1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 赤ちゃんの外食はいつから?持ち物・お店選びのポイントは?マナーは?

赤ちゃんの外食はいつから?持ち物・お店選びのポイントは?マナーは?

赤ちゃんの外食はいつから?持ち物・お店選びのポイントは?マナーは?のタイトル画像

赤ちゃんがいる生活に少しずつ慣れてくると、赤ちゃんを連れて外出することが増えてきます。最初は短時間だったものが、だんだん時間が長くなるものです。そうすると必然的に赤ちゃんを連れて外食する機会も訪れます。赤ちゃんもパパやママも、そして周りの人も気持ちよく過ごせるよう、赤ちゃん連れのときの外食のポイントをおさえておきましょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015079699
目次 赤ちゃんを連れての外食はいつからOK?
赤ちゃんと外食する際の持ち物
お店選びの基本ポイントは?
外食先選びのポイント①個室があるか
外食先選びのポイント②おむつ交換台があるか
外食先選びのポイント③授乳室があるか
赤ちゃんと外食する際のマナーは?
赤ちゃんと一緒に楽しく外食をしましょう!

赤ちゃんを連れての外食はいつからOK?

赤ちゃんを連れて外食をする時期の1つの基準は、「首がすわる」ことです。首がすわっていない赤ちゃんにとって長時間の外出は負担になります。首がしっかりしてくれば、抱っこひもや月齢に合ったベビーカーで出かけられるようになります。
6か月ごろになれば、2時間くらいお散歩などをしても大丈夫と言われています。ただし、季節ごとの暑さ・寒さには注意が必要です。また、赤ちゃんのお昼寝の時間にかぶらないようにするなど、いつもの生活リズムを崩さない時間に外出すると、赤ちゃんも機嫌よく過ごせると思います。

赤ちゃんと外食する際の持ち物

ママも赤ちゃんも安心して外出できるよう、しっかり準備しましょう。

1.おむつ・おしりふき
おむつは多めに持った方が安心です。おしりふきも市販のケースにふたをつけると乾燥が防げてかつ出しやすいです。また、おむつを持ち帰る用のビニール袋も必要です。においが漏れない袋も市販されており、におい漏れが気になるママには便利です。
 
2.ミルク・授乳ケープ・ベビー飲料・離乳食
月齢にあった、「ごはん」を持っていきましょう。ミルクだとお湯をいれた魔法瓶も必要です。また、離乳食を始めた赤ちゃんにはベビーフードやママ手作りのお弁当、スプーンやスタイも必要です。

3.おやつ
好きなおやつがあるとぐずった時に助かります。バナナやいちごなどの果物や赤ちゃんせんべいやボーロなどを持っているママが多いようです。

4.おもちゃ
大人が食事をしている間、おもちゃがあると赤ちゃんも楽しく過ごせます。お気に入りのおもちゃや絵本を2つ以上持っているといいですね。

5.着替え
意外と必要です。夏は汗をかきますし、ミルクや離乳食を吐き戻したり、オムツから漏れてしまったりします。またカーディガンなど羽織るものがあれば冷房対策にもなります。

お店選びの基本ポイントは?

赤ちゃんを連れて外食をする際は、事前にお店の目星をつけ、なおかつ予約をしておくのがベストです。では、どういったお店を選べばいいのでしょうか。

まずは基本的なところで、赤ちゃん連れOKかどうかです。お店によっては、小学生以下はお断りというところもあります。

次に「たばこ」です。お店全体が禁煙というところもあれば分煙しているお店もあります。個人的には前者のオール禁煙をおすすめします。なぜなら、分煙をしていると言っても、空調の位置、空気の流れ、仕切りの甘さから煙が漏れてくるお店もなくもないからです。

3つめは、赤ちゃん用の椅子の有無です。一番の希望は座敷ですが、お店のテイストによって座敷がないところもあります。そんな時は、赤ちゃん用の椅子があることが重要です。または、ベビーカーでの入店がOKかどうかです。

外食先選びのポイント①個室があるか

赤ちゃん連れの外食で、理想的なお店選びの基準を挙げたいと思います。

まずは、個室があるといいですよね。そして理想は、掘りごたつタイプではなく、フラットな座敷タイプです。

個室は、赤ちゃんが自由に動くことができるのでご機嫌になります。広い空間だとおもちゃや絵本を広げることができます。赤ちゃんがご機嫌だと大人はほっとしますし、少し落ち着いて食事をすることができますよね。また、少々ぐずったり、テーブルを汚したりしても気兼ねなく過ごすことができます。そして、掘りごたつタイプだと、足を入れるところに落ちてしまう心配があるのですが、座敷タイプだとその心配がなく安心して過ごせます。

