1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【赤ちゃん枕】ドーナツ枕はいつからいつまで?おすすめ3選・選び方・使い方・作り方まとめ

【赤ちゃん枕】ドーナツ枕はいつからいつまで?おすすめ3選・選び方・使い方・作り方まとめ

【赤ちゃん枕】ドーナツ枕はいつからいつまで?おすすめ3選・選び方・使い方・作り方まとめのタイトル画像

赤ちゃんの柔らかい頭を支える枕は、ドーナツの形をしていますよね。このドーナツ枕には、どのような効果があるの?いつ頃まで使える?これらの疑問に答えつつ、ドーナツ枕の選び方のポイント、おすすめのドーナツ枕、自宅で簡単に手作りできる方法なども、ご紹介していきたいと思います。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11021006922
目次 新生児におすすめ!ドーナツ枕の効果は?
ドーナツ枕の使い方、いつからいつまで使うべき?
ドーナツ枕の選び方、3つのポイント!
おすすめ商品紹介①オーガニックでやわらかいドーナツ枕
おすすめ商品紹介②安心して眠れる赤ちゃんの頭に合わせたドーナツ枕
おすすめ商品紹介③ディズニーキャラクターと一緒に寝れるドーナツ枕
自宅で簡単!ドーナツ枕の作り方
まとめ

新生児におすすめ!ドーナツ枕の効果は?

赤ちゃん専用の枕をご存知ですか?枕の中央部に穴やくぼみがある、ドーナツ型の枕です。

このドーナツ枕を使うことにより、
・絶壁になるのを防ぐ
・赤ちゃんの向き癖を予防する(矯正する)
といった効果を実感できます。

生まれてから最初の数ヶ月間、赤ちゃんは一日のほとんどを寝て過ごします。この頃の赤ちゃんの頭はとても柔らかく、形が容易に変わるので、いつも布団に接している面が平らになってしまいがちです。

枕を使わずに普通に仰向けに寝かせていると、だんだんと後頭部の丸みが失われ、いつの間にか頭の形が格好悪くなっていた…ということも珍しくありません。

また、向き癖のある赤ちゃんも大変多いです。右ばかり向いて寝る赤ちゃん。左ばかり向いて寝る赤ちゃん。タオルなどで矯正しようとしても、なかなかうまくいきません。

それで、向き癖がついてしまう前に、そうです、新生児期からドーナツ枕を使って、絶壁や向き癖を予防してみるのはいかがでしょうか?

ドーナツ枕の使い方、いつからいつまで使うべき?

このように、とても便利なドーナツ枕。その正しい使い方について、また、使う時期について、まとめてみました。

■使い方
・ドーナツ枕を使う時は、赤ちゃんの頭を、枕の正しい位置に置きましょう。
注意しないと、かえって頭の形が悪くなる原因になります。赤ちゃんが横を向いた場合、呼吸しづらくなる危険もあるので、注意してください。

・枕はいつも清潔な状態を保ちましょう。
赤ちゃんは汗かきですし、吐き戻しなどで、枕は汚れやすいもの。枕はできれば丸洗いできるものがよいですね。

■使う時期
・新生児期から使えますが、その場合は、新生児期から使えるドーナツ枕を選びましょう。
赤ちゃんが寝返りするようになったり、横向きやうつぶせで寝るようになったりすると、ドーナツ枕は意味をなさなくなります。赤ちゃんが布団の上で動くようになり、枕もあちこちに飛んでいくような状態であれば、使うのはやめてもよいでしょう。

ドーナツ枕は赤ちゃんの成長により異なりますが、一般的に赤ちゃんが寝返りを始める頃まで、つまり新生児期から~3,4ヶ月頃くらいまでに、最も活躍するアイテムではないかと思います。

ドーナツ枕の選び方、3つのポイント!

