1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 会陰切開(えいんせっかい)について

会陰切開(えいんせっかい)について

会陰切開(えいんせっかい)についてのタイトル画像

はじめての出産を前にして、不安なことはたくさんあるものですが、特に会陰切開について気にされる方も多いでしょう。会陰切開とは何か、その必要性や痛みなどについて解説します。

会陰切開って何?

会陰とは、膣口から肛門にかけての部位の呼び名です。出産をする時に、赤ちゃんの通り道を大きくしてやると共に、母体の危険性を低くするため、この部分を敢えて切り開くことを「会陰切開」と言います。出産に際して、必要な医療処置のひとつです。デリケートな部分を「切る」ということで、恐怖感を感じる方も多いようですが、案外その時になってみると陣痛や出産の痛みそのものに隠れて、それほどでもなかったという感想も多く聞かれます。

会陰切開はどんなときに必要?

赤ちゃんが生まれてくるときに、会陰部に十分な柔軟性がなく、うまく伸びていない状態のままだと、出産中に大きな裂傷が出来てしまうことがあります。会陰切開した場合と、自然に裂けてしまった場合を比べると、切開したケースのほうが治りが早いと言われています。出産の進みがとても早い場合や、逆子の出産においては、会陰切開が必要となることが多くなるでしょう。経産婦よりも、初産の妊婦さんのほうが会陰切開の処置を受けることが多めです。

会陰切開の種類

状況に応じて、会陰切開には3種類の方法があります。1つ目は「正中切開」と言い、膣口から肛門側に向けて、垂直に切り開きます。2つ目は「正中側切開」で、時計で言うと5時や7時の方向、斜め下に向けて切開を行う方法です。3つ目は「側切開」、正中側切開よりも浅い角度で、横向けに近い角度に切るという手法となります。切開に使われる器具は医療用のハサミで、切る長さなどはケースバイケースですが、それほど大きく切り開くわけではありません。

会陰切開は誰でもするもの?

珍しい処置ではありませんが、必ずしも誰もが会陰切開をうけるわけではありません。なるべく会陰切開をしない主義の医師の場合は、時間をかけて会陰や膣まわりが伸びるのを待つこともあるためです。また、出産の痛みに苦しむ時間を短縮することで母体の体力消耗が防げ、結果的に産後の回復が早くなると考える医師の場合には、会陰切開を行ってスピーディーにお産をすすめることもあるようです。全体の7割程度の経産婦さんが、会陰切開を経験しています。

会陰切開は痛い?痛くない?

会陰切開をした時の痛みの感じ方は人それぞれのようですが、切ることそのものよりも産後の痛みのほうがより強い人が多くなっています。実際に切開する時には、局所麻酔をするのであまり痛みは感じられず、産後の辛さも切開方法や縫合の質などで違いが出てくるようです。切開をせずに裂けてしまった時と比較すると、治りが早い方も多いのが会陰切開です。痛かった人、あまり痛まなかった人の両方がいます。むやみに怖がらず、医師を信頼して任せるようにしましょう。

会陰切開(えいんせっかい)についての画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 分娩方法 会陰切開

この記事を書いた人

えみ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 会陰切開(えいんせっかい)について