外食先選びのポイント②おむつ交換台があるか

赤ちゃんは数時間に1回ごとにおむつを交換するため、おむつ交換台がお店にあるかどうかは大きなポイントになります。おむつ交換台があるといつでも換えられる安心感から精神的にもゆとりがでてきます。ただし、たいていは女子トイレのみに付いていることが多いので、パパと赤ちゃん2人で出かける場合は、男子トイレにあるかどうかも確認しておきたいポイントです。またお店になくても、ショッピングモールやビルの中のお店だと、モールやビルの中に設置してある場合があるので、そちらも事前にネットなどで確認いておくといいでしょう。

外食先選びのポイント③授乳室があるか

授乳中のママは、お店に授乳室があるかどうか、必ず確認しておきましょう。知り合いで、授乳室がなく仕方がなくトイレで授乳したというのを聞いたことがあります。いたしかたないとは言え、授乳は赤ちゃんもママも気持ちいい空間でしたいものです。
授乳室があるというお店は少ないかと思います。けれど、ショッピングモールやビル、デバートなどは大概あると思います。事前に確認しましょう。
お店を選ぶ際は、ショッピングモールやデパートなど、商業施設の方が設備が整っているため、いざという時のことを考えるといいかもしれませんね。

赤ちゃんと外食する際のマナーは?

出産前は自分が外食した際、周りに赤ちゃん連れの家族がいたらマナーが気になっていたけれど、いざ自分がその立場になってみたら、マナーがあいまいになっていませんか。赤ちゃん連れの外食に対して、色んな考え方をしている人がいることを考えなくてはなりません。パパやママ、赤ちゃん、そして周りの方も気持ちよく過ごせるように、赤ちゃん連れの外食のマナーを確認しておきましょう。

1.おむつ替えと授乳は決められた場所でしましょう。
ベビーカーやソファがあるからと言って、食事する場でのおむつ交換はマナー違反です。少しのおしっこでも臭いは広がるものです。

2.持ち込みの食事は断ってから食べさせましょう。
離乳食やおやつなど持ち込みの食事はお店の方に許可を取ってから食べさせるのがルールです。また出たゴミは持ち帰ります

3.大きな声や動き回るのは止めましょう。
赤ちゃんは大きな声を出したり、店内を動いて騒ぐことがあります。親はそれを見て見ぬふりをせずきちんと注意しましょう。その際親が大きな声を出して叱ったら本末転倒です。事前に赤ちゃんが集中できるおもちゃを持参しましょう。あまり言うことを聞かなかったら一度店外にでることをしてみましょう。

4.時間に気を付けましょう。
混んでいる時間を避け、短時間で終わらせるようにします。赤ちゃんは長時間じっとしていることが苦手ですし、自分たちは静かにしているつもりでも、周りにとってはうるさく思えることもあります。

5.掃除をしましょう。
赤ちゃんはきれいに食べることができません。床やテーブルに食べ物をこぼしてしまうことがあるので、帰る際に確認して、もし食べかすが落ちていたら、きちんときれいにしてから帰りましょう

6.一言あると違います。
こちらがいくら気を付けていても、騒いでしまったり、食器を落としてしまったりするのが赤ちゃんです。その際、周りの方に一言「うるさくしてすみません。」と言うと印象が変わります。また、店員の方へも帰る際など一言あるといいでしょう。

赤ちゃんと一緒に楽しく外食をしましょう!

初めて赤ちゃんを連れて外食をする時は、どきどきするものです。けれど、コツさえ掴み、少しの気遣いをすれば、きっと楽しい時間になります。ママにとっても気分転換になりますし、赤ちゃんにも良い刺激になります。ママもおいしい食事ができ、赤ちゃんも機嫌よく過ごせたら、二人とも成長したということですよね。最初は近所の慣れたお店がいいかもしれません。季節もこれからだんだん暖かくなってくるので、お出かけにはぴったりです。マナーを守って赤ちゃんと楽しく外食しましょう!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

poipoi

初めまして!
30代、1歳の女の子のママをやってます♪
「フツーのママ」の感覚を大切に記事を書いていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 赤ちゃんの外食はいつから?持ち物・お店選びのポイントは?マナーは?