1. >
  2. >
  3. >
  4. お産の兆候が現れたら

お産の兆候が現れたら

お産の兆候が現れたらのタイトル画像

出産予定日は決まっていても、実際にはその前後でいつ生まれてくるのかわからないのが赤ちゃんです。いろいろなお産の兆候を知っておき、見逃さないようにすることで焦らず出産準備を整えましょう。

出産のサインは誰でも感じる?

いよいよ出産が近づいてきたな、と感じられるサインはいくつもあるものですが、感じ方は人それぞれ。セオリー通りに兆候を掴める妊婦さんもいれば、注意していたけれどあまり違いを感じないまま、突然陣痛がきて出産に至るというケースもあるのです。もうすぐかな・・・?と察知することができないとしても、出産のおおまかな時期はあらかじめわかっているもの。余裕を持って出産のための手回り品などを整えておけば、突然であっても焦ることはありません。

おなかの張りが変化する?

妊娠後期に入ると、おなかの張りを感じることが多くなります。出産時期がいよいよ近づいてくると、頻繁に子宮の収縮が繰り返されるため、不規則なおなかの張りが増加するのです。それまであまり、おなかの張りがなかった人でも感じることが多いため、わかりやすい兆候のひとつだと言えるでしょう。張りが繰り返されるようになると、出産まで4、5日に迫っているという合図です。準備に不足がないかなどを確認して、入院準備を進めて下さいね。

胎動が少なくなったらお産が近い?

お産が近づいてくると、おなかの中の赤ちゃんも生まれるための準備をはじめます。産道を下るために、赤ちゃんの頭が骨盤の内側に入って固定された状態になるため、活発な胎動がなくなり、ほとんど感じられなくなることも。胎動が激減するのも、もうすぐ生まれるよ!という合図のひとつですから、あまり動かなくなったらもうすぐかも!と心構えをしておくとよいでしょう。ただし、直前まで元気に動き回っていたというケースもあり、感じられない人もいるサインです。

お産の兆候が現れたらの画像1

赤ちゃんが下がると起きる症状は?

お産がせまってくると、おなかの中で赤ちゃんの居場所が下に下がってきます。臨月に入ると成長した赤ちゃんの頭などに膀胱が圧迫されることで、おしっこが近くなったり、頻繁に尿意を感じるようになりますが、出産のために赤ちゃんがおりてくることで、さらにトイレに行きたくなる回数が増加することも。また、位置が下がって胃への圧迫が取り除かれるせいで、食欲が増進してきます。ついつい食べ過ぎてしまうことで体重が急に増加したり、妊娠中毒症などの症状につながる可能性もあるので注意しましょう。

お産の兆候が現れたらの画像2

足の付け根の痛みも兆候?

出産に備えた体の変化のひとつとして、恥骨結合部が開いてくるというものがあります。その結果として、両足の付け根が痛くなるという症状が現れるのです。早い段階でこの痛みを感じる方もいれば、直前になってという場合もあり、個人差の大きい兆候ではありますが、痛みを感じるようになったら出産は近いと考えて良いでしょう。気になる場合はマッサージをしたり、自分でできない場合にはパパにお願いしてお手伝いしてもらうことで、楽にすごせるようになります。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 出産の基本情報

この記事を書いた人

えみ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. お産の兆候が現れたら