1. >
  2. 【初期・中期・後期】のりを使った離乳食レシピ9選!種類別食べれる時期まとめ

【初期・中期・後期】のりを使った離乳食レシピ9選!種類別食べれる時期まとめ

【初期・中期・後期】のりを使った離乳食レシピ9選!種類別食べれる時期まとめのタイトル画像

離乳食初期から赤ちゃんに食べさせてあげることができる、のりを使ったレシピで簡単にできて時短できるものから、少し手の込んだものまでを、またのりはどんな栄養あるのかなど、のりについてご紹介していきます。

いつもの離乳食にバリエーションが増えて役立つことでしょう。

目次 種類別!焼のり・味付けのり・のり加工食品はいつから?
【初期】のりを使った離乳食レシピ3選
【中期】のりを使った離乳食レシピ3選
【後期】のりを使った離乳食レシピ3選
まとめ

種類別!焼のり・味付けのり・のり加工食品はいつから?

【初期・中期・後期】のりを使った離乳食レシピ9選!種類別食べれる時期まとめの画像1

のりは「海の野菜」といわれているのをご存知ですか?ビタミン、ミネラルを始め、食物繊維、鉄分、カルシウムなどたっぷり栄養素を含まれている健康食品です。今話題のEPAも豊富に含まれているので、ガンなどの生活習慣予防に効果的と言われています。

また、ローカロリーなため体重の気になるママに!ダイエットにも強い味方をしてくれます。家事に育児と毎日やることがあってママもたいへんです。そして離乳食が始まると離乳食作りも大変ですよね。そこで、のりを活用すると少し楽に離乳食作りができるので時短になり、味も変わるのでお子さまも喜んでくれることでしょう。

■どののりを食べさせたらいいの?
のりにも焼きのり、味付けのり、のり加工食品などありますが種類がありますよね。それぞれ食べられる時期を見ていきましょう。

【焼のり】
・ゴックン期(生後5〜6ヶ月頃)与えても良い
・モグモグ期(生後7〜8ヶ月頃)与えても良い
・カミカミ期(生後9〜11ヶ月頃)与えても良い
・パクパク期(生後12〜18ヶ月頃)与えても良い
ゴックン期(生後5〜6ヶ月頃)からあげる場合はペースト状にしてから食べさせてOKです。

【味付けのり】
・ゴックン期(生後5〜6ヶ月頃)まだダメ!
・モグモグ期(生後7〜8ヶ月頃)少量ならよい
・カミカミ期(生後9〜11ヶ月頃)与えてもよい
・パクパク期(生後12〜18ヶ月頃)与えてもよい
塩分や糖分、化学調味料など多く含まれているので、モグモグ期から少量だけ食べられますが、赤ちゃんのうちは味付けされていないものの方が安心です。

【のり加工食品 のりのつくだ煮など】
・ゴックン期(生後5〜6ヶ月頃)ダメ!
・モグモグ期(生後7〜8ヶ月頃)ダメ!
・カミカミ期(生後9〜11ヶ月頃)ダメ!
・パクパク期(生後12〜18ヶ月頃)ダメ!
味が濃く、塩分も多く含まれているので離乳食には不向きの食材です。与えるのはやめましょう。

【初期】のりを使った離乳食レシピ3選

■青のり粥

【材 料】
・青海苔 少し
・10倍がゆ 子供が食べる分量・海苔 9分の1

【所要時間】2分
【作り方】
1.10倍粥をお皿にいれます
2.青海苔をふって混ぜて出来あっがり♪
青のりをお粥に混ぜるだけなので時短にもなり簡単に作ることができます。

詳細のレシピはこちら

■シラスと海苔のおかゆ


【材 料】
・10倍がゆ 50g
・焼き海苔 全形の1/8
・茹でシラス 10g

【所要時間】20分
【作り方】
1.茹でシラスを、包丁でみじん切りにする。
2.10倍粥に、5×5mm程度に小さくちぎった海苔を混ぜる。
3.2で作ったものの上に、1でつくったものをかける。

詳細のレシピはこちら

■海苔のフリージング

【材 料】 (3人分)
・海苔(おにぎり用)  1枚

【所要時間】5分
【作り方】
1.おにぎり用の海苔1枚くらいを1㎝大くらいにちぎって茶こしに入れ、お湯に浸かる器にのせる。
2.熱湯を注いで、トロトロになるまで混ぜる。
3.お湯を軽く切ってフリージングトレイに1回分づつ分けて入れ、冷凍する。

