなくなる可能性があります。

幼稚園や学校のお便り関係も、1ヶ月経てば捨てていいものがほとんど。
毎日のようにどんどん書類は増えるので、コツコツと整理してすっきりしましょう。



家中がものであふれていると、やはりストレスがたまるものです。
ちらかった家の中にいると、やるべき家事が多く溜まっているように見えてきて、自己嫌悪に陥ったり…。

一人で断捨離を頑張ると大変と思ったら、家族みんなで頑張ってみる日を作ってみましょう。

例えば思い切って断捨離したあとは、ごちそうを食べてスッキリ!などすると
イベントみたいで楽しくなりますね。

スッキリすると心も軽くなって健康になりますよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

tsutsuji

小学生、幼稚園の女の子2人のママです。
英語学習が趣味です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. もうリバウンドなんてしない!断捨離してスッキリできる7つのコツ