1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【妊娠9ヶ月】妊婦の体重増加の目安は?体重管理のコツまとめ!

【妊娠9ヶ月】妊婦の体重増加の目安は?体重管理のコツまとめ!

【妊娠9ヶ月】妊婦の体重増加の目安は?体重管理のコツまとめ!のタイトル画像

妊娠9か月になると、赤ちゃんとの対面ももうすぐ!
わくわくしつつも、体重管理、変化する体、陣痛への不安も一杯の時期でしょう。
この時期の体や、体重管理についてお話します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015196251
目次 妊娠9ヶ月の主な症状・赤ちゃんの様子
妊娠9ヶ月の体重増加、その目安は?
妊娠9ヶ月の体重増加のリスク、管理は必要?
自宅で簡単!体重管理のコツ①食事
自宅で簡単!体重管理のコツ②運動
自宅で簡単!体重管理のコツ③ストレッチ
自宅で簡単!体重管理のコツ④ストレス解消
まとめ

妊娠9ヶ月の主な症状・赤ちゃんの様子

妊娠9ヶ月で臨月まであと少し!もうすぐ赤ちゃんに会える楽しみでわくわくしている妊婦さんもいれば、自分の体の変化にドキドキ、初めての陣痛にハラハラしている妊婦さんもいることでしょう。体重が増えすぎて「体重注意!」と母子手帳に書かれてしまった妊婦さんもいるかもしれません。(実は私も書かれてしまいました)ここでは、9ヶ月の妊婦さんがどのような状態か、おなかの赤ちゃんはどんな感じか、体重管理のコツをまとめます。

■妊娠9ヶ月(32週~35週)の妊婦の状態
①子宮底が鳩尾あたりまできますので、胃が圧迫されて食欲が落ちます
一日3回にこだわらず、少量を小まめに食べることで、気持ち悪さを防ぐことができます。間食に甘いおやつではなく、野菜や、果物をとると、必要な栄養を取ることができます。

②頻尿や尿漏れが起こりやすくなります。
子宮が膀胱を圧迫するため、トイレが近くなります。

③息苦しさが強くなります。
子宮が横隔膜を圧迫して、息苦しさを感じます。今までは大丈夫だった階段も途中で息切れしてしまうかもしれません。苦しくなったら、少し休憩して、体に無理のないようにしましょう。

④腰が痛くなります。
すでに腰が痛くなっている人もいるかと思いますが、ますますお腹が大きくなり、バランスが取れずに腰が痛くなる人が増えます。

⑤こむら返りが起こりやすくなります。

⑥足がむくんだり、足の付け根がだるくなります。

■32週~35週の赤ちゃんの状態
1500g~2500g位に成長します。参考までに、3030gで生まれた娘は33wで2460g(推定)、35wで2560g(推定)でした。

大きく成長したので子宮の中が少し狭くなり、胎動が減ります。

34週になると、たとえ早産となっても赤ちゃんは自力で呼吸できる可能性が高くなります。

妊娠9ヶ月の体重増加、その目安は?

9ヶ月の時期は、食べられないのにどんどん増えていきます。油断すると、1週間で1kg~2kg増加して、体重計の故障を疑いたくなったり、検診で医師に厳重注意をされる妊婦さんもいるでしょう。この時期は赤ちゃんもどんどん成長して大きくなっています。

ママもお腹が大きくなり動きにくくなるために、普段よりも動く機会が減ったり、里帰りをしてリラックスしていると油断して増えた等様々な原因があります。

1週間に0.5kg以内の増加に抑えられるといいですね。

妊娠9ヶ月の体重増加のリスク、管理は必要?

①妊娠中毒症
急激な体重変化に体がついていけず、高血圧、尿たんぱく、むくみが発生することです。妊娠中毒症が悪化すると、出産後も高血圧、尿たんぱくが続くことがあります。

②子宮の圧迫
体重が増えると脂肪も蓄積されるため、子宮も圧迫されます。同時に赤ちゃんも成長するので、お腹の中で赤ちゃんが狭い思いをします。

③体の不調
この時期は通常ではまずないくらい体重が増えていく時期です。体重が急激に増加すると、その増加に体がついて行かず、股間節痛、坐骨神経痛、骨盤のゆがみが発生します。

④出産時のリスクの増加
体重の増加によって産道付近にも脂肪が付き、赤ちゃんが産道を通りにくくなってしまい、出産にかかる時間が長くなる可能性があります。また、緊急帝王切開となる場合もあります。

自宅で簡単!体重管理のコツ①食事

【妊娠9ヶ月】妊婦の体重増加の目安は?体重管理のコツまとめ!の画像4

妊娠後期に必要なカロリー量は2150kcal(個人差があります)といわれています。9ヶ月は胃が圧迫され、なかなかたくさん食べることができない時期です。そのような場合は、食事を小分けにして食べると、気持ち悪さを防ぐことができます。

しかし、手軽に食べられるものを小まめに分けて食べていると、炭水化物ばかりだった!ということもあり得ます。9ヶ月の食事は、栄養価が高くて、少量でも必要な栄養が取れるものを選ぶ必要があります。