簡単に作れて作り置きをしておけば、他のメニューにちょっと足して上げることもできるので便利です。

詳細のレシピはこちら

【中期】のりを使った離乳食レシピ3選

■青のり粥

【材 料】
・7倍粥  15g
・青のり  ひとつまみ

【所要時間】5分
【作り方】
1.7倍粥を器に盛る
2.青のりを上からかける

はじめての青のりにチャレンジです。おかゆの量はお子さまに合わせた量で作ってあげてくださいね。

詳細のレシピはこちら

■青海苔うどん

【材 料】
・茹でうどん 1/4袋
・だし汁    大さじ3~4
・青海苔    小さじ1/2

【所要時間】30分
【作り方】
1.茹でうどんをみじん切りにして、柔らかくなるまで茹でる。
2.ザルにあげ、再び小鍋に入れる。だし汁・青海苔(半量)も入れ、弱火にかけて3分程度煮る。
3.青海苔の残り半量を上に乗せたら(トッピング)完成
4.多めに出来るので冷凍保存すると便利です!

うどんは柔らかくなるまで茹でてお子さまに合った一口大に切ってあげてください。

詳細のレシピはこちら

■海苔のおかゆ きなこがけ

【材 料】
・7倍がゆ  50g
・焼き海苔  全形の1/8枚
・きなこ   1g

【所要時間】15分
【作り方】
1.5mm×5mm程度にちぎった焼き海苔を、7倍がゆに混ぜる。
2.1で作ったものを、食べやすい温度(60~70℃程度)に温める。
3.上に、きなこをかける。

お粥にのりを混ぜると水分が無くなるので、足りないときは水分を足してください。

詳細のレシピはこちら

【後期】のりを使った離乳食レシピ3選

■野菜と青のりのスープ

【材 料】
・じゃがいも  半分
・人参     大さじ1(うす切り)
・大根     大さじ1(うす切り)
・水      100ml
・塩      ひとつまみ(ほんの少し)
・青海苔    小さじ1/2

【所要時間】30分
【作り方】
1.じゃがいもは皮を剥いて5mm角くらいに切り、水につけてアクをぬく。人参は皮を剥いて薄切りにする。大根も皮を剥いて薄切りにする。
2.1で切ったじゃがいも・人参・大根を鍋に入れる。水も加えてすべての野菜が柔らかくなるまで煮る(20分程度)。
3.少量の塩を加えて味付けし、青のりをかけて2~3分程度煮たら完成♪※途中で水分が少なくなったら少しずつ足してください!

野菜は柔らかく煮てから赤ちゃんに食べさせてあげてくださいね。

詳細のレシピはこちら

■しらすとチーズのカルシウムおやき

【材 料】(3人分)
・じゃがいも  1個
・ゆでしらす  10g
・チーズ    2gくらい
・青のり    小さじ1/2

【所要時間】30分
【作り方】
1.じゃがいもは生のまますりおろします。
2.ゆでしらすは塩分が多いので茶こしにいれお湯をかけて塩分を飛ばします。
3.すりおろしたじゃがいもにしらす、刻んだチーズ、青のりを入れ混ぜます。チーズは粉チーズでも可
4.フライパンに弱火で焼いていきます。2分かなからいして焼き目がついたらひっくり返し、裏も同様に焼き完成です。

しらすを入れてるので、カルシウムがたっぷりです。

詳細のレシピはこちら

■納豆チャーハン風ごはん

【材 料】
・軟飯  子供茶碗1杯
・卵   2分の1個
・挽き割り納豆  大さじ1
・ほうれん草   葉先3枚程度
・にんじん    5センチ程度
・海苔      10分の1枚
・醤油      耳かき1杯
・ごま油     2~3滴

【所要時間】20分
【作り方】
1.ほうれん草は下茹でして細かく刻む。にんじんは柔らかく茹でて、粗めのみじん切りにする。
2.軟飯に野菜、納豆、卵、醤油を入れてよく混ぜ、レンジで1分加熱する。ごま油をかけて、よく混ぜる。
3.小さくちぎった海苔をかけて出来上がり

ごま油を使うので風味がアップして、いつもと違った味付けになります。

詳細のレシピはこちら

まとめ

ミネラルが豊富な海藻類ののりは、離乳食初期から食べれて簡単に調理ができるため時短になりますし、いつもの離乳食にのりを少しでも使うことで、味に変化ができて風味がアップします。お粥だけでは飽きてきてしまう赤ちゃんに食べさせてあげたいですね。

お粥の他にも、麺類やおやきにしたり+のりをチョイ足ししていろいろな食べ物にチャレンジして食事は楽しいものだと教えてあげてください。ぜひレシピも参考になさってくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

  1. >
  2. 【初期・中期・後期】のりを使った離乳食レシピ9選!種類別食べれる時期まとめ