1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの石鹸、大人用はいつから?おすすめのベビーソープ15選まとめ

赤ちゃんの石鹸、大人用はいつから?おすすめのベビーソープ15選まとめ

赤ちゃんの石鹸、大人用はいつから?おすすめのベビーソープ15選まとめのタイトル画像

毎日、赤ちゃんの肌に直接ふれるものだから、ベビーソープはいいものを使ってあげたいですよね。しかし、石鹸といっても液体、固体、泡等タイプだけでもたくさんの種類があります。成分やタイプ別におすすめの商品をまとめてみました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015183858
目次 赤ちゃんに石鹸を使えるのはいつから?
ベビーソープの選び方
固形・液体せっけん、泡タイプのメリット・デメリット
おすすめの泡タイプソープ5選
おすすめの固形せっけん5選
おすすめの液体せっけん5選
まとめ

赤ちゃんに石鹸を使えるのはいつから?

赤ちゃんの肌はぷるぷるとしていて理想の肌のように見えますが、実は赤ちゃんの肌はとてもデリケートでトラブルが起きやすいのです。実際、赤ちゃんの肌は大人の半分の厚さしかなく、水分量や皮脂量もずっと少ないといわれています。そのためちょっとした刺激や気温などの変化をうけやすいのです。

大人用の石鹸は、目に入った時に痛かったり、成分に悪影響があるものがあったりするので、使用を控えましょう。赤ちゃんには、赤ちゃん用の石鹸を使うことをおすすめします。赤ちゃん用であれば、いつからでも使用ができます。

また、新生児は生後2ヶ月くらいまではママのホルモンの影響が残っていて皮脂の分泌が盛んだということがわかっています。特に頭皮やおでこは皮脂が多くべたつきやすいので、退院したら自宅でも、しっかりと泡立てた赤ちゃん用の石鹸であらってあげましょう。

一方、頬やおなかまわりは皮脂が少なく乾燥しやすいので軽く洗ったあとはしっかりと保湿をしてあげてください。

ベビーソープの選び方

赤ちゃんの石鹸、大人用はいつから?おすすめのベビーソープ15選まとめの画像2

ベビーソープは一般的に「水」「保湿成分」「洗浄成分」「防腐剤」などから構成されています。大人の石鹸にくらべると配合成分は肌にやさしいもので構成されていますが、新生児のあかちゃんには”生まれてすぐの赤ちゃんから使えます”などの記載がされているものを選ぶと安心でしょう。

赤ちゃんのお肌は年中乾燥しがちですので、汚れを落としながらもしっかりと潤いを保ってくれる保湿成分が含まれているものがおすすめです。例えば、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど、お肌にもともとある天然保湿因子が配合されているものはお肌への負担が少なく、赤ちゃんにも安心して使えます。

逆に、鉱油物・界面活性剤・パラベンなどは肌に悪いという噂を聞いたことがあると思います。

これは昔の表示指定成分の名残といえます。今は化粧品等には全成分を表示しなければならないというルールがありますが、それまでは表示指定成分という限られた成分のみの記載義務となっていました。その指定成分の中に鉱油物・界面活性剤・パラベンなどの成分が入っていたのです。

昔の技術では純度が低いものが使われていたり、アレルギーを起す可能性があるものとして指定されていましたが、現在では品質も良くなり、少量であれば使っているほうが衛生的にもよいとも言われています。

ベビーソープを選ぶときは、まずシンプルなものを選ぶこと、そして裏面にある成分をインターネット等で確認することをおすすめします。

固形・液体せっけん、泡タイプのメリット・デメリット

赤ちゃんの石鹸、大人用はいつから?おすすめのベビーソープ15選まとめの画像3

ベビーソープは固形タイプ・液体タイプ・泡タイプに分けられます。どれが良くてどれが悪いということはなく、使いやすく赤ちゃんの肌に合うものを選ぶのが一番ですが、選ぶときの参考までにそれぞれの特徴をみてみましょう。

