1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【後期・完了期】ごぼうはいつから?離乳食レシピ10選!下ごしらえ方法・注意点まとめ

【後期・完了期】ごぼうはいつから?離乳食レシピ10選!下ごしらえ方法・注意点まとめ

【後期・完了期】ごぼうはいつから?離乳食レシピ10選!下ごしらえ方法・注意点まとめのタイトル画像

離乳食も進み後期、完了期になり大人の食べている物に興味津々になり始め、食べられるものも増えてくる時期です。この時期から食べられる「ごぼう」について、いつから食べられるか、下ごしらえ、レシピ、注意点などまとめてみました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030004111
目次 ごぼうはいつから食べられる?どんな状態のものを選べばいい?
離乳食用ごぼうの下ごしらえ方法
【後期】ごぼうを使った離乳食レシピ5選
【完了期】ごぼうを使った離乳食レシピ5選
作り置きもOK!離乳食用のごぼう、冷凍保存方法
ごぼうをあげるときの注意点
まとめ

ごぼうはいつから食べられる?どんな状態のものを選べばいい?

ごぼうは、食物繊維が野菜の中でもとても多く、皮にもたっぷり食物繊維が含まれています。便秘がちなお子さまにも腸内環境を整えてあげるのに良いです。また、カリウムなどミネラルも豊富なので利尿効果があり血液をきれいにしてくれます。ごぼうは比較的にアレルギーを起こしにくいとされる野菜なので、積極的に離乳食に取り入れて見ましょう。

【ごぼうの選び方】
ごぼうは乾燥しやすいので、泥がついていてあまり太くない均等な太さもので、ひげ根の出ていないごぼうをおすすめします。

【食べられる時期】
・離乳食後期(9~11カ月)    ○
・離乳食完了期(1才~1才6カ月) ○

離乳食用ごぼうの下ごしらえ方法

ごぼうは繊維が多くて硬いため赤ちゃんには食べやすく、柔らかくしてから食べさせてあげましょう。

【下ごしらえ方法】
1. ごぼうを洗ってピーラーで皮をむくか、ホイルを丸めて擦り皮をむきます。

ごぼうは皮に栄養があるのでホイルを丸めて擦る方が、皮を剥きすぎません。気になるようでしたら、ピーラーなどで皮をむいてあげます。

ーゴボウを水にさらしてアク抜きするー
2. 1.を適当な大きさに切り、10分程水にさらしてアク抜きをします。
離乳食用なので酢水ではなく、水にさらします。

ーゴボウをゆでるー
3. 鍋に2.を入れて、水からゆでてゴボウをすりおろす

4. 3.をすりおろします。
ゴボウをすりつぶして、お湯でのばします。
離乳食完了期(1才~1才6カ月)のお子さまには、ペースト状ではなく、小さめに切ってあげましょう。

裏ごしする方法もありますが、繊維が多いため作業はかなり大変なので、すりおろすかみじん切りの方が良いです。

【後期】ごぼうを使った離乳食レシピ5選

■ビタミン野菜たっぷり根菜スープ

【材 料】(5人分)
・ごぼう  1/3本
・人参   1/3本
・赤ピーマン    1/2個
・鶏胸肉(皮なし) 1/4枚
・片栗粉      大さじ1
・出し汁(鰹だし) 200cc
・塩        ひとつまみ
・醤油   数滴

【所要時間30分】
【作り方】
1.ごぼう・人参・赤ピーマンをみじん切りにしたものを出し汁で15分くらい煮込む。
2.煮込んだものに小さく切った鶏胸肉と塩と醤油を加え10分位煮る。
3.ごぼうが軟らかくなったら水溶き片栗粉でトロミをつけて出来上がり。

詳細のレシピはこちら

■ごぼうしらすチャーハン風

【材 料】(2人分)
・ごはん  50g
・ごぼう  3センチ
・にんじん 1センチ
・しらす  大さじ1
・卵    1コ
・水    100ml

【所要時間20分】
【作り方】
1.鍋にみじん切りにした、ごぼう、にんじん、水を加え、10分ほど火にかける。
2.水が蒸発しないように気をつけてください。必要ならば水は適宜足してください。アクが出たら取り除いてください。
3.しらすとごはんは一度お湯にくぐらせ、水気を切った後に1の鍋に加えて、水気が少なくなるまでかき混ぜながら煮詰める。

水気が少なくなったら、溶き卵を加えて、全体をよくかき混ぜる。卵に日が通ったら出来上がり

詳細のレシピはこちら

■ごぼうの焼うどん

【材 料】(1人分)
・ゴボウ  3センチ
・うどん  1/6玉
・卵    1/4個
・麺つゆ  小さじ1/2
・カニカマ 2センチ
・水    大さじ2
・青海苔  少々

【所要時間15分】
【作り方】
1.ゴボウは水にいれてレンジで5分。みじん切りにします。かにかまは5ミリの長さに切り、うどんと溶き卵も用意します
2.水を沸騰させうどんをいれふっくらとさせる
3.ゴボウ、かにかま、卵と麺つゆをいれて炒めます。お好みで青海苔をふってください☆

詳細のレシピはこちら

■ちくわ&ごぼうのとろみ煮

【材 料】(1人分)
・ちくわ(小さく刻んだもの) 1/3本分(約10g)
・ごぼう(ささがきにして茹でたもの) 大さじ1
・絹さや(茹でて刻んだもの) 小さじ1
●水             大さじ2
●赤ちゃん用和風だし(粉末) 小さじ1
●砂糖、醤油    少々
●片栗粉      小さじ1/3ぐらい

