1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. コーヒーの出し殻は捨てないで!エコに再利用できる活用術

コーヒーの出し殻は捨てないで!エコに再利用できる活用術

コーヒーの出し殻は捨てないで!エコに再利用できる活用術のタイトル画像

コーヒーを淹れたあとの出し殻はどうしていますか?そのまま捨ててしまっている方が多いのではないでしょうか?再利用できたらうれしいですよね。実は、コーヒーの出し殻には、いろいろと役立つ使い方があるんです。早速、今日から、コーヒーを淹れた後は、出し殻をゴミ箱に捨てずに再利用のために保存しましょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28177002618
目次 【活用術1】消臭剤として効果を発揮!
【活用術2】掃除や調理にも活用できる!
【活用術3】美容に活用!
【活用術4】ペットのケアに

コーヒーを淹れたあとの、出し殻気になっている方も多いと思います。出し殻でも、まだ香りは残っているのに、そのままゴミ箱にポイは寂しいですよね。今回は、コーヒーの出し殻活用法をご紹介します。

【活用術1】消臭剤として効果を発揮!

1.キッチンや冷蔵庫などの消臭剤に
コーヒーの出し殻は、実は優れた消臭効果があるのです。軽く水分を切って、平らな皿に広げると、キッチンや冷蔵庫、トイレなどの消臭剤になります。

2.下駄箱の消臭に
よく乾燥させたコーヒーの出し殻をいれた布袋などを下駄箱に吊るすと、靴のニオイも気にならなくなります。コーヒーの出し殻の消臭効果は活性炭よりも優れているそうです。

3. 灰皿の匂い消しに
灰皿に出し殻を湿ったまま入れましょう。煙草の匂いの消臭と共に、出し殻の水分で煙草の火消しにも役立ちます。

【活用術2】掃除や調理にも活用できる!

1. 掃除機のニオイに
乾燥させたコーヒーの出し殻を床に振りまき、掃除機でゴミと一緒に吸い込みます。掃除機の集塵袋に出し殻が入り、嫌なニオイが消されます。

2.畳の掃除に
乾燥させたコーヒーの出し殻を畳に振りまき、ホウキで掃きます。なかなか取れないホコリも出し殻と一緒にきれいに取れます。湿ったままの出し殻だと畳に色がつく可能性もありますので、きちんと乾燥させてから使いましょう。

3. 靴磨きに
コーヒーの出し殻の水気を十分に絞ってから、ガーゼなどな布で包み、靴を拭きます。豆に含まれる油分で革靴がしっとりしてツヤツヤになります。

4. 食器洗いに
出し殻を食器に振りかけて、スポンジで洗います。ガンコな汚れもすっきり落ち、洗剤いらずです。

5. フライパンなどの油汚れに
フライパンに出し殻をふりかけて擦ります。油汚れがスッキリと落ちます。

6. 魚焼きグリルのニオイ消しに
アルミ箔を受け皿に敷き、乾燥させた出し殻を敷きつめ、水を入れます。魚を焼いた後の出し殻は、アルミ箔ごと丸
めて捨てられます。受け皿も汚れず、魚のニオイも気になりません。

7. 手についたニオイ消しに
出し殻でこすり洗いをしまう。ニンニクや灯油などの落ちにくいニオイがしっかり取れます。

【活用術3】美容に活用!

1. パックにも
1/4カップの出し殻と卵白1個分を混ぜたら、フェイスパックの完成!天然スクラブのパックでツルツルお肌に。

2. マッサージやスクラブにも
はちみつかヨーグルト、またはオリーブオイルとコーヒーの出し殻を混ぜたものでマッサージすると、やわらかいお肌になります。
むくみの引き締め効果があるコーヒーのカフェインはセルライト除去やむくみ解消にも効果があり、また適度な油分を含むコーヒー豆には、研磨剤の効果も期待できます。

【活用術4】ペットのケアに

1. シャンプーとして
出し殻を使って洗ってあげましょう。ペットの毛をやわらかくし、またノミを追い払う効果もあります。

2. ウンチ処理に
蓋のあるバケツに乾燥させた出し殻を入れておきます。そこにウンチを入れたら、出し殻を一面にまぶします。そのまま天日干しで1日置くことで、なんと、コーヒーのニオイの肥料ができてしまいます。

コーヒーの出し殻はニオイ取りなどの掃除から美容まで、意外な使い道がいろいろありましたね。
コーヒーを毎日飲む方なら出し殻は必ず出てきます。

出し殻のリサイクルで、地球に優しいエコ生活にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ライフスタイル 時短テクニック 節約術

この記事を書いた人

flexible

コピーライター、パソコンインストラクターを経てフリーライターに。
趣味は写真、特技はフィギュアスケート。
子育ても一段落、ますます仕事に燃えています!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. コーヒーの出し殻は捨てないで!エコに再利用できる活用術