■固形タイプ
保湿成分が含まれているものがおすすめです。保湿成分が含まれているものがおすすめですお湯の中にそのままいれて沐浴剤として使うことも出来るので便利です。また、低価格で販売されているものが多く、長くもつのでコストの面で優れています。デメリットとしては、泡立てる手間が必要だということでしょう。

■液体タイプ
液体タイプはボトルに入ったまま保存できるので管理がしやすく、プッシュするだけで必要な量がでてきますので使いやすいです。ただ、液体のまま赤ちゃんの身体につけてしまうと刺激が強かったり、すすぎ残しがおきてしまうことがあります。

■泡タイプ
最近は、この泡タイプのベビーソープが人気で種類も豊富です。人気の理由はやはり泡立てる必要がないので、片手で赤ちゃんを支えながら簡単にたくさんの泡で洗ってあげられることでしょう。泡切れもよいのですすぎ残しもきになりません。一点気になるとすれば、値段が高めであることでしょう。

おすすめの泡タイプソープ5選

1.アラウベビー泡全身ソープ

シソ&ローズマリーの天然エキス配合で、素肌にいっそうおだやかです。 ラベンダー&ライムのさわやかな香りで(天然精油配合)バスタイムを楽しめます。植物原料100%の泡が、デリケートな赤ちゃんの肌をおだやかに洗い上げます。

価格 624円(税込み)
成分 水、カリ石ケン素地、グリセリン、シソエキス、ローズマリーエキス、BG、クエン酸、
   ラベンダー油、ライム油
容量 450mL

2.ドクターシーラボ ベビーソープ

3大保湿成分であるコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドを配合し、洗い上がりの肌をしっとりと保ち、バリア機能を高めます。アルゲエキスが外的刺激から肌を守り、サクラエキス、グリチルリチン酸2Kでデリケートな肌をやさしくガードし、健やかな肌へと導きます。

価格 1,620円(税込み)
成分 水、BG、コカミドプロピルベタイン、グリチルリチン酸2K、サクラ葉エキス、水溶性コラーゲン、
   ヒアルロン酸Na、セラミド3、アルゲエキス、ポリクオタニウム-39、グリセリン、
   ラウリン酸ポリグリセリル-10、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール
容量 500mL

3.ピジョン 全身泡ソープ ボトル

赤ちゃんの胎脂に近い保湿成分を配合した全身泡ソープで、皮脂を取りすぎず、うるおいを残して洗います。新生児から使えるから、初めてのバスタイムにもおすすめ。

価格 798円(税込み)
成分 水、グリセリン、ラウラミドプロピルベタイン、PEG-20ソルビタンココエート、ココイルメチルタウリンNa、
   ラウロイルメチルアラニンTEA、セラミド2、イソステアリン酸コレステリル、グリチルリチン酸2K、
   PPG-4セテス-20、DPG、ラウロイルアルギニン、ラウリン酸、クエン酸、クエン酸Na、
   フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン、エチドロン酸
容量 500ml

4.キューピー 全身ベビーソープ

スクワラン&シアバター(皮ふ保護成分)配合で、ふんわりキメ細かな泡でやさしく洗えます。目にしみにくく、泡切れすっきりでかおにも身体にも安心して使えます。

価格 614円(税込み)
成分 水、DPG、ラウロイルメチルアラニンナトリウム、ココアンホ酢酸ナトリウム、グリチルリチン酸2カリウム、
   スクワラン、ラウリン酸、クエン酸
容量 400ml

5.シャボン玉石けん ベビーソープ 泡タイプ

低刺激で保湿性に優れたアボカドオイルを原料に使用しているので、デリケートな肌をやさしく洗い上げます。
敏感肌や乾燥肌の方の洗顔やボディソープとしてもおすすめです。