【所要時間20分】
【作り方】
1.ごぼうの皮をこそぎ、包丁で表面に筋を入れながらピーラーで短いささがきにします。
水にさらしアク抜きします。
2.お湯を沸かし、水気を切った1を入れて柔らかくなるまで茹でます。
3.ざるにあげて水気を切り、冷まします。
4.耐熱の器に●印を入れて混ぜます。
5.残りの材料を加え、レンジでふつふつするまで加熱します。
6.混ぜて出来上がりです。

詳細のレシピはこちら

■けんちん風おかゆ

【材 料】(1人分)
・おかゆ  大さじ2ぐらい
・ごぼう  笹がき2つぐらい
・にんじん 輪切り1枚ぐらい
・大根  いちょう切り1枚ぐらい
・ささみ  10gぐらい
・だし汁  大さじ2ぐらい
・味噌   少量

【所要時間15分】
【作り方】
1.野菜は柔らかくゆで、刻む。ささみはゆでて裂き、細かく刻む。
2.鍋にだし汁、1とおかゆを入れ、煮る。味噌で味付けする。

詳細のレシピはこちら

【完了期】ごぼうを使った離乳食レシピ5選

■きんぴらごぼう

【材 料】(1人分)
・ごぼう  20g
・にんじん 20g
・しょうゆ 1滴
・砂糖   ひとつまみ
・白ごま  少々

【所要時間20分】
【作り方】
1.ごぼうとにんじんは皮を剥き、細かくきざむ。
2.1をやわらかくなるまで茹でる
3.2にしょうゆ、砂糖を加えてよく和える。
4.3をお皿に盛り、白ごまを散らす。

詳細のレシピはこちら

■五目ごはん

【材 料】(1人分)
・ご飯   大さじ4
・ひじき  ひとつまみ
・人参   大さじ1
・ごぼう  小さじ1
・ごま   ひとつまみ

【所要時間10分】
【作り方】
1.ひじきは水で戻しておく。
2.人参とごぼうをそれぞれよく茹でて、小さく切っておく。
3.ご飯に、人参とごぼうとひじきと、ごまをよく混ぜ合わせれば出来上がり☆

詳細のレシピはこちら

■豚肉と人参とごぼうの炒め物

【材 料】(1人分)
・人参  大さじ1
・ごぼう 小さじ1
・豚肉  小さじ1/2
・めんつゆ  少々
・ごま  ひとつまみ

【所要時間5分】
【作り方】
1.人参とごぼうをよく茹でて、5ミリ角くらいに切る。 
2.豚肉もよく茹でて、小さく切っておく。
3.1と2を合わせて、めんつゆをかけ、ごまをふりかければ出来上がり☆

詳細のレシピはこちら

■春雨スープ

【材 料】(1人分)
・春雨  10g
・人参  5g
・ゴボウ 5g
・ブロッコリー 5g
・水   100ml
・だしの素  小さじ1/5
・醤油  3滴

【所要時間15分】
【作り方】
1.ゴボウ、人参、ブロッコリーは月齢に合わせた大きさに切り柔らかくなるまでしっかり茹でます
2.春雨は熱湯につけて戻します
3.全ての材料を入れて3分煮込みます

詳細のレシピはこちら

■ゴボウたっぷり鶏だんご

【材 料】(2人分)
・ゴボウ  7センチ
・豆腐   大さじ1
・鶏ひき肉 大さじ1.5
・塩コショウ  少々
☆マーガリン 小さじ1
☆醤油    小さじ1
☆みりん   小さじ1
☆水     小さじ2
・青海苔   少々

【所要時間15分】
【作り方】
1.ゴボウは皮をむいてすりおろします
2.鶏ひき肉と豆腐、ゴボウ、塩コショウをしっかりと混ぜます
3.湯を沸かして団子を入れます。団子が浮いてきたら取り出します
4.☆の材料と団子を炒めて青海苔を散らします

詳細のレシピはこちら

作り置きもOK!離乳食用のごぼう、冷凍保存方法

ごぼうを冷凍保存する時は、下ごしらえしたものをそれぞれのお子さまに合った大きさに切るか、ペースト状にしたすりおろしたものを冷凍していきます。

【製氷皿で冷凍する方法】
製氷皿で一回の量分を入れ、凍ってから冷凍用保存パックに移し変えをして冷凍保存します。

【冷凍用保存袋で冷凍する方法】
保存袋に入れて板状に伸ばし冷凍し、パキッと折って必要な分だけ使うことができます。

板チョコの同じように、1回分ずつを箸で筋目をつけると、折りやすくなります。お子さまに合った量をあらかじめ調べておくと、お子様に合った量を使うときに便利です。冷凍したものは一週間以内で使い切れるぐらいの量で、下ごしらえと冷凍をすると良いです。

ごぼうをあげるときの注意点

離乳食後期、完了期に入り食べさせてあげる際は、アクをしっかり抜いて柔らかくして料理に使ってみましょう。注意点として、ごぼうは比較的アレルギーを起こしにくいを言われている野菜ですが、まれにアクが原因となりアレルギーに似た症状が出ることがあります。

繊維もあるので初めて食べさせる際は、よくアクを抜き消化にも負担のかからなように、柔らかくしてから食べさせてあげてください。
新ゴボウが出回る初夏は、アクも少なくて軟らかく離乳食に使いやすいです。

まとめ

離乳食後期からいろいろ食べられる食材も増えてきて、好き嫌いのないようにお子さまにいろいろな種類の食材を食べさせてあげてみてはいかがでしょうか。レシピも参考になさってください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【後期・完了期】ごぼうはいつから?離乳食レシピ10選!下ごしらえ方法・注意点まとめ