1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 妻がつわり中ってどうすればいいの?悩む旦那さんに読んでほしい私の体験談

妻がつわり中ってどうすればいいの?悩む旦那さんに読んでほしい私の体験談

妻がつわり中ってどうすればいいの?悩む旦那さんに読んでほしい私の体験談のタイトル画像

奥さんが妊娠したら今までとは別人になった?!と戸惑う旦那さんもいるのではないでしょうか。
妊娠は体だけでなく気持ちにも大きな影響を与えます。
旦那さんの支えが必要不可欠なんですが、どうすればいいのかわからないものです。
2回の妊娠で私が実際に感じたこと、ママ友から聞いたことをまとめましたので参考にしていただければと思います。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030013242

大丈夫。戸惑って当然。

奥さんから「妊娠した」と言われても、外見はいつもと同じだしピンとこない旦那さんが多いのではないかと思います。

女性は妊娠すると、ホルモンの影響で心身ともに変化が訪れます。
本人も気付かないうちに起こっていることもあります。
女性もその変化に戸惑うものなので、男性は戸惑って当然なんです。

ただ、お腹の赤ちゃんはふたりの赤ちゃん。
しっかり奥さんをサポートしてあげてほしい。

でも、どうサポートすればいいの?仕事忙しくて家事なんてできないよ?と思う人も多いかも。
そんな大げさに考えなくても大丈夫です。
まずはそうやって考えてあげようとしているあなたはいい旦那さんですから。


「妊娠は病気じゃない」の意味

妊娠したっていっても、妊娠は病気じゃないんでしょ?

そう思ったあなた。

確かに、妊娠は病気ではありません。
病気じゃないのに、体に大きな変化が出るんです。
病気じゃないのに、命がかかってるんです。しかもふたり分。

つまり「病気じゃないけど体を大切にしてくださいね」ということなんです。
病気じゃないのに命がけってすごくないですか?


「病気じゃないんだからしっかりしろよ」
「つわりなんて気の持ちようじゃないの?」
そんな風に思わないでください。

妻がつわり中ってどうすればいいの?悩む旦那さんに読んでほしい私の体験談の画像1

妊娠中は気持ちが不安定

妊娠は体だけでなく気持ちにも大きな変化があります。

些細なことで涙が出たり、いつもは気にならないことが気になってしまったり。
よくわからないけどイライラしちゃったり。
つわりがひどいと、この気持の不安定さに拍車がかかります。

もしかすると「昨日と言ってること違うじゃん」ということもあるかもしれません。
妊娠による一時期のものだと思って、どうにか聞き流してください。

それ言わないでー!!つわりで苦しんでいるときに言われるとさらに辛くなるNGワード

よく聞くNGワードを挙げてみます。

×「つわりっていつ終わるの?」
私が聞きたいです。
つわりで苦しんでいる人は、一度は検索したんじゃないかというキーワード「つわり いつまで」
本人が一番知りたいことですので、言われると辛いです。


×「気の持ちようなんじゃないの?」
確かに何かに集中しているときはつわりが軽減することもあります。
でも辛いことに変わりはありません。
気合でどうにかなるならどうにかしたいのはこっちです。


×「○○さんの奥さんは、~~~」
他人と比べないでください。
多分奥さんだって、なんで私だけって思っているでしょう。
つわりが軽い・短期間などでいつもとさほど変わらなそうな人もいるでしょう。人は人です。


×「何食べたい?」
×「せっかく買ってきたのに食べられないの?」
ごめんなさい。食べられる時もあれば食べられない時もあります。
気持ち悪過ぎて食べたいものがわかりません。食べたいものがある時はこちらからお願いします。


△「ご飯作れないなら外で済ませて帰るよ」
食べ物の匂いがダメな奥さんならありがたいかも。
つわり中だからとまったく食べられないわけじゃないかもしれないので、自分だけ外で食事されても・・って思われることも。
ちなみにふたり目以降は×です。だって、旦那の分を作らなくても子どもの分は作らなくちゃならないですからね。
早く帰ってきて子どもに食べさせてほしいんです。


×「病院行ったら?」
つわりは薬で治りません。せいぜい気休めの漢方が処方されるくらいです。
水も飲めないほどひどい状態なら「一緒に病院行こうか」と言ってほしい。
病院に行くのすら辛いので、一緒に行ってもらえるのなら心強いものです。


つわり中に旦那さんから言われたくなかったと、周囲から聞いたものです。
個人差がありますが参考にしてみてください。

女性はアドバイスは求めていない

男性と女性の違いで、男性は解決策を求めたりアドバイスをしたくなったりしますが
正直なところ女性はそんなことは求めてないんです。
もしかすると逆効果かも。

ただただ聞いてほしい。
そういう女性が多いです。

たまには「こうしてみたら?」とかもいいかもしれませんが、ほぼ傾聴でいいんです。
「そっか。」
「うん。うん。」
など相槌で聞いてあげてください。

掃除洗濯食事作りなど、もし出来るようだったらお願いします。
出来なかったら無理にしなくてもいいです、ただただ、見守っていてください。
どんなに長くてもつわりは産むまでです。

最後に、私がつわり中に旦那から言われて嬉しかった言葉を紹介します。

毎日24時間吐き続け、どうにもこうにも辛くて家事は一切できませんでした。
「何も出来なくてごめんね」
そう言った私に、旦那が言ったのは

『なんにもしてなくないよ。
 お腹の中で赤ちゃん育ててくれてるじゃん』


どんなにひどいつわりでも、この言葉で全てが救われた気がしました。
自分自身でもつわりが辛すぎて、「お腹の赤ちゃんを育ててる」という感覚さえなくなっていました。
産むまで続いたつわりに耐えられたのも、この言葉があったからかもしれません。
この人と結婚してよかった、そう思いました。

どんな言葉が嬉しいか、夫婦それぞれだと思います。
ひどいつわり中で、まわりが見えなくなっている奥さんのサポートは本当に大変だと思います。
今だけなもの、長くても10か月。どうにか頑張ってください!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ふもにゃんの画像
ふもにゃん

2歳になる女の子のママです。
妊娠中に夫の転勤で東京に来ました。
見知らぬ土地で、知り合いもいない中の初めての育児で経験したこと学んだことをお伝えできればと...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 妻がつわり中ってどうすればいいの?悩む旦那さんに読んでほしい私の体験談