価格 844円(税込み)
成分 水、カリ石ケン素地
容量 400mL

おすすめの固形せっけん5選

1.シャボン玉 ベビーソープ

保湿性に優れたアボカドオイルと上質な天然の植物性油脂を原料にし、肌に優しい不飽和脂肪酸を多く含んでいるため、肌に余分な刺激を与えません。ビタミンやミネラルが豊富で保湿性に優れています。

価格 260 円(税抜き)
成分 全成分:石ケン素地
容量 100g
商品サイズ (幅X奥行X高さ)  105×75×32

2.アトピタ ベビーソープ

皮脂中にも存在している天然成分で作られた「石けん」が主成分なので、トラブルを抱えたお肌でもやさしく安心して洗えます。うるおい補給成分(ラノリン脂肪酸コレステリル:保湿剤)や天然成分[ヨモギエキス]がお肌を保湿します。

価格 693円(税抜)
成分 水、石ケン素地、ラノリン脂肪酸コレステリル、ヨモギエキス、ワレモコウエキス、スクロース、
   グリセリン、エチドロン酸4Na
容量 80g

3.ピジョン ベビーソープ

お肌の成分に近いスクワラン(皮膚保護成分)、お肌に水分を蓄えるセラミドを配合しており、洗い上がりがしっとりうるおいます。皮脂を取りすぎず、うるおいを残しながら赤ちゃんの肌本来の状態に整えてくれます。

価格 452円(税抜)
成分 石けん素地、水、スクロース、グリセリン、ソルビトール、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、
   グリチルリチン酸2K、スクワラン、エチドロン酸4Na
容量 90g

4.キューピー ベビー石けん

天然のうるおい成分が程良く含まれる石けんを作る、昔ながらの「釜だき製法」で製造しています。お肌のうるおいを守る天然スクワランや乳脂、乾燥からお肌を守るクチナシエキスも配合。 きめ細やかな泡立ちで、やさしく洗えます。

価格 316円(税抜)
成分 石ケン素地、スクワラン、乳脂(牛乳)、クチナシエキス、コメヌカ油、香料、水、エタノール、
   EDTA-4Na
容量 90g

5.ミヨシ 無添加ベビー石鹸

沐浴から使える無添加せっけんです。原料は食用油脂で、肌に近く、刺激の少ない組成になっています。油脂をまるごと焚き込む伝統製法で自然なうるおいがあり、保湿剤なしでもしっとり洗えます。

価格 330 円(税抜)
成分 石ケン素地
容量 80g

おすすめの液体せっけん5選

1.neobabyベビーソープ&シャンプー200ml

ベースとなる素材はヒトの皮脂に似ている「馬油」。うるおいと必要な皮脂は残し、肌の働きを邪魔する化学成分を使わないことで赤ちゃんのお肌を健やかに育みます。

価格 1,600円(税抜)
成分 カリ石ケン素地、温泉水、エタノール、グラニュー糖、キダチアロエ葉エキス*、褐藻エキス、グリセリン、塩、クエン酸、
   ラベンダー花/葉/茎エキス*、ローマカミツレ花エキス*、コメヌカエキス、ホホバ種子油*、ルリジサ種子油*、ラベンダー油、
   ハッカ葉油、ローマカミツレ花油、イタリアイトスギ葉/実/茎油、ユズ果皮油、ニオイテンジクアオイ油
容量 200ml

neobabyベビーソープ&シャンプー200ml

2.ピジョンオーガニクス ベビーソープ

生まれたその日から使えるオーガニックスキンケアシリーズで、天然由来成分99.9%の液体ベビーソープです。
保湿力の高いバオバブシードオイルを配合し、オーガニックアロマの香りで赤ちゃんもママも穏やかな気持ちになれそうです。