様々な種類のドーナツ枕がありますので、一体どれを選んだらよいのか、迷ってしまいますよね?ここでは、ドーナツ枕を選ぶときに、重要視したいポイントを3つ、挙げてみたいと思います。

1.赤ちゃんの頭の形やサイズに合ったもの
生まれてすぐの、新生児の時から使うのか、数ヶ月経ってから使うのかで、選ぶ枕が変わってきます。新生児期から、使いたいのであれば、「新生児~」という表示のものを購入しましょう。

2.肌にやさしい素材
赤ちゃんの肌に直接触れるものには、とりわけ気を遣いますよね?ドーナツ枕は、赤ちゃんの頭やお顔に直(じか)に接触しますので、できれば自然素材のものを選んでください。

3.洗濯可能なもの
赤ちゃんの枕は汚れやすいので、本体が丸洗いできるものがベストです。

丸洗いできなくても、カバーが取り外せるなどしてあるものなら安心ですね。洗濯機で洗って脱水したら、使い物にならなくなった…ということにならないように、洗濯機で洗えるのか、手洗いしかできないなのか、きちんと確認をしてください。

それでは、これから、ネットでも購入可能な、おすすめのドーナツ枕を3つご紹介していきたいと思います。

おすすめ商品紹介①オーガニックでやわらかいドーナツ枕

オーガニックガーデン ベビーまくら

■特徴&メリット
・「オーガニックガーデン」は、関西の繊維製品製造企業5社によるファクトリーブランドです。
 オーガニックコットンを共通の素材にして、天然染料で染め上げた、地球環境にダメージの少ない様々な商品が販売されています。
 このベビー枕も、農薬や化学肥料を使用せずに栽培されるオーガニックコットンを使用した、赤ちゃんに優しい枕です。

・表地はパイル生地。枕の中身は発泡スチロール粒子、ポリエステルシートです。

・中央のステッチがくまさんのお顔になっていて、シンプルでかわいいデザインです。

・カラーはナチュラルとブラウンの2色です。

オーガニック製品に関心のあるママに、ぜひおすすめしたい枕です。
デリケートな赤ちゃんの肌には、できるだけ安全・安心な自然素材を選んであげたいものですよね。

特に、ベビー枕は、直接赤ちゃんのお顔が触れるもの。
この枕なら、新生児の赤ちゃんにも、お肌にトラブルのある赤ちゃんにも、安心して使えると思います。
生地も柔らかく気持ちが良いので、赤ちゃんもすやすや眠ってくれることでしょう。

おしゃれなデザインなので、ギフトにも最適だと思います。

■価格
2,376円(税込)

おすすめ商品紹介②安心して眠れる赤ちゃんの頭に合わせたドーナツ枕

ジェルトロン ピロー ベビー

■特徴&メリット
・ジェルトロンは、体圧分散性に優れていると同時にウレタン素材の4~5倍の耐久性を備えています。

・通気性にも優れ、簡単に洗うこともできるため、とても衛生的です。

・温度による硬さの変化もないので、一年を通じて安定した使い心地です。

・100%リサイクルできる、環境にも人にもやさしい素材でできているので、赤ちゃんでも安心して使えます。

こちらの商品は、Amazonのベビー枕売れ筋ランキングで、一位を獲得している人気商品です。
枕のクッション部分に、ジェルトロンが使われ、赤ちゃんの頭部や首を、やさしく支えてくれます。

お値段は少々高めですが、肌触りや感触がとても気持ちよく、赤ちゃんもすやすや眠ってくれそうですね。
睡眠時だけでなく、授乳クッションとしても、またベビーカーに乗せても使えるそうです。

丸ごと水洗いしても、型崩れなどの心配は無用です。
ほこりも出ませんので、ダニやカビの心配もありません。
赤ちゃんには少々値が張っても、良質のものを準備したいというママなら、ぜひこちらの機能的な枕をおすすめしたいと思います。

■価格
3,888円(税込・送料込)

