1. >
  2. >
  3. >
  4. 産休を取る時期

産休を取る時期

産休を取る時期のタイトル画像

産前産後休暇、通称「産休」は、働く女性が出産するにあたって、労働基準法で定められている休業期間です。法律で保証されている権利のひとつとして、制度の詳しい内容を知っておきましょう。

産前に休業できる期間は?

出産を控えた女性は、産前6週間の休暇をとることが定められています。双子以上の多胎妊娠がわかっている場合には、産前休暇が14週間に延長される決まりです。産前休暇については、本人が請求することが基本であり、休まなくてはならないわけではありません。出産予定日からさかのぼって6週間が産前休暇の期間になります。出産の当日は産後ではなく産前に数えられる他、予定日よりも出産が遅れた時には産前休暇が延長される仕組みです。

産後の休業はいつから数えるの?

出産後の休業については、実際に出産を行った日の翌日から数えはじめます。休むことができる期間は8週間で、基本的には絶対に休まなければならない期間として定められている点が産前休暇とは異なっている部分です。産後休業をとることができるのは、通常の出産をした人だけではなく、4ヶ月以上の流産や早産、死産などのケースでも適用されることを覚えておきましょう。産後休業については特に多胎に対する特別な条件はなく、誰でも同じく8週間と規定されています。

すぐに仕事に復帰してもいいの?

産後の休業期間は任意のものではなく、女性の体を守るという性質で定められている義務的な休業期間です。そのため、どんなに体調の回復が早いとしても、すぐに仕事に復帰することはできません。出産後の女性を就業させてはならないという決まりがあるため、雇用者が責任を持って休ませるというルールになっています。ただし、産後休業として決められているのは8週間ですが、2週間を残して任意で6週間後に働きはじめることは認められています。

産休を取る時期の画像1

休業中は無給?

産前産後の休業期間賃金が発生するかどうかについては、働いている企業ごとに決められているそれぞれの規則により違ってきます。福利厚生の手厚い企業では、こうした休業期間にも一定の給与が支払われることがありますが、義務づけられているわけではありません。産休期間中に無給状態になってしまう場合も、出産手当金の支給を受けることができるケースがあります。具体的な支給額は、「1日につき、標準報酬月額の30分の1に相当する額の3分の2に相当する額」です。

産休を取る時期の画像2

妊娠中の配慮は?

産前の休業は基本的に6週間ですが、それ以前の期間であっても妊娠中の女性に対する配慮は規定されています。仕事の内容によっては妊娠した状態ではこなせないことも考えられますが、女性が希望すれば、会社はより軽い負担の業務に配置換えなどを行わなけれはならないルールです。ただし、負担を軽減できる業務がそもそも社内に存在しない場合には、不可能と見なされるため実現されないこともあります。妊娠中の業務の軽減については、会社側と相談するのが最も現実的な方策です。

関連する記事

この記事に関するキーワード

ママの仕事 産休 妊娠中のお仕事

この記事を書いた人

えみ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 産休を取る時期