価格 1,045円(税込み)
成分 水、ラウリルグルコシド、タンカン果実水*、ラウリルベタイン、プロパンジオール、(カプリル/カプラミド)プロピルベタイン、グリコシルトレハロース、ヤシ油アルキルグルコシド,オレイン酸グリセリル、レウコノストック/ダイコン根発酵液、加水分解水添デンプン、グリセリン、塩化Na、安息香酸Na、フィチン酸、カプリル酸グリセリル、エタノール、ココイルグルタミン酸2Na、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ココイルグルタミン酸Na、バオバブ種子油*、カワラヨモギエキス、チョウジエキス、ラベンダー油*、ニオイテンジクアオイ油*、カミツレ油*、酸化Mg、トコフェロール。
容量 130ml

3.Dr.ブロナー マジックソープ ベビーマイルド 236ml

オリーブ油、ヤシ油で作ったベースに今注目の美肌成分ヘンプ油と保湿成分ホホバ油を絶妙にブレンドしています。これらのオイルは100%天然のさらにオーガニック(有機栽培)物を使用する徹底ぶりで、もちろん合成界面活性剤、合成保存料、合成着色料など合成添加物は一切無添加なので、とにかく肌にマイルドです。

価格 ¥ 799
成分 水、ヤシ油、水酸化K、パーム核油、オリーブ果実油、香料(植物由来)(ベビーマイルドには含まれない)、
   アサ種子油、ホホバ種子油、クエン酸、ビタミンE
容量 236ml

4.ネイチャーズゲート ベビーウォッシュ

肌と髪を優しく包み込んで洗い上げる洗浄料です。無防備な赤ちゃんの肌が整ったバランスでいられるように、セージエキスとラベンダーエキスを配合しており、さらに、ネイチャーズゲートが赤ちゃんのために生み出した8種の植物成分のオリジナルブレンドが、すこやかな素肌と髪に導いてくれます。

価格 ¥1,728(税抜)
成分 水、コカミドプロピルヒドロキシスルタイン、ココイルイセチオン酸Na、ココアンホジ酢酸2Na、ラウリルグルコシド、グリセリン、ホホバ種子油、トコフェロール、アーモンド油、アンズ核油、トウキンセンカ花エキス、セージ葉エキス、カミツレ花エキス、ラベンダー花エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ローズマリー葉エキス、プルヌスセロチナ樹皮エキス、タチジャコウソウ葉エキス、オレンジ花エキス、ポリソルベート20、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ウンデシレン酸グリセリル、水酸化Na、フェノキシエタノール、クエン酸、香料
容量 532mL

5.アトピコ スキンケアシャンプー

からだはもちろん髪、顔も洗える低刺激性の全身シャンプーです。きめ細かい泡立ちで汚れをすっきり落としながら精製ツバキ油が頭皮、毛髪や肌のうるおいをまもります。

価格 ¥1,109(税抜)
成分 水、ラウリルグルコシド、コカミドDEA、スルホコハク酸ラウレス2Na、ラウリルベタイン、グリセリン、ツバキ脂肪酸K、PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル、ツバキ油、ベタイン、マルチトール、クエン酸、メチルパラベン、プロピルパラベン、EDTA-2Na
容量 400mL

まとめ

赤ちゃんの肌は大人の半分くらいの薄さでとてもデリケートです。また、一年を通して乾燥しやすく、あせもやアトピーなどの肌荒れや肌トラブルを起しやすいのです。そういったトラブルを予防するには、毎日のスキンケアが欠かせません。

ただ、あまりにも成分にこだわってしまうと、なかなか選ぶことができませんので、赤ちゃんの肌にあったベビーソープを探すことが大切だと思います。赤ちゃんと一緒に毎日のバスタイムを楽しんでくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 沐浴 ベビー用品

この記事を書いた人

あんじー

はじめまして! 小学6年の娘&小学5年の息子がいます。子供達に毎日振り回されながらもお日様のような母(妻)を目指して格闘中。子供や主人がいなければ決して経験する...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの石鹸、大人用はいつから?おすすめのベビーソープ15選まとめ