1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【妊娠後期】妊婦の頭痛!吐き気やめまいも!?その原因と対処法は?頭痛薬は飲める?

【妊娠後期】妊婦の頭痛!吐き気やめまいも!?その原因と対処法は?頭痛薬は飲める?

【妊娠後期】妊婦の頭痛!吐き気やめまいも!?その原因と対処法は?頭痛薬は飲める?のタイトル画像

妊娠後期になると、お腹も大きくなり、赤ちゃんのこと、自分の体調のこといろいろと気になる時期ですね。頭痛も日常生活では大変つらいものです。単なる頭痛ではればよいですが、重大な病気が隠れている場合もあります。あなたの頭痛はどのタイプ?原因や対処方法をまとめてみました。

目次 妊娠後期の頭痛はどのような症状?その特徴は?
妊娠後期の頭痛の原因
妊娠後期の頭痛、種類別の対処方法
頭痛に伴う吐き気やめまいで夜眠れない時の対処法
妊娠後期、頭痛薬は飲んでいいの?市販薬はNG?
こんな場合は病院に!
まとめ

妊娠後期の頭痛はどのような症状?その特徴は?

多くの人が悩まされる頭痛。その多くは特定の病気があるわけでもないのに繰り返し起こります。妊娠中はつわりや心身の変化によって頭痛を感じることも多いことでしょう。頭痛のなかに隠れている重大な病気もありますので、自分の症状をよく観察することが大切です。いつ、どんなときに頭痛が起きやすいかメモしておくのもよいでしょう。

頭痛の多くは「緊張型頭痛」と「片頭痛」に分けれらます。どちらのタイプかによって対処方法も異なります。「緊張型頭痛」は、もっとも多くみられる頭痛で、強いストレスや長時間のデスクワークによって血行が悪くなり酸素や十分な栄養が届かなくなり、首や頭の筋肉が固くなることによっておこる頭痛です。

主な症状として、後頭部を締め付けられるような痛み、首や肩こりを伴う、軽いめまいがする、パソコン・スマホなど長時間使用した後に痛む、毎日日中も重い痛みが続くなどです。「片頭痛」は、女性に多く強いストレスや女性ホルモンの影響によって、頭蓋骨内の血管が拡張し、炎症をおこすことで頭痛がおこるとされています。

主な症状として、ズキンズキンと頭部の片側だけが波打つように痛む、光や音に敏感になり、チカチカとして光をみる、吐き気、体を動かすと頭にガンガンとひびくなどがあります。中には「緊張型頭痛」と「片頭痛」を交互に繰り返すこともあり、その頭痛がどちらのタイプかを知り、対処することが必要です。

妊娠後期の頭痛の原因

妊娠さんにっておきやすい頭痛の原因は何があるでしょうか?

■鉄分不足による頭痛
妊娠さんのの30%~40%は貧血になると言われているほど、妊娠中は鉄分不足に陥りやすいようです。赤ちゃんを育てるために大量の血液や酸素が胎盤へ優先的に送られるために、ママの分が足りなくなってしまうのです。

また後期になるとお腹も大きくなり、胃が圧迫されることで食事が取れなくなることで鉄分不足になったり、また重くなった体や大きくなる胎児により多くの酸素が必要となるため、脳では酸欠や十分な栄養が足りなくなり、頭痛を引き起こしやすくなります。妊婦健診でも定期的に貧血の検査がありますので、自分がどのような状態かを知ることができます。

■水分不足による頭痛
妊娠が進むと基礎代謝が上がり、汗をかきやすくなります。妊娠前の2~3倍の量の汗をかくとも言われています。知らず知らずの内に体内が水分不足になり、血液がドロドロになることで循環が悪くなり、頭痛がおこると言われています。妊娠後期な体内に水分をため込みやすく、むくみも気になることろですが、水分不足にならなりよう、こまめに水分補給しましょう。

■妊娠高血圧症候群による頭痛
妊娠高血圧症候群は、むくみや高血圧、尿たんぱくが主な症状で、自覚症状は頭痛や倦怠感ですが、つわりとも似ているため、判別が難しく健診時に見つかることが多いです。原因はまだ解明されていませんが、産後治ることが多いので、妊娠の負担がからだに上手く適合されないので引き起こされると考えられています。

重症になると、胎盤に栄養がいかなくなるので、胎児の発達にも影響をおよぼし、早産や未熟児、常位胎盤早期剥離など母子共に危険な状態に陥るので、早期に治療が必要です。

■ホルモンバランスによる頭痛
いよいよ迫る出産に向けて、赤ちゃんが骨盤内を通りやすくするため、弛緩ホルモンが分泌され、骨盤がゆるんできます。尾てい骨付近が痛んだりするのもこのためです。骨盤がゆるむと、全身のバランスがくずれ重いからだを支えようと全身の筋肉が使われ、疲労もします。疲労により血行がわるくなり頭痛がおこります。また女性ホルモンの変化によって頭痛がひきおこされることも考えられています。

■運動不足による頭痛
運動不足になると血液循環が悪くなり、肩や首が凝り頭痛になるということは少なくありません。また後期になるとお腹が圧迫されて苦しくなるので寝不足になることも多いです。寝不足のため頭痛がひどくなることもあります。またお腹や胸が大きくなり、重みも増してきますので肩や背中の筋肉が疲労し凝り固まってしまい、頭痛につながりやすいです。

■不安やストレス
妊娠後期は、出産を間近にひかえて不安になる人も多いでしょう。また思い通りに動けないことへのイライラや体重管理や食事を気にしたり、気を使わなければならないことが多くてストレスを感じてしまうことも多いです。それらのストレスが頭痛をおこしてしまうこともあります。

