1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 苦手な物をこっそり美味しく食べてもらうこんなレシピはいかが?

苦手な物をこっそり美味しく食べてもらうこんなレシピはいかが?

苦手な物をこっそり美味しく食べてもらうこんなレシピはいかが?のタイトル画像

お母さんたちを悩ませるのが、子どもたちの好き嫌い。苦手な食べものとはいえ、栄養バランスのためにはしっかり食べてほしいもの。どうしたら食べてくれるのかを考え、工夫を重ねて生まれたのが、このレシピです。我が家で人気なこの一品、教えちゃいます♪

出典:http://instagram.com/p/ybqBLJQXuY/

必殺技は、「見えなくする」こと!

子どもたちは、苦手な食べ物だと見た瞬間に食べようとしなくなってしまうもの。これを回避するためにも、まずは「見えなくすること」が大切です。ですから、できるだけみじん切りにして、混ぜ込むのがオススメ!!こうしてしまえば、あら不思議、子どもたちは苦手なものだと気づかないまま食べてしまうんですよ♪ここでは我が家で人気の、混ぜ込みレシピをご紹介します。

カラフル芋もっち

苦手な物をこっそり美味しく食べてもらうこんなレシピはいかが?の画像1

それが、このカラフル芋もっち!材料と作り方は以下の通りです。



●材料

じゃが芋(中)・・・4個

人参・・・1/3個/ピーマン・・・1個など苦手なお野菜

塩・・ひとつまみ

片栗粉・・・大さじ4



●作り方

1 じゃが芋を皮つきのまま蒸して(レンジにかけてもOK)皮をむき マッシュする



2 人参・ピーマンは細かくみじん切りにする



3 1のじゃが芋に2を混ぜ 塩をふり、片栗粉を加えビニール手袋をしてしっかりモミモミコネコネしたら丸く形作り手でつぶしてペタンコにする



4 油を多めにひいたフライパン(中弱火くらい)でじっくり表面がカリッとするまで両面焼いたら完成(油が足りなくなれば途中でたして・・・)





ワンポイントアドバイス

1 じゃが芋は切って茹でたりしないで、皮つきのまま、まるごと調理するとホックリ美味しくなります。



2 緑と黄色や赤などのお野菜を組み合わせると彩りがキレイで、お弁当などにもオススメになります



3 表面がカリッとするまで、なるべく触らずに、じっくり焼くこと。

どんな野菜をいれてもおいしい万能レシピ

じゃが芋だけでも美味しいのですが、このレシピのいいところは子どもたちの食べにくい野菜を入れても、美味しくたべてもらえるところ。ブロッコリー&コーンや青菜&チーズなども加えたり、アレンジは自由自在です。



我が家では、いろいろな野菜が混ぜ込みやすく、手づかみでも食べられることから離乳食の頃から頻繁に作っていて、今でも人気の一品です。お芋好きなお子さまには特にオススメ!!ぜひ試してみて下さいね。





当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

PONCYAN

お料理は苦手。偏食大魔王。そんな私が、板前さんと結婚して、さぁ大変!!でも、せっかくなのでお料理も楽しんじゃおうと、7歳と5歳の娘と、食を中心とした独自の育児方...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 苦手な物をこっそり美味しく食べてもらうこんなレシピはいかが?