■穀類の摂取
例えば、玄米は、特に糖質の代謝を促すビタミンB1、食物繊維も豊富なので、お勧めします。歯ごたえがあるので、よく噛むため、満足感も得られます。また、ごまは、タンパク質・鉄・カルシウム、ビタミンEが豊富に含まれ、貧血予防、便秘予防、高血圧予防になります。このように、特別なものでなくても、栄養価の高いものはたくさんあるので、バランスを考えて食べるようにしましょう。

■味付けに注意
必要カロリー以上に気を付けなければいけないのは「塩分量」です。とにかく、薄味を心がけてください。塩分をとりすぎると、むくみ、妊娠中毒症、高血圧のリスクが上がります。

味の濃い市販品や、洋食を避け、薄味の和食を心がけてください。塩分の排出を助けてくれる「カリウム」の含まれたリンゴをおやつに食べるのも有効です。

自宅で簡単!体重管理のコツ②運動

一番手軽な運動は、「散歩」です。毎日用事を作って2時間くらい歩きました。歩いて、お腹がちょっと張ったら休憩して、治まったらまた歩いてという形だったので、2時間といってもそれほど長い距離ではなく、徒歩20分くらいのショッピングセンターや図書館へ行き、ぶらぶらと歩いて帰るといった感じです。また、外に出かけることができない日は、階段を往復する「踏み台昇降」などがあります。

運動する場合には、下記の点を注意してください。

①医師から安静の指示が出ているときには安静にしてください。
②お腹の痛みや張りがあるとき、気分のすぐれないときにはお休みしてください。
③歩きやすい運動靴を使用してください。
④携帯電話を持ち歩き、何かあった時に対処できるようにしてください。
⑤天候によっては散歩に向いていない(猛暑・凍結)場合もあります。状況によって判断してください。

自宅で簡単!体重管理のコツ③ストレッチ

妊娠9ヶ月になると、お腹も大きくて動きにくくなり、体のあちこちが硬くなります。定期的にストレッチをして、筋肉や関節を柔らかくすることによって、腰の痛み、肩こり、むくみを解消しましょう。ここでは自宅でできるストレッチをご紹介します。

■腹式呼吸(基本)

1.20秒全部の空気を吐き出すように息を吐きます。
2.20秒お腹を膨らませるように息を吸います。
3.これを繰り返します。

■股関節のストレッチ

1.両足を曲げて、足の裏をくっつけるようにして座ります。(胡坐の足の裏をくっつけた状態)
2.息を吐きながら膝を両手で少しずつ押します。
3.痛気持ちいくらいで止めて10秒伸ばします。
4.息を吸いながらゆっくりともどします。

■脇腹のストレッチ

1.足を開いて座ります。
2.息を吐きながら片手をつま先に向かって伸ばし、反対の手を上に大きく円を描くようにまわしながら反対側へ持っていき、わき腹を
伸ばします。
3.痛気持ちいいくらいで止めて10秒伸ばします。
4.息を吸いながらゆっくりともどします。
5.反対側も同じように行います。

自宅で簡単!体重管理のコツ④ストレス解消

妊娠9ヶ月になると、ホルモンバランスが影響したり、睡眠を長くとれなかったり、体が思うように動かないことでストレスがたまることがあります。実は、ストレスをためることで赤ちゃんにも影響があります。とはいえ、旅行やコーヒー等は制限されていますので、ここでは妊婦さんでもできるストレス解消方法をご紹介します。

①運動
ウォーキングや、マタニティヨガ、ストレッチをして気分をすっきりさせます。
無理のない家事を丁寧にやるというのも有効です。赤ちゃんを迎える前に家をすっきりさせませんか?

②読書
出産後はなかなか本を読めません。私は、図書館まで歩いていき、本を借りて読むということをやっていました。

③お友達とおしゃべり

④DVDを見る
出産後はゆっくり映画をみるのが難しいです。映画館もいいのですが、体調によって途中で停止したりできるDVDのほうがお勧めです。コメディで思いっきり笑ったり、ロマンティックな映画でうっとりしたり、ご自分の気分によって色々選んでみてください。

まとめ

妊娠9ヶ月の時期は、妊婦さんの体にもかなり負担がかかり、体調も精神的にもストレスがかかる時期です。人によっては安静を言われてつらい日々を送ってらっしゃるかもしれません。

でも、妊婦の時期もあと少し!赤ちゃんに会えるのももうすぐですね!赤ちゃんを迎える準備をしたり、名前の候補をだしたりといよいよ出産が現実的になってきました。

パパに似てるのかな?ママに似てるのかな?ちゃんとお世話できるかな?陣痛の痛さが想像できなくて怖い!

色々な思いがあるでしょう。でも大丈夫!私は今思うと陣痛の痛さが思い出せません。(個人差があります)生まれた瞬間に、痛かったけど赤ちゃんに会えた喜びでいっぱいになります。

皆様のお産が素晴らしいものになりますように。皆様が母子ともに健康で無事にご出産を迎えられますようにお祈り申し上げます。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

かよ

初めまして!
年長さん・年中さんの年子姉妹の母をしています。
姉はしっかり者のおしゃまさん、妹はマイペースな癒し系とタイプの正反対な姉妹に振り回されながら、...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【妊娠9ヶ月】妊婦の体重増加の目安は?体重管理のコツまとめ!