妊娠後期の頭痛、種類別の対処方法

緊張型の頭痛の場合は、血の巡りをよくしましょう。肩や首、背中の凝りからくる頭痛の場合も、温めることで痛みが緩和されます。ぬるま湯でゆっくりと入浴することでリラックス効果もあります。フェイシャルエステなどもおすすめです。軽く肩を回したり、ストレッチも血行をよくしますので、取り入れましょう。

マタニティスイミングやウォーキングなど、妊娠中でもできる運動を取り入れて、血液の循環のよい体づくりも大切です。逆に片頭痛の場合は、血管が拡張することで起こりますので、頭を冷たいタオルで冷やし、暗い部屋でゆっくりと休みます。温めるとひどくなりますので、長い入浴はさけましょう。カフェインは血管を収縮させるので、片頭痛の時にはおすすめです。

鉄分不足や水分不足の場合は、日常生活での食事を見直し、鉄分の豊富な食品を積極的に取り入れたり、水分補給をこまめにするなど改善が必要です。病院で鉄剤を処方されることもありますが、効果がでるまでに1ヶ月ほどかかるので、貧血気味の人は日頃から食生活を気を付けることが大切です。

入院の準備や出産に向けての不安は、助産師さんなどにどんどん質問して、相談することで軽くなることもあります。あまり考えすぎず、リラックスすることを心がけましょう。ストレスをためないことも頭痛を軽くするための大切なことです。

頭痛に伴う吐き気やめまいで夜眠れない時の対処法

眠れなくなるのはつらいものですよね。もし緊張性頭痛からくるものであれば、ヘッドマッサージやこめかみあたりをマッサージするのもよいでしょう。首を回したり、肩を上げたり下げたりと軽く動かすこともお勧めです。

ホットミルク、生姜湯など体を温める飲み物をとるのもおすすめです。片頭痛であれば、幹部を冷やす、コーヒーなどのカフェインをとるのも有効です。コーヒーは吐き気をおさえてくれます。ただ眠れなくなる場合もあるので、できれば寝る3時間前などにとっておくと寝つきが良くなります。

手の甲の合谷(ごうごく)というツボを刺激するのもおすすめです。痛みの緩和するツボで、人差し指と親指の骨のぶつかるところから、やや人差し指よりにあります。万能のツボと呼ばれ、頭痛や歯痛、肩こりなどに有効とされていますので、是非試してみてください。

妊娠後期、頭痛薬は飲んでいいの?市販薬はNG?

【妊娠後期】妊婦の頭痛!吐き気やめまいも!?その原因と対処法は?頭痛薬は飲める?の画像5

妊娠中ですので、薬を自己判断で飲むのはやめましょう。市販薬の多くは、注意書きに妊婦や授乳中の人は医師の指示に従うようにと記載されています。妊娠中に飲んではいけない鎮痛薬もありますので、自己判断での服用は控えましょう。

面倒でも、病院を受診して医師に相談するのがよいでしょう。妊婦健診などに頭痛のことを相談してもよいと思います。妊娠後期でも飲める「カロナール」が処方されることがあります。薬の影響だけでなく、その頭痛の原因が妊娠高血圧症候群によるものかもしれません。その場合は治療が必要になってきますので、病院で相談するのが一番だといえます。

こんな場合は病院に!

【妊娠後期】妊婦の頭痛!吐き気やめまいも!?その原因と対処法は?頭痛薬は飲める?の画像6

頭痛がひどく続く場合や日常生活に支障がある場合は、やはり医師に相談したほうがよいでしょう。その頭痛がどこからくるのものなのか、原因をつきとめなければなりません。重篤な病気からくるものかもしれません。原因が分かれば、対処方法も見つけられるので、症状は緩和されることでしょう。

頭痛だけでなく他の症状もないかよく観察します。頭痛以外に、喉の痛み、咳、鼻水、高熱などの風邪の症状を伴う場合は、風邪やインフルエンザ感染の可能性も考えられますので、無理をせずに早めに病院を受診しましょう。

また今までに経験したことのないような激しい頭痛や、吐き気、痙攣、手足のしびれや麻痺、高熱を伴う頭痛が表れた場合は、くも膜下出血や脳腫瘍などの命にかかわる病気の可能性がありますので、すぐに病院へ行きます。日頃の自分の頭痛がおきる様子をよく観察し、いつもと違うと感じたときは病院を受診することをおすすめします。

まとめ

【妊娠後期】妊婦の頭痛!吐き気やめまいも!?その原因と対処法は?頭痛薬は飲める?の画像7

妊娠後期になってくるとお腹の赤ちゃんのことも心配で、いつ出産が始まるのか、本当に陣痛がわかるだろうかと不安を抱えながら過ごすことが多いでしょう。私も初めての子どもの出産はそうでした。ちょっとした症状でもこれは大丈夫かと思ったりもしました。

そういうときは助産師さんや、経産婦さんに相談すると気が楽になることもあります。ひとりで抱え込まず、ひとつひとつ不安を解消して、出産に臨んでほしと思います。出産は赤ちゃんが自分の力で出てきます。ママはそれを少し手助けするだけです。それだけ生命の力は強いものです。その力を信じ、出産という素敵な経験を迎えてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

さくさく25

女の子と男の子2児の母です。
いかに楽しく学べるか、子供のやるきをださせるか日々考えています。
自分で考え、答えをだし、行動できることが求められる時代です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【妊娠後期】妊婦の頭痛!吐き気やめまいも!?その原因と対処法は?頭痛薬は飲める?