おすすめ商品紹介③ディズニーキャラクターと一緒に寝れるドーナツ枕

ディズニー ベビー枕

【赤ちゃん枕】ドーナツ枕はいつからいつまで?おすすめ3選・選び方・使い方・作り方まとめの画像4

■特徴&メリット
・化学薬品を使わないオーガニックコットンを2重に重ねた、ダブルガーゼ地のやさしい肌触りが特徴のドーナツ枕です。

・中央のくぼみが、赤ちゃんの柔らかい頭をしっかり支え、向き癖を予防します。

・新生児から使えます。

・安心の日本製です。ひとつずつ丁寧に作られています。

・中綿には通気性の良いポリエステル綿が使われています。
 ほどよい厚みが、赤ちゃんの頭をやさしく受け止めてくれます。

・お値段も大変リーズナブル。

・プーさんと、ミッキー・ミニー柄の二種類から選べます。
 手描き風のナチュラルな雰囲気のプリントが、とてもかわいいです。

・手洗い可能です。洗濯後の乾きも早いので、気軽に洗濯できます。洗うごとに柔らかく肌なじみします。

こちらのドーナツ枕も、オーガニックコットンが使われていますので、お肌の敏感な赤ちゃんにぴったりです。
ダブルガーゼ生地は吸湿性と保温性に優れているので、夏は涼しく、冬は温かい特性があります。

赤ちゃんの肌に優しく、ディズニーキャラクターが可愛く、見ても癒される、素敵なドーナツ枕です。
大変お手頃な値段なので、購入しやすいですね。

■価格
900円(税込・送料込)

日本製 ディズニー ベビー枕 新生児用・丸型(楽天市場)

自宅で簡単!ドーナツ枕の作り方

市販の物もよいですが、裁縫が得意なママは、ドーナツ枕を手作りしてみてはいかがでしょうか?お気に入りの生地を使って、いくつか作ってみるのも、また楽しいと思います。

形は少々いびつだとしても、愛情を込めて作ったドーナツ枕は、赤ちゃんへの素敵なプレゼントになるはずです。

以下は、くまさんの顔の形をしたドーナツ枕の作り方のブログ記事を引用しています。ブログの方には、詳しい図なども掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

枕の土台の裏表ぶん、くまの耳の布の裏表ぶんを2組カット。

くまの耳を中表にして重ね、縁取るようにミシンで縫います。
耳を裏返し、中に綿を入れます。

枕の土台を中表にして重ねる。(鼻&口をつけたい方は、表に縫い付けておきます)
綿を入れた耳を、つけたい位置に置いて、まち針で止める。顔を縁取るようにミシンで縫います。
綿を入れるための部分を広めに残しておくのがポイントです。

裏返しにし、ドーナツ枕の内輪部分を縫います。
手縫い部分を残して縫い、完全に縁まで縫わないのがポイントです。

ドーナツの端っこ部分から、綿を入れます。
土台の縁を入れ込んで、手縫いしたら出来上がり。

まとめ

いかがでしたか?

ドーナツ枕を使う時期は短いですが、やはり、ないよりはあったほうが良い、育児雑貨の一つだと思います。低価格のものもありますし、素材や機能にこだわった若干高額のものもあります。

しかし、実際のところ、赤ちゃんの頭の形を、それほど気にする必要はありません。起きている時間が長くなるにつれ、いつの間にか、絶壁や向き癖による頭の変形は直ってくるものです。

ドーナツ枕を使う時は、赤ちゃんの頭を正しい位置に置くこと、そして清潔さを保つことを忘れないようにしましょう。赤ちゃんが枕を嫌がるようなら、そのときは使用をやめてもよいと思います。あまり神経質にならずに、赤ちゃんの成長を見守ってくださいね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ぴぃさん

5歳の娘、3歳の息子、1歳の息子がいます。三人の子供の出産・育児体験を通して、発見したことや感じたことを、分かりやすくお伝えできればと思います(^^♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【赤ちゃん枕】ドーナツ枕はいつからいつまで?おすすめ3選・選び方・使い方・作り方まとめ